皆さん、こんにちは。今日は「資産運用の意義、リスクとリターン」というテーマで述べたいと思います。サラリーマンの皆さんは、いよいよボーナスシーズンの到来ですね? 今年は例のアベノミックスの関係で少しは期待できるのではないでしょうか(笑)?

 又ボーナスの使い道は、もうお決まりでしょうか? 「今回は前年と比べて少し上がったが、家のローンを払って、嫁さんに小遣い渡して、それで終わりだ!」→ 失礼しました(笑)。

資産運用を行う意義

 それはさておき、なぜ資産運用を行うのでしょうか?

 「貯蓄から投資へ」という国の政策もあるでしょうが、究極的には自分の夢をかなえる為です! つまり「将来、ああしたい・こうしたい」という夢は、皆さん誰もが持っていますよね? でもその夢を実現させるには、お金は欠かせません。

 では自分の夢を実現させるのに必要なお金は、どうやって稼げばいいのでしょうか? お金を残すには、「収入を増やすか」、「支出を削るか」、「残ったお金を運用するか」、この3つしか方法はありません!

 収入を増やすと言っても、サラリーマンの場合は、せいぜい残業して残業代を稼ぐぐらいでしょう? ましてやこの御時世、給料は下がる事はあっても、上がるとは考えにくい世の中ですよね(笑)?そうすると、収入を増やす事はままならない、という事になります。

 次に支出を削る事ですが、これもなかなか難しい問題です。日常の生活費以外にも、独身の人でしたら、これから結婚費用を貯めなければいけないでしょうし、妻帯者であれば、住宅ローンや子供の教育費、又車のローンもあるかもしれません。そう考えると、支出を削る事もままならない、という事になります。

 以上から、自分の夢を実現する為のお金は資産運用で稼ぐ、つまりお金に働いてもらうしか方法がない! という事です。

 じゃ、いつ、どんな商品に、いくら投資すればいいの?

 これを考えるのが資産運用であり、「自分ではなく、お金に効率よく働いてもらう!」これが資産運用を行う意義です。

 どうです、理解してもらえたでしょうか(笑)?

資産運用の大原則(リスクとリターン)

 次に、資産運用を始める前にぜひ覚えておいて欲しい「資産運用の大原則(リスクとリターン)」について述べますね。世間一般でいうリスクとは、危険な意味ですよね? ところが資産運用でいう「リスク」とは、予定通りにならない=結果がぶれる事、をいいます。

 つまり、当初予測した価格より高くなったり、低くなったりするブレを「リスク」といいます。そして、このリスクを計数化したものを「標準偏差」といい、%であらわします。ここで止めておきますね。これ以上になってきますと数式が出てきて、又眠くなってきますからね(笑)。

 ではリスクには、どのようなものがあるのでしょうか?

 信用(デフォルト)リスク、価格変動リスク、金利変動リスク、流動性・中途解約リスク、為替リスク、インフレリスク等、このように一言でリスクといっても様々なリスクがあります。

 又、一般的には「リスクとリターンは、トレードオフ(2者択一)の関係にある」とされています。具体的には、ハイリターンを目指すとハイリスクになりますし、ローリスクを目指すとローリターンになるという事です。

 つまり自分が投資しようと考えてる資産のリターンばかりに目を向けるのではなくて、どのようなリスクがあるのか? それを正確に把握した上で投資する事が、資産運用の第一歩です!

 その為、さっき述べた様々なリスクをコントロールする時に、最も効果的な手段が「分散投資」です。分散の方法もいろいろありますが、代表的なものは下記の2つです。

1. 投資対象の分散:値動きの異なる金融商品同士を組み合わせる方法

2. 投資時期の分散:ドルコスト平均法に代表されるように、価格変動リスクに対応する為に金融商品を購入する時期をずらして購入する方法

 そして全体として、最もリスクが小さく又リターンが大きくなるように、異なった金融商品を上手に組合せて運用する事が「ポートフォリオ運用」です。

 又、分散投資と並んでよく言われるもう一つの原則が、「長期投資」です。これは一言でいうと、「利息が利息を生む」つまり複利効果が最大限発揮できるように長期間投資する、という考え方です。

 以上、個人投資家の皆さんの場合は、特に「長期・分散投資」が資産運用を行うの大原則ですからね! 最後に皆さん、これからトラの子ボーナスを運用すべく資産運用を考える時は、まずこのような基本をよく理解し、勉強してから行って下さいね(笑)! 今日は、ここまでです。(執筆者:大川 正吾)