こんにちは!
さて、7月17日に新たな投資家支援サービスのプレスリリースを行いました。

2014年7月より個人投資家向けに、国内公募投資信託に引き続き、ETF(上場投資信託)を一部採用した“ハイブリッドタイプ”の「投信―PMS® ETF+(プラス)」の助言サービスを開始しました。

1. 「投信―PMS® ETF+」

本サービスは、投資家が現在利用されている証券口座をそのまま活用した資産運用法です。現在保有されている銘柄の「診断」をはじめ、「マイ・ポートフォリオ」構築のお手伝いをします。

日本国内で公募されている投資信託と上場しているETF(上場投資信託)を用い、投資家の意向に合わせて、オーダーメイドで「マイ・ポートフォリオ」を提供します。
大手証券会社、ネット証券会社など、取り扱い金融機関を選ばない“画期的なサービス”となっています。

2. 「投信―PMS® ETF+」の考え方

ETFは、個別株式に比べ“リスク分散”することができるとともに、投資信託より機動性があり、信託報酬などのコストが安いと言ったメリットがあります。

「投信-PMS® ETF+」のポートフォリオは、2011年1月から運用のモニタリングを行ってきた投資信託の「モデル・ポートフォリオ」をベースに、投資家のニーズに合わせ、プランの提供を行います。

具体的には、投資家毎の目標リターンおよび許容リスクに応じて、4つの「モデル・ポートフォリオ(安定型、インカム型、バランス型、積極型)」をベースに、オーダーメイドで「マイ・ポートフォリオ」をご用意することで、安心して長期投資を続けることができる環境を、提供することを目的としています。

なお、プレス記事は、「朝日新聞デジタル」や「YOMIURI ONLINE」など多数のメディアで掲載されました。
プレス記事の詳細な内容については、以下をご覧ください↓
http://www.atpress.ne.jp/view/48763

これからも、個人投資家のために、「資産運用」の支援サービス強化に取り組んでいきたいと思います!