健康が一番の節約です いつまでも健康でピンピンコロリを目指そう!»マネーの達人

健康が一番の節約です いつまでも健康でピンピンコロリを目指そう!

 「ピンピンコロリ」という言葉を聞いたことがありますか? この言葉の意味は、「年をとってもピンピン長生きをして、病気に苦しむことなく、病まずにコロリと死のうという意味」のことです。

 ある日突然コロリと逝くというのは難しいかもしれませんが、いつまでも健康で寝たきりにならず家族に迷惑を掛けずに死にたいと考える方は多いでしょう。将来のことを考えても、若いころから健康管理に努めたいものです。

 それに、健康になればいろいろ節約することができます。タバコを吸っている方は、禁煙してみませんか。禁煙をすれば、タバコ代を節約できるだけでなく生命保険料も節約できるかもしれません。

 生命保険の商品の中には、「非喫煙者割引」というものがあります。これは、タバコを吸わない人はタバコを吸う人に比べて病気になるリスクが低いということで、同じ保障内容でもタバコを吸わない人の保険料を割引きするというものです。

 さらに、血圧や身長と体重から計算されるBMIなどが保険会社の指定する条件内であれば「優良体割引」もあります。禁煙すると節約できるのはこれだけでありません! 最も節約できるのは「医療費」でしょう。

 欧米の研究結果ではありますが、タバコを吸う人では、吸ったことがない人に比べて平均寿命が短いにもかかわらず、一生の間にかかる医療費が男性で43%、女性で29%も高いという結果が得られています。

 厚生労働省の調査では、85歳まで生きると65歳から必要な医療費は約1000万円に達すると言います。この金額を少しでも減らすために、タバコだけでなく食生活や運動など日々の生活から見直したいですね。

 老後を楽しむために貯めたお金を病気の治療や介護費用に使うことなく、豊かな老後を過ごしたいものですね。このように書いている私も運動不足なので、自分に言い聞かせるようにこのコラムを書きました。(執筆者:野々山 尚由)

この記事を書いた人

野々山 尚由 野々山 尚由»筆者の記事一覧 (4) http://nanshinhokenrescue.com/

2008年に外資系生命保険会社の代理店になりました。その後、一社専属でお客様のニーズに応えることに限界を感じ大手総合保険代理店に移る。現在は法人・個人向けに“総合ファイナンシャルサービス”を提供。家計の合理化と効率化を最大限に引き出し、人生のトータルコストの削減することで、厳しい大増税時代の中で少しでも多くのキャッシュが残る仕組みの構築を実行援助し、より豊かな生活への貢献を目指しています。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ