メール便が廃止になってもへっちゃら

 2015年3月31日をもって、ヤマト運輸のサービスのひとつである「クロネコメール便」が廃止になるという発表がありました。

 これを見た瞬間「え?」と思ったのは事実。私自身、オークションで商品を発送するときにメール便を使うことがあるからです。小学生の子どもがいる私としては、カードゲームを送るときに、メール便はかなり重宝する発送手段であることは間違いありません。なので、メール便が廃止になると「困るな」とは思うには思うのですが、結局「で?」という感じかなと思います。

 あくまでオークションユーザーの立場での意見ですが、家の中の不要品をメインに出品している私のような人にとっては、そもそもメール便で送れる商品はけっこう限られてしまうのです。82円のメール便の場合にはA4サイズで厚みが1センチまで、164円の場合には厚みは2センチですが、この枠に入る出品物はあまり多くありません

 たとえば、使わなくなったバッグ。生地にもよりますが、ぺちゃんこに畳んだとしても厚みは1センチを超えます。あとは衣類とかアクセサリーなども厚みの関係でメール便では送れないでしょう。他にも家の中をグルっと見てもわかるように、厚みがある物がかなり多く、ということは、最初からメール便はあまり使っていないかなという人がけっこう多いと思うわけです。

 そんなこともあって、メール便の廃止に関してはあまり心配していません。これでオークションの落札相場が下がることもないと思います。上記のように、メール便で送るのが一番お得な商品の数は、あまり多くないからです。

欲しい商品は、送料が高くても落札する

 メール便が廃止になっても、これまでと同じように郵便局の普通郵便や定形外郵便、ゆうパック、宅急便などを使っていけば何にも支障はありません。普通郵便であれば、82円から送れます。ただし、この場合には重さが25グラムというけっこう厳しい制限があります。

 子どものカードゲームくらいなら送れますが、これが数枚になると25グラムを超える可能性があります。その場合には82円で送れないので、「ああ。メール便があったらな」と思うかもしれませんが、だからといって出品はやめないでしょう。

 もちろん、落札する方も「メール便がないから落札しない」ということにはなりません。欲しい物は、82円のメール便がなくてもちゃんと落札しますから。むしろ、送料が多少高くても安全な発送方法を選ぶこともけっこうあります

 ということで、オークションという切り口でメール便廃止を見ると、結局のところあまり影響はないというのが私の考えです。4月1日になっても、3月31日の延長としてなんら変わりなく取引が行われていくと思います。(執筆者:川崎さちえ)