[住宅ローン] スタートダッシュと安定の金利なら「ダブルフラット」


4月からフラット35の商品に新しいシリーズができました。

「ダブルフラット」です。

フラット35にはフラット35、フラット35Sがあります。金利は返済期間中ずっと同じなので(フラットSは一定期間優遇あり)家族のライフプランを考えて資金計画を立てたい人にはよい商品だと思います。

また、昨今低金利と言われ続けている金融機関の住宅ローンと比べても、フラット35の金利水準は低く、検討する住宅ローンの一つに取り入れやすくなっていると思います。

そして今回登場したのが「ダブルフラット」です。

「ダブルフラット」の内容は?

フラット35のような固定金利が2つセットに

返済期間が最長で35年のものがフラット35です。

組み合わせるもう一方のフラットは従来のフラット35以外に返済期間が15年以上20年以下が条件となっている「フラット20」が選択できます。

短期間の返済をセットすれば、一方は早めに返済が終わるようにすることも可能です。短期集中型でフラット20とフラット20という選択もできます。金利は返済期間が短いフラット20の方が、フラット35より低めになっています。

返済スタート時に頑張って返したい人に

マイホームを持つ人でまだ子どもが小さいなど比較的教育費の出費がかさまない時期に返済額を多く設定します。ローンを組み合わせることで他の支出が増える前までに、返済額の調整をした計画ができます。

注意点

組み合わせをするということは、契約時の金銭消費貸借契約、抵当権設定費用、印紙税、融資手数料などが多くかかることになります。

借入額は合計で200万以上8000万以下、片方のローンだけで下限が100万となっています。

どこでも取り扱っているわけではない

4月15日現在で取扱金融機関に大手銀行はなく、地方銀行、信用金庫、モーゲージ系の住宅ローン取次業が行っています。

金利が低いこの環境だからできるぜいたくなサービス、もし今のうちに返してしまいたいという方は検討してみましょう。(執筆者:堀口 雅子)

この記事を書いた人

堀口 雅子 堀口 雅子»筆者の記事一覧 (37) https://onayamiroom.com/

お金の収支を整える家計の修復師
9年間の生命保険会社での営業職を経てFP事務所をスタート。30代から40代の女性とその家族向けのマネー相談は3000件以上の実績。その方の生活収支を基に将来の漠然とした不安に対して、明確な数値をもって安心感を提供。資産運用がはじめられるように①家計収支のメリハリ②生命保険の見直し③住宅ローンの選択④学費準備の方法を通じて家計の体質を整えることで、一気に解消できることはない年金の不安を少しずつ安心に変えてもらえるよう努めている。マネー相談は出張対応も可。人とかかわることが好きなのでFPの仕事が活かせる地域活動として市民後見人も行っている。東京都在住 1児の母 みずがめ座 O型
<保有資格>:AFP / 住宅ローンアドバイザー
【寄稿者にメッセージを送る】

堀口 雅子の著書

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう