節約する方法はたくさんあり、生活の中で何かしか実践している方が少なくないと思います。しかし、節約方法もピンキリ。楽しくできるものもあれば、ストレスを感じてしまうものもあるのが実情です。どうせ節約するなら楽しくできた方が良いですし、長続きするものです。

でも、楽しくできる節約方法ってあるのでしょうか?

先日、デイリサーチで「実践しているお金の節約法がありますか?」という質問がお題となっていました。回答総数は175066件、回答結果は以下の通りです。


≪4/14~15のデイリサーチ結果 http://research-panel.jp/rpdr/view.php?eid=385345≫

節約にもなる株投資

リサーチ結果に関してはひとまず置いといて、一つ注目したいコメントが。


≪節約法があると答えた人のコメント http://research-panel.jp/rpdr/view.php?eid=385345≫

回答者さんは、「よく使う企業の株主優待使っています」と、コメントしています。言い換えると、「よく利用するお店の株を保有し、獲得した株主優待を活用して節約しています」ということですね。

株主優待は毎年1,2回貰えるのですが、優待商品が届くのはかなり楽しいもの。もちろん元本保証のない投資ですから、ある程度の不安定要素があるのは確か。

しかし、株投資をもう少し積極的にとらえて良いと思います。先で紹介した回答者さんが言っているように、「投資として資産が増えればラッキー」くらいに楽観的に考えると、株投資もしやすいかと。

ご存知だと思いますが、株を保有し続けると配当金と優待商品が定期的に貰えます。(配当金と株主優待設定企業のみ)

例えば、近くのスーパーマーケット株を10万円で購入。配当金が年間1000円(配当利回り1.0%)。その他に優待商品として、当社スーパーマーケットで使える優待券3000円分(優待利回り3.0%)が貰えるとしたら、少なくとも3000円分の節約になるというわけです。

それとは反対に、1年間銀行に10万円を定期預金すると、1年後に貰える利息は年利0.4%で400円のみ(税引前)。同じ10万円なら、近所のスーパーマーケット株を買った方がお得感が強く、しかも相当な節約になると思いませんか? 

皮算用に過ぎないと思うかもしれませんが、そのようなスーパーマーケット関連株がたくさんあるんです。売上高における国内総合スーパーと言えば、イオンとセブン&アイ。もちろん両社とも上場企業です。


≪各社決算書データを元に、筆者作成≫

2社のうち、イオンは株主優待を設定しています。

【イオン(8267)】
優待内容:100株保有者に、イオンでショッピング時に3%OFFになるオーナーズカードを進呈(保有株数に応じてキャッシュバック率UP)

現時点で、イオン株は1551円。100株単位での売買ですので、最低購入価格は15万5100円です。配当は年間28円。つまり、100株保有で年間2800円の配当金を受取れます。そして、配当金とは別に株主優待のオーナーズカードが貰えますから、それ相応の節約になります。

その他スーパー株

その他に、お手頃価格で買える、かつ株主優待を設定しているスーパー株は…

【ユニーグループホールディングス(8270)】


≪ユニーグループホールディングス http://www.unygroup-hds.com/≫

最低購入価格:69,400円
配当:20円(100株保有で年間2000円)
優待:100株以上保有で自社商品券1000円分

【ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(3222)】


≪U・S・M・H http://www.usmh.co.jp/≫

最低購入価格:109,500円
配当:14円(100株保有で年間1400円)
優待: 100株以上保有で、自社系列店舗(マルエツ、カスミ、マックスバリュ関東)で利用できる100円割引券30枚(半期毎。年間合計6000円分)

…などなど。ここでは挙げきれないほど、スーパーマーケット関連株はたくさんあります。定期預金代わりにスーパーマーケット株を買って、楽しく節約するのはいかがでしょうか。(執筆者:堀 聖人)

 関連記事:イオン株主優待「オーナーズカード」の返金率を10%オーバーにする方法