先日、読者の方からこんなご意見をいただきました。

以前の記事で、手が出ないと取り上げて頂いたオリエンタルランドですが、 株式分割により手が届くところに来ています。これは買いでしょうか? 分割株に関する投資について教えて頂きたいです。」

貴重なご意見ありがとうございます! オリエンタルランド株は買いか、さっそく調べてみました。

株式分割とは

オリエンタルランドが実施した株式分割ですが、そもそも株式分割とは何でしょうか?

それは、文字通り発行済みの株式を分割することです。分割の割合は各会社とその取締役会が決めますが、例えば、今回オリエンタルランドが実施したのは4分割。

1つの株を4つに分けたので、理論的に言えば株価は1/4の価値に。となれば、以前保有していたオリエンタルランド100株が400株になっても、資産が4倍になるわけではないということです。

株式分割前のオリエンタルランド株は約30,000円でしたから、分割後の1株株価は約7,500円となり、保有株式数が増えただけで資産価値が増えるわけではありません。

オリエンタルランド株は買いか?

株式分割の意味をふまえ、オリエンタルランド株は買いなのか見てみたいと思います。まずは、結論から。

「買い」ではない

これが結論なのですが、その理由をちょっと考えてみましょう。

優待利回りを計算してみる

株式分割の前と後の、オリエンタルランド(4661)の株主優待配布基準は以下の通りです。


≪オリエンタルランド株主優待制度配布基準http://www.olc.co.jp/news/olcgroup/20150224_03.pdf≫

この配布基準からわかるのは、変更前は100株保有で年間2枚の1dayパスポートを貰えました。変更後は、100株以上保有で年間1枚の1dayパスポートを、400株以上保有で年間2枚の1dayパスポートを貰えるということです。

注目したいのは、新規増設された特典、100株保有で年間1枚貰えるというものです。言い換えると、変更前の1/4の価格で1dayパスポートを1枚貰えるわけですから、比較的手が届きやすくなったと言えます。

では、優待利回りを計算してみましょう。現時点での1Dayパスポート価格6,900円(大人1枚)と、1株価格8553円(※単位株数は100株)を基準として計算してみましょう。

・変更前
(6,900円×2枚)÷(8,553円×400株)×100=0.4%

・変更後100株保有
(6,900円÷855,300)×100=0.8%

・変更後400株保有
(6,900円×2枚)÷(8,553円×400株)×100=0.4%

株式分割前の優待利回りは約0.4%。分割後に400株保有しても、理論上、優待利回りは変わりませんが、100株保有で1Dayパスポートを貰うと優待利回りは倍の0.8%に。

ついでに、配当利回りも見てみましょう。15年9月以降の配当額は決まっていませんが、株式分割前の配当が継続されたと仮定して、配当利回りを計算してみると…

・変更後100株保有
(3,500円÷855,300)×100=0.4%
※分割前の配当金は100株で年間14,000円。分割後は100株につき3,500円の配当して計算

…となります。

変更後の配当利回りが0.4%ならば、100株保有した場合の総利回り(株主優待+配当)は1.2%。400株保有の総利回りは0.8%です。400株保有よりも100株保有のほうがお得感が強いですが、それでも総利回りは1.2%。

配当を設定する銘柄はたくさんありますが、高配当利回りと言える目安は3.0%以上。そう考えると、株式分割したオリエンタルランド株の総利回りは相対的に低いと言わざるを得ません。

まとめ

株式分割の主な目的は、発行株式数増加による流動性の向上です。つまり、投資家が株を買いやすくなるということですね。300万円以上のオリエンタルランド株が85万円ほどで買えるようになるわけですから、分割前より買いやすくなったのは確かです。

しかし、配当や優待利回りなどを含めて総合的に考えると、まだ「買い」ではないと思います。以上の点をふまえ、分割されたオリエンタルランド株をこう見ています。

・以前よりも価格的に買いやすくなった
・オリエンタルランドが大好きで、ぜひとも応援したいという人は「買い」
・優待利回りの観点から見ると、さらに高利回り銘柄を買うほうが良い

ちなみに、35周年・40周年企画として、2018年と2023年時点での長期保有株主には追加で1Dayパスポートを配布するとしています。(詳細はオリエンタルランドHPを見てください) オリエンタルランドという会社が好きな人、またはディズニーランドが好きな人は「買い」で良いのかもしれません。(執筆者:堀 聖人)