海外キャッシングって本当にお得なの? 実際に試してみた~マカオ編~»マネーの達人

海外キャッシングって本当にお得なの? 実際に試してみた~マカオ編~

海外旅行へ行くとき必ず必要になるのが現地通貨。みなさんはどのように調達しますか?

一般的に手数料が高いと言われるのが、空港などに併設される銀行での両替。出発ロビーで手軽に両替できるというメリットがあるものの、手数料が高くお得感が低いのが実情です。

その反面、キャッシング枠が付帯となったクレジットカードを利用し、渡航先の各ATMで現地通貨を調達すると手数料が安いと言われています。

しかし、海外キャッシングって本当にお得なの?

と思う人が少なくないようですが、本当にお得です。マカオ出張時に実際に試してみましたので、参考にしてください。


マカオの現地ATMでキャッシングしてみる


マカオに持っていったクレジットカードは何枚かありますが、そのうちの一枚「楽天カード」でキャッシングしてみます。私の楽天カードのクレジットブランドはVISAですので、ATMに「VISA」のマークがあれば基本的にキャッシングできます。


≪東亜銀行ATM≫


最初に見つけたのが、東亜銀行という銀行のATM。VISAのマークがありますから、キャッシングできるはずです。カードを入れて、ガイドライン通りに画面を操作します。

とりあえず日本円で1万円分ほど、600MOP(600パタカ)キャッシングしてみました。(※当日のマカオパタカレートは、1パタカ=約15.0円)


600パタカ、出てきました。



楽天カード(VISA)を利用して、無事600パタカをキャッシングすることができました。渡航先で現地通貨をキャッシングするのは比較的簡単にできます。渡航先の言語が少しでも分かればATM操作は問題ないはずです。

渡航先によってATM操作方法や表示言語は少し違いますが、どこの国でもキャッシング手順はだいたい同じですから、是非試してみてください。

ただし、一番重要なこと忘れずに。それは、帰国後にキャッシングした分を繰上一括返済することです


繰上返済するから安く済む海外キャッシング


楽天カード(VISA)による海外キャッシングの金利(実質年率)は18.0%となっています。どのクレジットカードでもたいていは18.0%、キャッシング金利上限(20.0%)に近い設定となっていますが、利息は実質年率18.0%に基づいて日割り計算となりますので、簡単に言うと、早く返すほど支払利息が少なくてすみます

ですから、帰国後に繰上返済手続きを行なうことで支払利息額を減額できる。つまり、キャッシング手数料がお得になりますので、1回目のキャッシング返済日を待たずに、すぐに繰上返済の手続きをするのが重要ポイントとなります。

楽天カードの場合、渡航先で海外キャッシングを行なってからデータが処理されるまでに数日かかります。そのデータがセンターで処理されてから、繰上返済手続きができるようになります。

今回、海外キャッシングをしてから実際に繰上返済をするまでの日数は5日間でした。以下、その手順となります。

(1)現地4月27日で海外キャッシング


(2)帰国後の5月1日、楽天カード株式会社からキャッシング利用案内のメール




(3)データを確認



≪キャッシング利用案内書≫


こちらが楽天NAVIで確認したキャッシング利用案内書になります。


≪案内書青線囲み部分の拡大≫


左側青線囲みの部分には、4月27日に行ったキャッシング代金が9005円であると記されています。


≪案内書赤線囲み部分の拡大≫


キャッシング利用案内書の右側赤線囲み部分には、マカオで600パタカキャッシングした旨と、換算レートが15.009円であることが書かれていました。

換算レートに基づく利用代金は、日本円で9005円。では、すぐに繰上返済をすると、支払利息はいくらになるでしょうか? さっそく楽天カードが指定する電話番号に電話をかけてみます。

(4)楽天カードに電話をかけ繰上返済手続きを行なう


電話をすると、オペレーターではなく自動音声案内による一括返済手続きとなりました。5月2日付での繰上返済の場合、返済代金は9049円とのこと。キャッシング代金は9005円、返済は9049円ですから、キャッシング手数料は44円の計算です。

自動音声案内で、返済先銀行名、銀行口座番号、返済代金など必要な情報が知らされますので、指定の口座に9049円を振込んで一括返済完了となります。


まとめ


以上の通り、渡航先での海外キャッシングの方法と、実際に手数料がどれほどかかるのか調べてみました。

今回は、マカオで現地通貨を600パタカ(9005円分)キャッシング。5日後に繰上返済した時の手数料は44円でした。都市銀行で円⇒ドル両替すると、2円/1ドルの手数料がかかります。100ドル分(約12000円)両替と200円の手数料がかかることを考えると、44円という手数料はお得、と言えると思います。

次回海外旅行に行く時は、ぜひ、クレジットカードを利用した海外キャッシングを試してみてくださいね。(執筆者:堀 聖人)

24時間パソコン・スマホでカンタン申し込み「楽天カード」

この記事を書いた人

堀 聖人 堀 聖人»筆者の記事一覧 (315)

「お金のために働くのではなく、お金に働いてもらう」ことをライフテーマとするアラフォー。銀行にお金を預けるだけでは時間とお金を活かしきれていないと悟り、お金がお金を生む仕組みを独学で学ぶ。投資歴は株式投資8年、FX3年。開設済み証券口座は5口座、FX口座は10口座以上。株式投資、FX投資、クレジットカードをメインに鋭い視点からなるコラム執筆中。日経ヴェリタスなどでもコメント。
<保有資格>:第二種証券外務員資格
<メディア掲載>:日経ヴェリタス 2015年11月15日号、 株完全ガイド(晋遊舎)
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ