以前、投資を始めるならFXよりも株がベターという話をしました。(参考記事) 

それでもFXがしたいというならば、取引通貨単位に注意すべきです。そもそもFXの取引通貨単位とは何でしょうか?

FXの取引通貨単位とは

取引通貨単位とは、取引できる通貨の単位のことです。(そのまんまですね) 利用するFX会社によって取引通貨単位に違いがあります。FX各社の通貨単位は、たとえば…

A会社:1通貨単位~
B会社:100通貨単位~
C会社:1000通貨単位~
D会社:1万通貨単位

…と、いろいろあるわけですね。米ドル/日本円を取引した場合、

1通貨の取引=1ドルの取引(約120円分の外貨取引)
100通貨の取引=100ドルの取引(約1万2千円分の取引
1000通貨の取引=1000ドルの取引(約12万円分の取引)
1万通貨の取引=1万ドルの取引(約120万円分の取引)

となります。

FX会社によって1通貨単位で取引できる会社もあれば、1万通貨単位でしか取引できない会社もあります。

お気付きかと思いますが、取引通貨単位が小さいと運用する外貨量が少ないということです。

FX初心者は何通貨単位で取引すべき?


それをふまえ、FX初心者は何通貨単位で取引すべきなのか考えたいと思いますが、結論はこうです。

なるべく小さな通貨単位で取引するのがベストです。

FX取引は証拠金取引、つまり、担保として証拠金をFX会社に預託し、証拠金の最大25倍までの外貨を運用します。

米ドル/日本円を10000通貨単位で取引する場合、必要な証拠金は約4万8千円です。

それに対し、1通貨単位取引なら約5円の証拠金で1米ドルを運用できます。(ドル円レート=120円で計算)

ちなみに、その他の通貨単位での必要証拠金は…

1通貨単位取引の必要証拠金=約5円
100通貨=約480円
1000通貨=約4800円
1万通貨=約4万8000円

…と、取引通貨単位が小さければ、必要証拠金額も少なくてすむわけですね。

FX取引の前提ですが、FX取引に不慣れな初心者は果敢にリターンを狙うよりも、先ずはリスクを抑えて取引することがより重要です。

±1円のレート変動が起きたケースを見てみてください。それぞれの損益額は…

1通貨取引=±1円
100通貨取引=±100円
1000通貨取引=±1000円
1万通貨取引=±万円

と、レート変動が大きければ損益額も大きくなる。つまり、取引通貨単位が大きいほどハイリスク・ハイリターンな取引になります。FX初心者がなるべく小さな通貨単位で取引すべき理由がここにあるのです。

小さな通貨単位取引ができるFX会社3つ

すべてのFX会社が1通貨単位取引や100通貨単位取引を扱っているわけではありません。では、小さな通貨単位で取引したいFX初心者は、どのFX会社を利用すべきでしょうか? 

1通貨単位取引ができるのは以下の2社です。

【SBI FXトレード】


≪SBI FXトレード https://www.sbifxt.co.jp/index.html≫

SBIFXトレード⇒SBIFXトレード

【OANDA JAPAN】


≪OANDA JAPAN http://www.oanda.jp/≫

OANDA Japan⇒公式サイト

1通貨単位取引はありませんが、100通貨単位取引ができるのが【マネーパートナーズ】。


≪マネーパートナーズ http://www.moneypartners.co.jp/fx/partnersfxnano.html≫

マネーパートナーズ⇒公式サイト

現時点でご紹介できるのは、上記3社のみとなります。

FX関連ネットサイトを見ていると、「FX初心者に優しい会社」や「初心者におすすめのFX会社!」という類のキャッチフレーズをよく見かけます。

しかし、よく見ると1万通貨単位取引しかできないFX会社、良くても1000通貨単位~の取引のみを扱うFX会社、というものが少なくありません

そのようなサイトの主な目的は、FX口座を開設してもらうことですから。このFX会社で取引したらハイリスクで危ない! なんて言えませんよね…。

ともかく、FX初心者は1万通貨単位取引に手を出さないのがベストです。FX各社のスプレッドやグルメキャンペーンも重要ですが、取引を始めるにあたり如何にリスクを抑えられるか。これを重要視した上でFX会社を選別しましょう。

FX広告を鵜呑みにしてはいけません。(執筆者:堀 聖人)