プラチナカード以上のクラスのクレジットカードを持っているともらえることがある「プライオリティパス」。何のサービスが受けられるの? どうやったらもらえるの? 名前を聞いたことはあってもどういうものか知らない方もいるのではないでしょうか。

また、プラチナカードじゃなくても「プライオリティパス」がもらえるカードが存在するのはご存知ですか。今回は「プライオリティパス」のサービスとどのクレジットカードがお得にゲットできるかをご紹介。


≪画像元:プライオリティパス倶楽部 http://www.tio-trans.com/contents/Info/Info06.html≫

「プライオリティパス」は空港のVIPラウンジサービス

ゴールドカードや提携のカードなどで入れる空港のラウンジはありますが、プライオリティパスで利用できるラウンジは、その高級感とラウンジの数がかなり豊富です。世界120カ国400以上の都市で700ヵ所以上の空港VIPラウンジを利用可能です。海外出張や旅行の多い方であれば、利用できるラウンジの多さを感じるでしょう。

そもそも、最大で年会費399ドルが必要なラウンジサービスであるため、ラウンジではVIPな扱いをしてもらえます。ゆったりとしたソファに座れ、無料でドリンクが飲め、雑誌や新聞は読み放題。空港での待ち時間を優雅に過ごせます。

プラチナ以上のクラスのカードでないともらえない?

会費の高いプライオリティパスですが、プラチナカードなどのハイクラスカードに入会すると、プライオリティパスが特典でついてくることがあります。プラチナカードの年会費は安くても2~3万、高いものだと10万円を越えることも。私達にはなかなか手が出しにくいですよね。しかし、一部のゴールド系カードで、プライオリティパスをもらえるカードがあることをご存知ですか?

例えば「楽天プレミアムカード」では年会費10,000円でプライオリティパスのプレステージ会員(年会費399ドル)がついてきます。カードの年会費のほうがかなり安いですよね。

また「JCBゴールドザ・プレミア」では年会費10,000円にサービス費5,000円プラスすると、同様にプライオリティパスのプレステージ会員の無料登録ができます。しかも年間利用額が100万円を越えるとサービス費5,000円がタダになるので、実質は楽天プレミアムカードと同じです。

ただし、JCBゴールドザ・プレミアはJCBゴールドカードの年間利用100万円以上などが条件で、インビテーションが届く仕組みなのですぐにプライオリティパスを手に入れたい人には不向きかもしれません。(執筆者:小山 菜々恵)

楽天プレミアムカード⇒公式サイト