お手頃価格でお食事券がもらえる株主優待 厳選10銘柄をご紹介

以前、「どんな株主優待商品が欲しいですか?」 と読者の皆様にお聞きしたところ、断トツで多かったのが商品券でした。次いで多かったのは「食事割引券」とのこと。

(参考記事:「株主優待」と一緒によく検索されているキーワードは? 調べてみた

全体の約20%が「食事割引券」と回答して下さったんですよね。それで、株主優待を検索してみると、お食事券を株主優待として設定している企業がたくさんありました。そこで…

・お手頃価格で買える株
・配当利回りが高い株
・魅かれるお食事券

…この3点を念頭に置きながら厳選した10銘柄をご紹介したいと思います。

お食事券がもらえる株主優待 厳選10銘柄

まず、以下の表をご覧ください。(データはすべて執筆時点のもの)


≪最低購入価格順≫

良心的な株価で買える株、配当利回りの高い株など、10銘柄揃うと千差万別なのですが、その中でも特に注目したい3銘柄にスポットを当ててみます。

表の中で、最もお手頃価格で買えるのが「カルラ」です。


≪画像元:http://re-marumatu.co.jp/index.html≫

【カルラ (2789)】
会社概要:出店の半数が宮城県の飲食店会社。東北や北関東に「まるまつ」という和食ファミレスを展開中。
株主優待:100株以上保有で1,000円相当のお食事券

ココがポイント:北関東や東北地方にお住まいの方は、優待券を無理なく利用できます。

優待利回りの期待度が大きいのは三光マーケティングフーズです。


≪画像元:http://www.sankofoods.com/≫

【三光マーケティングフーズ (2762)】
会社概要:東方見聞録、黄金の蔵、月の雫を中心に外食店を展開する飲食店企業。赤字続きでしたが、最近回復傾向にあります。
株主優待:100株保有で3000円分の食事券(年2回贈呈)

ココがポイント:年6000円分のお食事券を貰えるので、配当と合わせた総利回りは8.34%になります。生活圏に系列店舗があるなら積極的に狙って良いのではないでしょうか。

料理の鉄人のお店で高級フレンチを食したい方は、どうぞこちらに注目です。


≪画像元:http://www.ikk-grp.jp/index.html≫

【アイ・ケイ・アイ (2198)】
会社概要:ゲストハウス型挙式や披露宴を企画・運営する婚礼サービス会社
株主優待:100株以上保有で食事割引券3枚

ココがポイント:料理の鉄人坂井宏行氏が手掛ける「ラ・ロシェル」レストランや、自社レストラン「キュイジーヌ・フランセーズ・ラ・シャンス」で高級フレンチを食べたい!という方におすすめです。ちなみに、坂井氏のラ・ロシェルは南青山、永田町、福岡市の3地点にあります。

個人的にぜひ欲しい株主優待です。株価もかなりのお手頃価格なので、ちょっと狙ってみようかと思います。

お食事券がもらえる株主優待 注意点

株主優待を検索していると、魅力的なお食事券がたくさんあって、いろんな銘柄に手を出したくなってしまいますね。

ただし、言うまでもありませんが、使えそうもないお食事券は狙わないようにしましょう

たとえば、先に挙げた三光マーケティングフーズの優待は6000円分の食事券ですので、かなり魅力です。しかし、家の近くに系列レストランがないなら使えません。それなら、他の株を買ったほうがお得ですよね。

株主優待のお食事券を狙うときは、「使えるかどうか」という観点で考えてから買うのが鉄則ですよ。(執筆者:堀 聖人)

この記事を書いた人

堀 聖人 堀 聖人()»筆者の記事一覧 (314)

「お金のために働くのではなく、お金に働いてもらう」ことをライフテーマとするアラフォー。銀行にお金を預けるだけでは時間とお金を活かしきれていないと悟り、お金がお金を生む仕組みを独学で学ぶ。投資歴は株式投資8年、FX3年。開設済み証券口座は5口座、FX口座は10口座以上。株式投資、FX投資、クレジットカードをメインに鋭い視点からなるコラム執筆中。日経ヴェリタスなどでもコメント。
<保有資格>:第二種証券外務員資格
<メディア掲載>:日経ヴェリタス 2015年11月15日号、 株完全ガイド(晋遊舎)
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう