私は約3年前、自衛隊に在籍していました。

在籍当時は、家族や自分の人生を優先させるため、自衛隊退職を画策していました。しかし、その当時の妻は納得してくれませんでした。仕事を辞めて、不動産投資で生活していこうという考えに、不安を抱いていたのです。

「投資」という言葉にさえ拒否反応を示し、「まったく考えられない!」とまで言われました。

そこで、辞めるための布石を打ちました。長期のスケジュール表をつくって、妻の目に留まる場所に貼ったのです。辞める時点から逆算し、一棟目を買う時期、さらに二棟目を買う時期、予想収益の推移を記入しました。

不動産に対する妻のイメージをよくするために、わかりやすいデータを示し、辞めても大丈夫だというライフプランのシミュレーションをしたのです。

同時に、一か月ごとに「毎日不動産を探す」、「物件を見に行く」、「不動産屋に連絡する」などの具体的な行動スケジュールも立てました。自衛隊を辞めて不動産投資で食っていくことを真剣に考えていたからこそ、このシミュレーションは必要だったのです。

その後、二棟か三棟買えば自衛隊を辞めてもやっていけるという目処がつき、妻の態度も次第に軟化していきました。

一方で、仲間のAさんは、一週間に一回、紙に「自分はどうなりたいのか」と、さらにそれを実現するための方法を実行するスケジュールを書いていました。「投資家の実践ブログを閲覧する」、「ビジネス書を読む」など、どんなに些細なことでもとにかく具体的なことを書いていたのです。それをパソコン画面の横に貼って毎日、目に入るようにしていました。

いくらスケジュールを立てても、実行しないことには目標は達成できません。だから彼は、実行に移しやすくしようと、すべきことを脳裏に焼きつけるためにこのようなことをしていたのです。その結果、徐々に変化があらわれました。

必ず出ていく経費を抑え、投資資金を貯めるために補償が同じでも保険料が安い生命保険に変更し、維持費が高い車を手放して、エコで健康にもいい自転車通勤にしました。

やがて投資や資産運用の知識が身につき、不動産を購入、家賃収入を得ることもできるようになったのです。こうしてAさんは現在、会社の給料だけに頼らない生き方が選択できつつあります。(執筆者:佐藤 一彦)