「ロボ・アドバイザー」で投資をしてみました

array(12) {
  [0]=>
  array(3) {
    ["link"]=>
    string(37) "https://manetatsu.com/2019/01/164189/"
    ["title"]=>
    string(145) "「iDeCo」「NISA」は今見直すべきか 年始の「ファイナンシャルプラン点検」は4つの手順でチェックする。 "
    ["img"]=>
    string(369) "ライフ・ファイナンシャルプランの点検"
  }
  [1]=>
  array(3) {
    ["link"]=>
    string(37) "https://manetatsu.com/2018/12/158231/"
    ["title"]=>
    string(156) "銀行推し「オーストラリア」絡みの商品に待った! 銀行の安心・安全を信じてはいけない理由をわかりやすく解説"
    ["img"]=>
    string(375) "オーストラリア絡みの商品にちょっと待った"
  }
  [2]=>
  array(3) {
    ["link"]=>
    string(37) "https://manetatsu.com/2018/11/153525/"
    ["title"]=>
    string(133) "「ソーシャルレンディング」って、どんな投資家が向いているの? 「3つの特徴」を紹介します。"
    ["img"]=>
    string(369) "ソーシャルレンディングに向いている人"
  }
  [3]=>
  array(3) {
    ["link"]=>
    string(37) "https://manetatsu.com/2018/11/153577/"
    ["title"]=>
    string(171) "ファイナンスとテクノロジーをあわせた造語「フィンテック」 ~私たちの生活をより便利にして、銀行の業務も変えていく~"
    ["img"]=>
    string(360) "フィンテックが銀行に及ぼす影響"
  }
  [4]=>
  array(3) {
    ["link"]=>
    string(37) "https://manetatsu.com/2018/11/150950/"
    ["title"]=>
    string(123) "投資を始めたい人は利用しないともったいない 「日本証券業協会」のページを紹介します"
    ["img"]=>
    string(342) "「日本証券業協会」"
  }
  [5]=>
  array(3) {
    ["link"]=>
    string(37) "https://manetatsu.com/2018/11/151322/"
    ["title"]=>
    string(169) "値上げの秋に「ローリスクな資産運用」をはじめるのはいかが? 投資が怖いと感じるあなたにピッタリな運用法を3つご紹介"
    ["img"]=>
    string(345) "ローリスクの金融商品"
  }
  [6]=>
  array(3) {
    ["link"]=>
    string(37) "https://manetatsu.com/2018/11/151305/"
    ["title"]=>
    string(81) "2014年に行ったNISA投資 2018年非課税枠で買い戻す際の注意点"
    ["img"]=>
    string(349) "2018年非課税枠で買い戻す"
  }
  [7]=>
  array(3) {
    ["link"]=>
    string(37) "https://manetatsu.com/2018/11/150744/"
    ["title"]=>
    string(130) "「ソーシャルレンディング」ならこの2社が断然おススメ 私が実際に投資している事業所を紹介"
    ["img"]=>
    string(372) "ソーシャルレンディングおすすめの事業所"
  }
  [8]=>
  array(3) {
    ["link"]=>
    string(37) "https://manetatsu.com/2018/11/149029/"
    ["title"]=>
    string(142) "「投資」で1円たりとも損したくない! 究極の低リスク「元本保証」の金融商品を買うなら、コレです。"
    ["img"]=>
    string(351) "投資で1円も損したくない"
  }
  [9]=>
  array(3) {
    ["link"]=>
    string(37) "https://manetatsu.com/2018/10/149292/"
    ["title"]=>
    string(180) "「インデックスファンド」と「アクティブファンド」って、どちらを選んだ方がいいの? それぞれの違いと代表銘柄を紹介します。"
    ["img"]=>
    string(354) "インデックスかアクティブか"
  }
  [10]=>
  array(3) {
    ["link"]=>
    string(37) "https://manetatsu.com/2018/10/148022/"
    ["title"]=>
    string(99) "【ソーシャルレンディング投資】子供の「基礎控除」を使うズルい節税術"
    ["img"]=>
    string(356) "ソーシャルレンディング投資"
  }
  [11]=>
  array(3) {
    ["link"]=>
    string(37) "https://manetatsu.com/2018/10/148365/"
    ["title"]=>
    string(180) "投資信託の「信託財産留保額(売却時のペナルティとして投資信託に残す財産)」はないほうがいい? メリット・デメリットを紹介"
    ["img"]=>
    string(336) "信託財産留保額"
  }
}

ロボ・アドバイザーとは

ロボ・アドバイザー」というものをご存じでしょうか?

いくつかの質問に答えるだけで、自動的にその人に合った配分で投資をしてくれるサービスのことです。

いわゆる、お任せ投資ということ!

大手の証券会社や信託銀行でも「ラップ口座」や「ファンドラップ」という形でお任せの投資を行うことが出来ましたが、投資を始めるにあたってまとまった金額が必要でした。


「ラップ口座」…………3000万円~
「ファンドラップ」………500万円~など

また、手数料も一般的に2%前後掛かります

投資を始める方にとってはハードルの高いサービスであったのではないでしょうか?

そこで、少額の資金でもお任せ投資のできる「ロボ・アドバイザー」というサービスが始まりました。

「ロボ・アドバイザー」にもいくつかの種類があります。「THEO(テオ)」、「エイト証券の8NOW!」、「WEALTHNAVI」などがあります。

お手軽に投資できる「THEO」について

今回は、株式会社お金のデザインが提供している「THEO(テオ)」を使って筆者自身が投資を始めてみましたので、解説していきたいと思います。

この「THEO」というサービスですが、なんと! 10万円から投資を始めることが出来ます。

手数料も1%と低めの設定です(投資金額が3000万円超の方は0.5%)

まず、どのような方針で運用を行っていくのかを決めるために以下の質問に答えていきます。

(1) 年齢?
(2) 何歳まで働くか?
(3) 資産運用の経験があるのか?
(4) 配当・利息を得ることを重視するか?
(5) 市場の変化によって資産の評価額が大幅に下がったらどうするか?
(6) インフレがおきたら、手持ちの資産価値への影響は?
(7) 資産運用の予定期間は?
(8) 運用期間が過ぎたら運用資産の何%を引き出すか?

答えた後に診断結果が表示されます。

・資産運用方針の割合が示されます
 グロース(株式を中心に運用)
 インカム(債権を中心に運用)
 インフレヘッジ(実物資産中心に運用)
・資産構成の割合が示されます
 先進国株
 新興国株
 先進国国債
 投資適格債券
 ハイイールド債券
 新興国債券
 リート・不動産
 コモディティ
 通貨
 その他
・シミュレーション結果が示されます
 過去のシミュレーション
 未来のリターン予想

質問に答えただけであっという間にこれらの結果が出ることに驚きました。

未来のリターン予想は想定される利益・損失の具体的な金額も表示されているので、イメージがしやすいのではないかと思います。

その後、登録して資金を自分の口座に入れて運用が開始されます。

実際に運用を始めたので自分の資産構成(ポートフォリオ)にどのようなものがあるのかが分かりました。

グロース(株式)の部分
アメリカ・メキシコ・韓国・香港・イギリスなどの株式を投資先とするETF

インカム(債券)の部分
米国債・ハイイールド債・世界各国のハイイールド債などの債権を投資先とするETF

インフレヘッジ(実物資産)の部分
原油・金属先物・不動産・通貨などを投資先とするETF

この「THEO(テオ)」というサービスはETFという株式市場に上場されている投資信託を投資対象としています。(日本国内のETFは対象外です)

まとめ


投資信託が対象ですので、個別株式に直接投資はできません

筆者の感想ですが、自分で選択するのにはかなり時間をかけ検討しなければならないようなETFでの資産構成となっておりました

さすがにロボットが独自のアルゴリズム(計算方法)で選んだ投資先だと感じました。

まだまだ始まったばかりのサービスですので、今後どのような運用結果になるのか楽しみです。

また、長期投資の王道でもある積立投資の設定はできませんが、自分で毎月決まった金額を入金していけば出来ないことはありません。

ただ、振込手数料を毎回払っての入金は避けたいと感じます。

最近はネット銀行等で、毎月数回振込手数料無料のサービスがあるので、こういったサービスを使いながら入金していく方が投資効率を上げる意味でもポイントです。

今年に入り株式市場・債券市場は大きな変動があり、日本のみを対象に投資を行っている方は大きく資産を減らしていることだと思います。

分散投資が大事! という事は分かってはいるが自分で選ぶことが難しいと感じている方は、「ロボ・アドバイザー」のようなサービスを使って投資を行っていくことも選択肢の一つだと感じています。

「ロボ・アドバイザー」にもいくつかのサービスが提供されています。

サービスによって投資金額や手数料が違っていますので検討してみてはいかがでしょうか?(執筆者:瀧澤 宏行)

この記事を書いた人

瀧澤 宏行 瀧澤 宏行»筆者の記事一覧 (27) http://www.fp-takizawa.com

瀧澤ファイナンシャルプランナー事務所 代表
住宅ローン相談・資金計画相談は山梨県中央市の瀧澤FP事務所に御相談下さい。ローンの知識・選択・返済計画・借り換え等様々なお悩みを解決いたします。なお初回は相談無料にて行っておりますのでお気軽にお問い合わせください。また、家計・教育資金・老後資金・保険等の相談もお受けいたしております。ご家庭のお金に関する疑問ご質問等、様々なお悩みもご一緒に解決いたします。
【保有資格】1級FP技能士 / CFP(日本FP協会)/宅地建物取引士/住宅ローンアドバイザー/証券外務員2種/ビジネス法務エキスパート
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ