先日、読者様からこんなリクエストをいただきました。

読者様:5万円以下で買える株主優待銘柄ランキングが見たいです。


リクエスト、ありがとうございます! 

ご存知かもしれませんが、優待権利を獲得するためには、各月の権利確定日前までにその株を保有していることが前提です。そして、月ごとに異なる権利確定銘柄がありますので、今回は3月が権利確定になる銘柄をご紹介しますね。

では、ランキング形式でおすすめ株主優待ランキングを見てみましょう。

5万円以下で買える株主優待銘柄ランキング~3月編~

まずは第5位から。

第5位:岡藤ホールディングス(8705)


≪画像元 岡藤ホールディングス≫

銘柄(証券コード):岡藤ホールディングス(8705)
株主優待:100株以上保有の株主に以下の優待割引を適用
(1) 金・プラチナ地金を買う時に、金25円/グラム、プラチナ50円/グラムを値引き 
(2) 「タートルプラン」(純金やプラチナ積立)に新規加入の際、3,000円分のQUOカード贈呈

岡藤ホールディングス(8705)は証券会社で、商品先物取引業の大手会社です。貴金属や外債販売も手掛けています。

なぜこの銘柄を第5位にランクインさせたかというと、2016年1月以来巻き起こっている世界同時株安と金融不安のために金(ゴールド)が買われているからです。

金融危機のときの安全資産と言えばゴールドですが、岡藤ホールディングスの株主優待を利用すればお得に金が買えます。

今の株価は130円で単元株数100株ですから、1万3,000円ほどの投資金で3,000円分のQUOカードがもらえます。

優待利回りで言うと、23.07%という驚異の高利回りに。計算し間違ったかと思い、計算機で2回計算し直してしまいました(笑)

安全資産のゴールドに興味のある方、いかがでしょうか?

第4位:TBK(7277)

銘柄(証券コード):TBK(7277)
株主優待:保有株式数に応じて「つや姫」を贈呈
100株以上500株未満:つや姫1.3kg
500株以上1,000株未満:つや姫2kg
1,000株以上:つや姫5kg

山形県産のお米「つや姫」って聞いたことあります? コシヒカリなどの有力ブランドと比較するとマイナーな存在かもしれませんね。


≪画像元 全農山形県本部≫

山形と言えば美味しい日本酒の名産地ですが、日本酒とお米の共通点は「水」です。美味しい日本酒ができる場所ならお米も美味しいはず。一度食べてみたいと思っているんですよね。

アマゾンで検索したら、5kgで約2,400円。1.3kg分で約625円ですから、利回りで計算してみると約1.75%です。

配当利回りは4.48%ですので、総利回りは6.23%に。配当と優待を合わせた総利回りの目安は4.0%以上ですが、TBKは悠々と6%オーバーなんです。

ただし、一つネックなのは、株を1年以上保有していないとつや姫がもらえない点。今TBKを買っても最短で来年優待を受取ることになります。

来年つや姫をもらうために、株価が下がった今のうちに買っておくというのもありかなと。つや姫に興味のある方は、ぜひ。

ちなみに、TBK(7277)は商用車や乗用車、建設機械向け部品の製造販売会社です。どんな会社か。これも肝心ですね。

第3位:ダイドーリミテッド(3205)


≪画像元 ダイドーリミテッド≫

銘柄(証券コード):ダイドーリミテッド(3205)
株主優待:保有株式数に応じた自社商品
100株以上1,000株未満:3,500円相当の自社商品
1,000株以上:11,000円相当の自社商品

100株保有でダイドーの3,500円相当自社商品が貰えます。えっ? ダイドーの缶コーヒーか何かが3,500円分…? 

違います! それはダイドードリンコ(2590)。こちらはダイドーリミテッド(3205)です。お間違いのないように!

ダイドーリミテッドは「ニューヨーカー」などを販売するアパレル会社です。最近は赤字が続いているので経営面で少し不安がありますが、3,500円相当の優待商品はかなり魅力だなぁと思います。

毎年、異なる商品が株主優待として設定されており、今年の商品は何でしょうね。んっ、異なる商品? まさか、売れ残り商品を優待に?

ブランド好きな方は要チェックで。

第2位:JKホールディングスその他2銘柄

第2位には3銘柄がランクインです。3銘柄とも、1,000円分のQUOカードが貰えます。


≪画像元 JKホールディングス≫

銘柄(証券コード):JKホールディングス(9896)
銘柄(証券コード):サンヨーホームズ(1420)
銘柄(証券コード):ルネサスイートン(9995)
株主優待:3銘柄ともに100株以上保有で1,000円分のQUOカード(年1回)

3銘柄とも東証1部上場銘柄で安心感があります。甲乙つけがたいのですが、やはり総利回りで比較するのが妥当でしょう。

JKホールディングスの配当は年間1,500円で配当利回りが3.29%。サンヨーホームズも同じく年間1,500円の配当で利回りが3.45%。ルネサスイートンは年間配当1,200円で利回りは3.01%となっています。

優待利回りを足した総利回りは、

JKホールディングス:5.48%
サンヨーホームズ:5.75%
ルネサスイートン:5.52%

どんぐりの背比べになってしまいましたが、ほんのわずかサンヨーホームズの総利回りが高くなっています。配当、優待、購入価格がほぼ横一線ですから、あとはお好みで選んでください。

QUOカードの配当って、そのままどこでも使えるので結構嬉しい優待商品ですよね。

取っておいても仕方ないので、普段買わないようなものでも思い切って買えてしまう、癒し系株主優待だと思っています。

そういえば、この前QUOカードを使って、ファミマでプリンを買いまして。優待で貰ったQUOカードで食べたプリン。美味しかったです(笑)

さて、フランクな雰囲気で優待ランキングをご紹介してきましたが、ついに第1位のご紹介です。

第1位:FJネクスト


≪画像元 FJネクスト≫

銘柄(証券コード):FJネクスト(8935)
株主優待:
100株以上保有で、髙島屋株主優待セレクションまたは寄付のいずれかひとつを選択(各1,500円相当) 
1,000株以上保有で、温泉旅館の優待利用券(伊藤遊希亭など)

今回第1位としてピックアップしたのが、こちらFJネクストです。営業利益は増益、経営が順調、というのが選択する上で大きな要因でした。

株主優待や配当狙いの株投資で一番怖いのは、経営不振ですから。

経営不振になると優待や配当が廃止になることも。そうなると株価も急落しますので、元本割れの危険性が増します。その点、不動産業のFJネクストは今のところ心配なさそうです。

肝心の優待ですが、100株保有で高島屋1,500円分の優待商品です。高額な商品とは言えませんが、5万円以下の投資ということを考えると十分価値のある商品かと。優待利回りで計算すると3.15%です。

配当は年間1,400円(100株保有)ですから、配当利回りは2.94%になります。優待利回りと合わせた総利回りは6.09%と、高利回り目安の4%をオーバーしていますから、かなり狙い目です

※今回優待ランキングで紹介した銘柄は、執筆時点で5万円以下で買えるものです。当然ながら、株価は常に変動します。株価や優待内容、その他銘柄の詳細は、買付前にご自分でチェックされて下さい。(執筆者:堀 聖人)

 関連記事:イオン株主優待「オーナーズカード」の返金率を10%オーバーにする方法