価格比較サイトの代表価格.com


最も安い商品価格を一覧にしてくれる価格比較サイトの代表は、やはり価格.comでしょう。

価格ばかりに目が行きがちですが、製品の価格推移グラフにも注目してみましょう。

2,3年さかのぼって同じカテゴリの製品のグラフを眺めていれば、なんとなく新製品の切り替え時期が判ります

この製品の入れ替え時期が一番安く買うことができます

・洗濯機だと、縦型が夏場6~8月頃、ドラム式は秋頃、10月~12月頃。冷蔵庫は8~10月頃です。

・冷蔵庫に関しては、少し早目にチェックを始めたら良いかもしれません。

・野菜室が上だとか下だとか、現品を見てみれば意外に個体の個性が大きいものです。

・黒物家電やデジタルガジェットにおいても、グラフが役立ちます。

最安値のタイムラグに注意

発売が発表されたら旧品がすでに品切れになっていた! ということはよくありますね。

それは新製品の発売前に、生産ラインを入れ替えるためです。

この時期メーカーは在庫を処分するため、徐々に価格を落としていきます。

実は価格.comに掲載されているショップは、選ばれてピックアップされたわけではなく、掲載料を払って激安価格レースに参戦しています

そして今見ている価格は自動更新ではなく、各ショップにより直接更新されています

安いと思って 最安値表示のバナーをクリックしたら価格が上がっている、もしくはもっと安かった。

逆に下位価格のバナーをクリックしたらもっと安かった などなど。

つまり価格.comには、更新タイムラグによる情報の不確実さがあります

そして得られる情報は、価格.comに登録している業者のものだけなのです

価格.comに登録していない業者もチェック


対策として、価格.comに掲載されていないECサイトやショッピングモールも積極的に検索しましょう

特に大型商品の配送料の有無は大きな違いです。

比較サイトではconeco.net、ベストゲート。

量販店系ではビック、ヨドバシ、ジョーシン、ヤマダなど。

日付が変わるころに価格が更新されることが多いので、深夜0時ごろにチェックしましょう

ショッピングモール系ではAmazonが強いですね。

楽天市場やボンパレモールは、ポイント還元も考慮すると十分検討候補です

買い時を見つけて賢く節約しましょう。(執筆者:酒井 菫)