古くなったから…という理由だけではなく、「小さくなった」、「今後、着そうにない」、「もらったけど自分のセンスとは違うため着たくない」など様々な事情で着なくなった衣類達。

ボロボロなら捨てることに躊躇しないで済みますが、まだきれいだったりすると「もったいない」と思いますよね

そんな思いに応えるように、古着が活躍できる方法があるのです

「古着deワクチン」とは

・ 着なくなった衣類
・ 使わなくなったバッグや服飾雑貨
(マフラー、ストール、手袋、帽子、ネクタイなど)
・ 履かない靴

これらを開発途上国で再利用し、更にポリオワクチンが寄付できるという画期的なシステム

不要になった上記の物を指定の大きさの段ボールに入れて送るだけ

申し込みの金額は1,080円~となっており、送料はかかりません

ポリオとは…腸管に入ったウイルスが脊髄に入り込むと、手や足に麻痺が表れ、それがそのまま一生残ってしまうことがある恐ろしい病気です。

日本では1960年代に大流行。患者数が5千人を超えるほどでした。

しかしポリオワクチンの導入により患者数が激減。流行もおさまりました。

日本では1980年の1例を最後に新たな患者は確認されていませんが、アフリカや南西アジアの地域では現在もポリオが流行しています。

古着deワクチン」の取り組みではミャンマーやラオス、ブータンなどの子ども達にワクチンを届けているのです


≪古着deワクチンのHP 画像元:http://furugidevaccine.etsl.jp/≫

申し込みも簡単です

・ インターネットにて「赤すぐ」のショッピングサイトにアクセスして申し込み
          ↓
・ 専用の着払い伝票や専用段ボール(希望者のみ)が送られてくる
          ↓
・ 古着やバッグ、靴、雑貨等を段ボールに入れて、指定の宅配業者に集荷してもらう
          ↓
・ 送った衣類達は開発途上国へ、また一部は国内でリユース・リサイクルされる
・ 開発途上国へ送られた物は安価で販売→選別や販売等で現地の雇用促進に繋がる
・ 「認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを 日本委員会」を通じてワクチンが届けられる
          ↓
・ 利用者には「赤すぐ」で使えるクーポン券が進呈される

利用料金(税込み)は、

・段ボールなし~1,080円
・段ボールあり(中サイズ)~1,620円
・段ボールあり(大サイズ)~2,160円

となっています。

一口につき5人分のワクチン代金が寄付されます

段ボールは自分で用意することも可能ですが、指定のサイズがあるため、必ず事前に大きさを確認して下さい

また着ること、使うことが難しい状態の物(破損や汚れがひどい物)、靴下・下着類、寝具、タオル等は取り扱っていないため送ることは出来ません。

詳しくは「古着deワクチン」HPまで

「認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを 日本委員会」でも寄付を受け付けています。

「認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを 日本委員会」での寄付について

寄付の対象になるもの

・ 未使用の切手、書き損じの官製はがき
・ 貴金属、腕時計、ブランドバッグ
・ 本、CD、DVD、ゲームソフト
・ ペットボトルのキャップ
(各地域の回収業者や団体単位で回収)
・ 外貨紙幣
・ 現金

詳しくは「認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを 日本委員会」HPまで


≪画像元:http://www.jcv-jp.org/≫

「心」を育み、「思い」を繋げる

「捨てる」ことは手間がかからない手っ取り早い方法ではありますが、ゴミを増やしているだけで何のメリットもありません。

同じ「処分」であっても、「古着deワクチン」等の利用を積極的に行なうことで国際貢献に繋がります

周りの人にも呼びかけ、少しでも価値のある処分方法を当たり前にしていくことで、

・物を大切にする心
・貧困や病気など恵まれない状況下におかれている人への思い

などを繋げ、思いやりの心を育む社会になるのではないでしょうか。(執筆者:藤 なつき)