貯金=細かい家計簿ではない

貯金ができている家庭は、案外細かい家計簿をつけていないことが多いようです。わたしもいまでは細かい家計簿はつけていませんが、年間100万円以上貯金できています。

最初からゆるい家計簿で貯蓄と支出をコントロールできるようになったわけではありません。費目を細分化し細かくつけていたこともありました。

細かく家計簿をつけていた時は、支出の多さを毎月目の当たりにして反省しながらも、なぜか改善できずに何か月も過ぎるという状態

細かい家計簿をつけてもうまくいかないのなら改革が必要だと思いたって、

「家計簿をつけずにただのメモだけ書いていく」

という方法をやってみたところ、毎月グングン支出が減り、1年後には10万円の支出ダウンが定着しました

ムダと思っている支出「だけ」をメモしていく

家計簿は費目に分けて記入すると思いますが、たとえば「食費」でくくってしまうと、食費が10万円もかかった月もあれば5万円でおさまった月もあるのかがわかりません

わたしは、まず、

「ムダ」
「ほかの家庭にはない支出かも」
「なくてもガマンできる」

という支出を洗い出してターゲット設定し、毎月メモに書き出していきました。

お恥ずかしい話ですが…

マネー記事を書いておきながら、わが家は子どもが赤ちゃんのころまでは外食費だけで月6万円も使っていました。結婚してすぐからベビーカーでおとなしくしているだけの赤ちゃん時代まで、独身のころの感覚で外食をしていたんですよね。

まわりのママ友に外食事情を聞いてみて、みなさんはそんなに外食にお金をかけていないことがわかり反省しました。

さっそく、週末ごとに出かけては外食していた内容を、一回に払った金額ごとにメモに書き出していきました。

3,000円
5,000円
2,000円
6,000円


書き出すのがそれだけだから、1か月の外食費だけがクローズアップして見えますね。どれだけ使っているか認識した上で、

「外食する回数を減らす」
「一回に払う金額を減らす」

という目標を立てて翌月へ。
課題がわかっているので、

「昼食を家で食べてから出かける」
「遠出して二食する時は一食をコンビニおにぎりなどにする」
「お店をうどんやさんなど安いところにする」

などの節約を心がけました。

ムダが見えて意識が高まり、みるみる支出がスリムに

実は「気になるターゲットだけを書き出す」ことを始める前にもちゃんと「外食費」として家計簿に記入していました。だから外食費だけで6万円もかかっていることは把握していたのです。

ですが、それでは漠然と「今月もいっぱい使ったな~」と思うだけでした。

ムダを見える化してクローズアップする

メモに書き出すことによって、外食費を半年で1万円にまで減らすことに成功したので、この方法でほかの支出も見直していきました。

具体的には

・ なくても困らない便利グッズの買い物
・ 生協の注文
・ フェリシモ(通販頒布会)の買い物
・ ブランド子ども服

などです。

毎月それにいくら使っているのかも、意識してからどのくらい減ったのかも、すべて「目で数字を見る」ので危機意識も達成感も感じやすくて効果的でした。

ムダ支出書き出しによって1年で10万円支出ダウン

1. ムダを見直したいターゲットを設定
2. ターゲットの支出を1か月間メモに書き出し
3. その支出の回数、金額など、減らす目標を立てる
4. 翌月の書き出しスタート

以上の1~4を数回くりかえすと、誰でも確実に支出が減らせます。買い物が大好きだったわたしでもできたので、きっとみなさんでも効果が出るはず。

わたしは10万円も支出が減ったことで、貯蓄をグンと増やすことができ、子どもの成長に伴って増える教育費や住宅購入後のローン返済などに対応できる余裕ができました。

「見える化」でガマンせずに節約

いまでは毎月の決まった固定支出以外では約8万円で生活できています。それも、とくにガマンをしている意識はありません。

いまでもムダが多いかな…と感じたらメモしてます

じゅうぶんにムダを省いて生活していますが、いまでも時々、気になる支出が出てきたらメモに書き出して見える化した上で減らすよう意識しています。

いま、支出が多くてムダが多いと自覚している家計ほど効果が大きいので、ぜひやってみてください。(執筆者:野原 あき)