1,000万が貯まるまでは、我が家の食費は少ない月で2万6,000円~3万円前半くらい、多い月で4万円ちょっと位でした。お惣菜もあまり買いませんでした。

そんな我が家の夕食の献立、節約術をご紹介いたします。

定食系メニュー

我が家は外食費は食費に入れていません。家計簿上、食費と外食費は別にしています。現在の食費は3万5,000円から4万円前半位です。

我が家では健康と節約の両方を兼ねて、夕食に力を入れて定食系メニューにしています。

といっても、実はあまり料理は得意ではなく、健康的でオーソドックスな定食系にし、バランスがとれていて簡単なものとしています

料理は毎日ですし、あまり手間がかかるような(調味料をたくさん使うような)お店で出てくるような味は求めません。そういうものが食べたければ外食で! というようにしています。

大体、ご飯が炊きあがる30分くらいで作れるようなものにしています。

時間配分・順序など

ご飯

→ 1番初めにといでスイッチを押します。この間に作ります。

味噌汁

→ 豆腐、ワカメ、麩、野菜など(余っている野菜何でも)
(スープでもOK。コンソメなど。)

サラダ

→ レタス、きゅうり、キャベツなど。
きゅうりはスライサーがあると早いです。ベビーリーフやパプリカなどもおすすめ!おしゃれになります。ポテトサラダやマカロニサラダでも。

サラダか煮物は、どちらかです。そのときの料理に合う方だったり、野菜の鮮度で決めます

煮物

→ じゃがいも、にんじんなどの野菜プラス練り物など、練り物の代用でウインナーやツナも子供が好きです。

メイン

→ 魚か肉ですが、魚が多いです。焼き魚、煮魚など。

お勧めは、ホイル焼き!

アルミホイルの中に魚をいれて、きのこや野菜と一緒に包んでフライパンで蒸し焼きにするだけ。味付けも、塩コショウや醤油、めんつゆなどで大丈夫!

もうひとつ、お勧めは、白身のたらで、こちらもフライパンに、オリーブ油をひいて、魚を入れ、きのこや野菜と一緒に焼いて蒸せば簡単に出来上がります。

味付けは、塩コショウだけで大丈夫です。

我が家は、お肉のときは丼物が多いです。

親子丼や牛丼という感じです。丼物はとても楽です。ご飯を炊いて、味噌汁とサラダを付けるだけなので。漬け物をつけたら更にいいと思います。漬け物も手作りしていました

手作りといっても、きゅうり(or大根orナス)を切って市販のたれにつけるだけです。

負担にならないメニュー作り

本当に料理は毎日ですし、出来るだけシンプルなメニューにして負担にならないものを我が家のメニューにしていくといいと思います。

忙しいときは、お味噌汁はインスタント、サラダはカットサラダを利用してご飯だけを炊いてメインだけ作るとか、メインも揚げ物(コロッケとかお惣菜)を利用するというように上手に利用するのもいいと思います。(執筆者:青山 ひろこ)