旅の楽しみの大事なポイントでもある宿泊施設。

「泊まれればそれで良し」という人もいますが、どうせなら旅の思い出に花を添えるような素敵な所に泊まるのもいいですよね。

ここでは個性的なサービスを提供している「ちょっと変わったサービスがある宿泊施設」をご紹介します。

「The Ryokan Tokyo YUGAWARA」(神奈川県足柄下郡湯河原町)


≪画像元:http://theryokan.jp/yugawara/plan/≫

この旅館、東京と湯河原の地名が並んでいるけど…と疑問に思う人もいるでしょう。

場所は湯河原なのですが、検索時に圧倒的に有利になるという理由から「Tokyo」を入れたそうです。

ここは2016年3月に訪日外国人向けに作られた宿泊施設なのですが、外国人でなくても泊まってみたいと思わせるサービスが充実しています。

ここが素敵

まず目を引くのが京都の伏見稲荷風の鮮やかな色のゲートに枯山水の庭。

エントランスには大きな赤ちょうちんと大凧が飾られています。

外国人に人気があるのは日本の各地の名所のフォトパネル。その前で記念撮影をして「行ったつもり」になれるのかも…。

湯河原といえばやっぱり温泉

天然温泉の大浴場に加え、肌を見せたくないなどの事情がある人には、個室タイプのシャワーブースが使用できるようになっています。

お部屋は富嶽三十六景がデザインされた14.5畳のデラックス和室や8畳のスタンダード和室などが用意されています。

「もっとリーズナブルに泊まりたい」

そんな方には、なんとドミトリー(2段ベッド・男女相部屋)での宿泊も可能となっています。


≪画像元:http://theryokan.jp/yugawara/stay/≫

館内サービスも充実です

館内に設けられたコミュニティスペースでは温泉に必要不可欠な卓球台や、独楽やけん玉などの和玩具が用意されています。

更にここでは、和服はもちろん日本の人気アニメのキャラクターに扮することができる「コスプレ」が大人気。1着500円~貸し出してもらえる上に、2,000円でプロのカメラマンに撮影してもらえるそうです。

また毎日開催される「アクティビティ」では

・ 和紙作り
・ お茶会
・ うどん作り
・ 絵付け
・ 水引デコレーション
・ カードゲーム(と言っても花札などですが…)

などを日替わりで体験することができます。

「The Ryokan Tokyo YUGAWARA」の詳細はコチラまで


≪画像元:http://theryokan.jp/yugawara/news/post-3.html≫

「割烹旅館 臨水」(高知県高知市鷹匠町)


≪画像元:http://rinsui.co.jp/rooms/03.html≫

この旅館は昭和初期に宮大工によって建てられた木造の建物。

土佐の銘木や奇岩を集めて造られた趣きある客室は、一室一室が異なった造りになっているそうです。

もちろん夕食では高知の郷土料理「皿鉢料理」や「カツオのたたき」に舌鼓。

美味しい日本酒も揃っています

そんな臨水ならではのサービスが「お座敷遊び」

夕食時に日本酒を注文すると、女将が三味線を持って部屋に訪れ、高知に古くから伝わるお座敷遊びを体験できるというサービスです。(時間は10分程度)

「しばてん踊り」


≪画像元:http://www.jalan.net/yad317983/plan/plan01456072/≫

土佐民話に登場する相撲好きのカッパ「しばてん」。その顔を描いた手拭いを被り、「しばてん音頭」に合わせてユーモアたっぷりに踊ります。

「べく杯」


≪画像元:http://yosakoi-gakuya.com/ozashiki≫

コマを回し、そのコマが指した方にいる人がお酒を飲む遊びです。

おかめ、ひょっとこ、天狗の形をした3種類の酒器を使ってお酒を飲みます。

ひょっとこの器には小さな穴があり、手で押さえながら飲み干さないと器を置くことが出来ません。また天狗は長い鼻の部分があるので、こちらも注がれたお酒を全て飲み干さないと置けないようになっています。

唯一置けるのは一番小さなおかめ杯だけ。コマが指す方向に座っている人が、コマに描かれている絵の杯でお酒を飲みます。天狗の酒器は結構大きいので、飲み干すのに苦労する人も多いようです。

「箸拳」


≪画像元:http://www.sukumo-darumayuhi.jp/tourism/hashiken/≫

皿鉢料理に添えられている短めの赤い箸を使うお座敷遊びです。

2人が相対し、3本ずつ持った赤い箸を前面に突出し、お互いの合計本数を当てるという遊びです。

先攻は相手と自分の合計が3本になるよう予測し、自分の出す本数を決め、相手から見えないように箸を内側に握って「3本」と言って前に突き出します。

後攻は先攻と同じ3本と偶数を除いた数しか言えないルールになっているので、1本か5本を選択。

両者手の中の箸の本数を見せ合い、当たっている方の勝ちになります。

もちろん負けた方がお酒を飲みます。

敷居が高く感じるお座敷遊びを気軽に堪能

その雰囲気をちょっとのぞかせてもらえるサービスと言えるでしょう。

「割烹旅館 臨水」の詳細はコチラから

「ホテルテトラ北九州」(北九州市小倉北区)


≪画像元:http://kitakyusyu.e-tetora.com/≫

北九州市の玄関口・小倉駅に程近い場所にあるこのビジネスホテル。

・ 深夜1時まで利用できる大浴場

・ 個室型岩盤サウナの併設

・ 地産地消の食材を使ったメニューを提供するレストラン

大人数での宿泊に適した団体プランや、長期出張や連泊時に利用したい長期滞在プランなど、宿泊プランもいろいろあります。

そんな中でも注目のサービス「ハゲ割」


≪画像元:http://kitakyusyu.e-tetora.com/≫

HPにも、「頑張っている貴方をハゲますサービスが登場!」と堂々と書かれています。

ホテルの清掃は排水溝のヘア処理が結構大変で、それをスタッフから聞いた社長が、

「俺みたいに毛がなければ掃除も助かるでしょ」

と言ったことが、このサービスを始めるきっかけになったそうです。

このサービスは自己申告制で、申し出たお客様の頭髪の薄さをスタッフが判断し、割引の対象になるかどうかが決まります。

「OK」と言われても断られても、嬉しいような寂しいような複雑な表情になるお客様が多いとのこと。

ちなみに「ハゲ割」の対象者は宿泊料が500円安くなります。

さあ、あなたもぜひ勇気を出して自己申告してみませんか?

「ホテルテトラ北九州」のHPはコチラ

「ビジネスホテル カーム」(愛知県名古屋市中村区)


≪画像元:http://www.fhenix.co.jp/index.html≫

名古屋駅より徒歩3分にあるこちらのホテル。

ロビーには3つの頭を持つ犬「ケルベロス」が、煙を吐き出しながら異様な雰囲気を醸し出してお客様をお迎えします。

「ケルベロス」はギリシャ神話に出てくる犬の怪物で、冥界の番犬と言われています。「ハリーポッターと賢者の石」にも登場しました。

小さいお子さんは、ちょっと怖がるかも…。

・朝食のパンが無料。(日曜・祝日の翌朝を除く)
・フリードリンクバー付き

という嬉しいサービスがあります。

またロビーには、好きなフレバーを選んで自分で作れるソフトクリームや、昔懐かしい駄菓子をいつでも無料で食べることができます。

ケルベロスは怖いけど、ソフトクリームや駄菓子には子ども達も喜ぶはず。

大人も童心に帰れるひとときとなりそうです。

「ビジネスホテル カーム」のHPはコチラ


≪画像元:http://www.fhenix.co.jp/facilities.html≫

ユニークなサービスが受けられるこれらの宿泊施設

泊まることにプラスαの楽しみがあるのは嬉しいですよね。

これからも個性豊かなサービスを導入するホテルや旅館が増えてくることを期待したいと思います。(執筆者:藤 なつき)