プレミアムフライデー

2017年2月24日の金曜日から「プレミアムフライデー」がスタートします。

「月末の金曜日は仕事が忙しいから無理」

「強制ではないので、あまり広がらないのでは…」

などといった声も聞かれ、いまひとつ浸透していない感じのプレミアムフライデーですが、果たしてこれから私達のライフスタイルに大きな変化が見られるようになるのでしょうか。

プレミアムフライデーとは

個人が幸せや楽しさを感じられる体験(買い物や家族との外食、観光等)や、そのための時間の創出を促すことで、

・ 充実感、満足感を実感できる生活スタイルの変革への機会になる

・ 地域等のコミュニティ機能強化や一体感の醸成につながる

・ (単なる安売りではなく)デフレ的傾向を変えていくきっかけとなる

といった効果につなげていこうという取り組みです。

官民で連携し、全国的・継続的な取り組みとなるよう、この取り組みを推進するための「プレミアムフライデー推進協議会」も設立されています。(経済産業省のHPより)

具体的には

「月末の金曜日は午後3時までに仕事を終えて、買い物や食事、旅行などを楽しみましょう」という取り組みです。

個人消費を盛り上げると同時に、長時間労働などを減らすことも目的とされています。

これに合わせて金曜日の営業時間やメニューを見直す飲食店が増え、デパートなどの商業施設では割引や抽選会、レストラン街の食べ歩きといったイベント等を実施

集客に繋げる様々な取り組みが始まっています

プレミアムフライデー どんなことがお得になるの?

旅行会社や航空会社

・ 金曜日の午後や夜出発の国外、国内旅行プランの充実

・ プレミアムフライデー出発の旅行プランを申し込んだ方にクーポン券や割引券を進呈

・ 金曜日夜出発の夜行バスで行く格安温泉ツアーの実施など

ホテル

・ プレミアムフライデー宿泊プラン、限定ディナーなどの実施

・ クーポン券付きのプラン

・ シャンパン飲み放題のプラン

・ プレミアムフライデー限定の特別ディナー

・ プロによるフェイシャルやボディトリートメント、ネイルなどのリラクゼーション付きの宿泊プラン

カルチャー

・ プレミアムフライデー茶道体験

・ アートクレイシルバーでのアクセサリー作り

・ 大手化粧品会社が行なうプロによるメイクアップイベント

新しいことにチャレンジしたり、体のメンテナンスができる

美容関係で外側からの自分磨き、習い事や趣味を極めて内側からの自分磨き。また健康診断や歯科検診といった体のフォローにも使えます。


≪画像元:プレミアムフライデー推進協議会事務局≫

プレミアムフライデーの取り組みについては、プレミアムフライデー推進協議会事務局のHPを御覧下さい。

どんなふうに導入されるの?

ここではプレミアムフライデーを導入する企業の取り組み例を見ていきましょう。

大和ハウス

プレミアムフライデーの実施は、偶数月の最終金曜日

通常は9時から18時までの勤務(部門により異なる)
      ↓
プレミアムフライデーは8時から13時までの勤務へ

推奨されている15時までの勤務ではなく、13時までにすることで半日有休となり、その使い方の選択肢も増えるというメリットが期待出来そうです。

サニーサイドアップ

通常は10時から19時までの就業時間を
      ↓
プレミアムフライデーでは10時から15時までの勤務へ

更に初回となる2017年2月24日は非正規雇用社員を含む全メンバーに「プレミアムフライデー支援金」として3,200円を支給するそうです。

勤務時間は15時までですが、給料は通常勤務の19時までの分を全額支給するというのも嬉しいメリット。

浸透するのかしないのか…

官公庁や企業の中には月末の金曜日に有給休暇の取得を推進しようという取り組みを行なう所もあります。

忙しい月末の金曜日ということもあり、様々な事情から様子見といった企業も多いのが現実ですが、こういった取り組みが広く浸透していくことを期待したいところです。

現時点では未知数のプレミアムフライデー

人手不足が問題となっている飲食店の利用が増えることで、スタッフの負担が更に重くなり、人材の確保が厳しくなるのではないかという懸念の声も聞かれます。

飲食店を始めとするサービス業はもちろん、医療機関や福祉施設などでは実施が不可能と言われており、実際にプレミアムフライデーを導入できる企業や職種は限られてしまうという現実も否定できません

この取り組みが今後広く浸透するかどうかは、現時点では未知数と言えそうです。

「時間」について考える

未知数ではありますが、現在の働き方に一石を投じ、

「自分のための時間」
「大切な人との時間」

について、改めて考えてみる機会になることは間違いないでしょう。(執筆者:藤 なつき)