洋服とバッグの簡単なリメイク方法

洋服やバッグなど、ちょっと前までは気に入っていて何度も使っていたのに、最近は出番がない物はありませんか?

そのままフェードアウトさせるのは非常にもったいないですよね。

最近リメイクブームですが、是非チャレンジしてみてみませんか。

ちょっとだけ手を加えるだけでも、オリジナルの物に変わるので愛着もさらに沸きますよ。リメイクの方法をご紹介していきたいと思います。

デニム

リメイクと言うとデニム生地を思い浮かぶ方も多いと思います。そうなんです、1番リメイクしやすい洋服と言えます。

丈の長さを調節するだけでも立派なリメイクです。今は切りっぱなしのデニムが流行っているので、裾を綺麗に縫う必要はありません

足首が見える長さに切ってみたり、思い切ってショートパンツにしてみてもいいです。

切った後はそのまま履いてもいいですし、裾を少し折ってみてもいいです。なんとなくダサくなってしまったデニムでも、長さを買えるだけで急に今風に変わってくれますよ。

デニムスカートにする

求めるスカートの長さにデニムをカットして、ズボンの内腿部分を縫い目に合わせて切ります。

生地が足りない部分には、カットした裾の余りの生地を使ってスカートの形に縫い合わせるだけです。

スカートも裾を綺麗にせずに、切りっぱなしで可愛いスカートになるので、意外と簡単に仕上げることができます。

バッグ

布地のバッグであれば簡単にリメイクできます。可愛いリボンやレースやワッペンをつければ、それだけでオリジナルのバッグに早変わりするからです。

秘密兵器「裁ほう上手」



≪画像元:コニシ株式会社HP

今は針と糸を使わなくても簡単につけられる物があります。その名も「裁ほう上手」という物で、布専用の接着剤です。

それを使ってつけるだけなので、不器用な方でも楽しくリメイクをすることができます。

頑丈にしたければ、上からアイロンをして熱処理をすれば強力接着になります

流行の素材やカラーのリボンなどをセンス良くつければ、自分好みのバッグになってくれますよ。

裁ほう上手を真似した商品が100円ショップにも売られていたので、そちらを使えばより安くリメイクできます。出番のないバッグに一手間加えてみましょう。

無地のTシャツ

「裁ほう上手」で無地のTシャツをリメイクすることもできます。それだけでオリジナルTシャツの出来上がりなんですよ。

また、襟元や袖などを少しカットして好みの雰囲気に仕上げるとユニクロTシャツなどで安く買った物でも格を上げることができます。

洋服を小物へとリメイクさせる方法

次は、元の物から違う物に変えるリメイクをご紹介していきます。

基本的に服の生地を使って作ります。お気に入りの洋服の場合、生地が気に入っていることもありますよね。洋服として着ることができなくなったら、何かその生地を使って作れば、お気に入りになること間違いなしです。

小物であれば

・ シュシュ
・ ヘアゴム
・ 小さいバッグ
・巾着袋

が作りやすいです。材料費がかからないのに、可愛い物が作れます。

シュシュ

長めの長方形にカットした2枚の布の中にゴムを入れて縫い合わせるだけです。

ヘアゴム

生地をリボンの形に作り、ゴムに付ければ可愛いヘアゴムになります。もちろんバレッタや大きめのピンにつけても可愛いです。

小ぶりの物を作れば、人形用にもなります。子供と人形で同じヘアゴムを付けるととっても可愛いですよ。

簡単なバッグ

布を袋状に縫い合わせ持ち手をつければ出来上がります。

巾着袋

袋状に縫い合わせて紐を通す部分を作り、紐を通して結べば出来上がります。大きいものから小さいものまで作ることができます。たくさん巾着袋があると、部屋の片付けに非常に役立ちますよ。

小さいので手縫いでもOK

ミシンがあればもっと簡単に作ることができますが、小さい物なので手縫いでもそこまで時間をかけずに作り上げることができます。リメイク初心者は、ここからスタートするといいかもしれません。

大人用の服から子供用の服へリメイク

生地やボタンをそのまま使えば材料代はかかりませんし、小さい物なので十分一枚の洋服から仕上げることができます。

比較的簡単なのは、子供用ワンピースです。袖をつけると少し難しくなるので、袖なしタイプの物を作れば、夏場に大活躍してくれます。

自分が着ていた服の生地で作った服を子供が着ていると、とても嬉しい気持ちになりますし、感慨深くなります。

すぐに着られなくなる子供服

子供用に小さいバッグやおもちゃ入れ・小物入れを作ってあげると子供が喜んでくれますよ。

ハンドメイドの世界に足を踏み入れてみませんか

お気に入りだった洋服などはただゴミにしてしまうのは本当にもったいないです。是非リメイクしてみて下さい。

もし失敗したりイマイチなものが出来上がったとしても、材料費がゼロなのでそこまで悔しさは起こらずにすみます。作っていくうちに要領もよくなり、満足のいく物が出来上がるようになります。

最近では、インターネットでハンドメイドの物を売っている人も多く見られます。お小遣い稼ぎに販売してみるのも楽しいです。ハンドメイドの魅力に取り付かれるかもしれません。

ハンドメイドを始めると、物への愛着がガラリと変わります。物を大切にしようとする気持ちも生まれます。いい趣味にもなるのでお勧めです。(執筆者:小祝 可奈子)