「必要経費」の意味をご存知ですか?

税務上「経費」として処理されるものは、「仕事」= 利益を得るために支払った費用を指し「必要経費」と呼ばれるものがそれにあたります。

主な必要経費には、

・ 事務所経費
・ 消耗品費
・ 旅費交通費
・ 什器備品
・ 仕事に必要な資料や専門書
・ 専門誌や一般誌・新聞などの購入

も経費になります。

また、セミナーや勉強会の受講、通信教育など、業務に必要な知識を得るための支払い、事業税も事業に関する税金なので経費です

必要経費の水増し請求や到底必要経費とは認められないものを、計上して、問題になった政治家や経営者が昨今、ニュースで取り上げられています。

しかしこれは今に始まったことではなく、いつの時代も「必要経費」が取りざたされるのが現状でしょう

「事務所経費」の誤解

いちばん多い誤解、ある意味悪の温床になっているのが、「事務所経費」ではないでしょうか?

賃借している自宅をオフィス兼用にしている場合、支払っている家賃を経費にすることができますが、家賃を自宅として使用する部分とオフィスとして使用する部分に分けて、割合を計算する必要があります

ただし家賃と言っても配偶者や同居する親族などへの支払いは認められません

これは当然の常識だと思いますが、公私混同している例が数多見受けられます。

さらにいえば事務所で使用する電気・ガス・水道等の費用や、電話やインターネットなどの通信費についても、仕事とプライベートで割合を決めて計算するのが本筋ですが、きちんと行っている経営者ばかりとは言えません。

旅費交通費・交際費

仕事のための行き来に支払った電車やバス、タクシーなどの乗車代は「旅費交通費」として「必要経費」に該当します。(仕事に必要な物を購入する際の交通費も含まれる)

多くの経営者は正しく申告していますが、仕事と称して家族旅行、研修旅行と称して遊興のための旅費交通費になっているという例は、数え切れません

交際費は、外でのうちあわせ時のコーヒー代やランチ代なども、内容が仕事に関係すれば経費に該当しますが、認められないものも多いもの。

ですが、とりあえず飲食や遊興費はすべて領収書を頼み、但し書きには、会議費やお品代とする。これが現実ではないでしょうか?

中小企業の経営者が考えるべきこと

私自身中小企業の経営者ですから、利益を増やすためにはどうしたらいいのか? を考えると同時に、税金を適正に払っているかを頭に入れておかねばなりません。

利益を増やす合法的な手段として利用したいもののひとつが「節税」だからです。

なかでも扱い方ひとつで、節税の額が大きく変わってくるのが「必要経費」ですから、税理士や公認会計士さんに任せきりにしないで、自分でも正しく選別して合法的な手段を講じる心がけが必要でしょう

「必要経費だから」という甘い言葉に逃げないで!

経営者であろうと勤め人であろうと、仕事で使うものについての「コスト意識」を持つ。

それは主婦の方が家計のやりくりに知恵を絞ることと何ら変わりはありません。

「必要経費だから」を大義名分にして、無駄な出費をしない。

欲しい物と必要な物を選別する

それはどんな仕事、立場、環境にあっても変わらない賢くお金を扱うカギです。

次回は、「趣味をお金に変える発想で楽しく儲かる」です。お楽しみに!(執筆者:臼井 由妃)