「dカードゴールド」を作って年会費以上のお得をゲット【前編】 ドコモユーザーで家族4人なら年間3万円以上還元されることも»マネーの達人

「dカードゴールド」を作って年会費以上のお得をゲット【前編】 ドコモユーザーで家族4人なら年間3万円以上還元されることも

携帯電話は、「格安SIMにしたほうがお得になる」ということはもはや節約の定番、といえるほど頻繁に耳にする話です。

それでもやっぱり、近くに店舗があって何かあればすぐ聞ける気安さ、そして通信回線が安定していることなどから、大手キャリアを離れられない方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は2回に分けて、ドコモをお得に使いこなす必殺ワザをご紹介しましょう。




dカードゴールドを作ろう

ドコモには、クレジットカードが2つあります。

初年度年会費無料のdカードと年会費1万円のdカードゴールドです。

お得に使いたいなら、dカードゴールドを作ることをおすすめします。

でも…年会費1万円! 高いですよね、1万円は、節約には大敵と感じるほどの大きな出費です。

しかしdカードゴールドには、それに上回るメリットがあるんです。



≪画像元:dカード



dポイントを利用代金10%分ゲット!

dポイントゴールドを契約すると、dポイントクラブのステージは契約年数や使用料金に関わらず「ゴールドステージ」に優待されます。

そのため、月々の携帯代金の利用金額1,000円(税抜)につきdポイントが100ポイント、つまり10%がたまります

さらにドコモ光を契約していれば、その代金も含まれます

加えて家族カードを作れば、全員10%の還元が受けられます

ただし家族カードを作るのは1人分は無料ですが、2枚目以降は1枚発行ごとに1,000円かかります。


試算してみましょう

例えば4人家族全員ドコモユーザーで携帯代金1人につき7,000円支払っているとします。

年会費は4人分1万2,000円の支払いですが、還元されるポイントは7,000円 × 4 = 2万8,000円なので、毎月2,800円1年でトータル3万3,600円分のポイントが還元されることになります。

年会費1万円を引いたとしても、年間2万3,600円プラスです。

さらにドコモ光を契約し4,000円支払っているとすれば、月400円 × 12 = 4,800円がさらに加算されます。

ただし、携帯代金で加算されるdポイントは、各割引サービスの適用後の基本使用料、通話料などに限られており、携帯の機器代金やコンテンツ料金などは含まれません。


キャンペーンを見逃すな!



≪画像元:dカード


さらにドコモでは、契約すればキャッシュバックするキャンペーンを行っていることがあります。

まさに今、12月31日までに契約すれば、入会で2,000円分のiDと2万円のカード利用で8,000円分のiDへのキャッシュバックキャンペーンを行っています。

年会費分が浮いてポイント丸々ゲットできてしまいますよ。


支払い方法も吟味して

さらにお得に使いこなすために忘れてはいけないのは、携帯の支払い方法です。

dカードゴールドである必要はありません。手持ちの還元率の高いカードを利用すれば、もっとプラスアルファが期待できます


ユーザー歴16年の筆者の場合は

ドコモユーザー2人の我が家は、ひと月大体1万5,000円の携帯代金とドコモ以外のネット通信費として約4,000円で計1万9,000円支払っています

ところが今回ドコモ光とのセット契約を試算すると…携帯1万3,000円、ネット3,000計1万6,000円になる予定です。

3,000円近く節約できることが判明しました。ユーザー歴の長い方は特にメリットが大きいです。ぜひ、試算してみてください。

高いと言われるドコモでも、今までよりも節約できると実感です。

次回の「後編」では、さらにお得に使いこなせるワザをご紹介します。お楽しみに。(執筆者:吉田 りょう)

「dカードゴールド」を作って年会費以上のお得をゲット【後編】dポイントを家計に還元できる4つの使いこなし術

この記事を書いた人

吉田 りょう 吉田 りょう»筆者の記事一覧

働くシングルマザーです。息子二人を大学卒業させるため、さまざまに工夫をこらし勉強しました。節約は勉強したものだけに与えられるご褒美です。リアルな情報、実際に使える情報にこだわってお届けしたいと思います。
<保有資格>
「登録販売者」、日文コンサルタント協会 着付1級講師

【寄稿者にメッセージを送る】

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ