円だけで大丈夫? 日本人が資産を安全に保有するため1番にやるべきことは「外貨資産の保有」

「今すぐ、外貨を保有すべき」

と言う記事を目にしたことがある方が多いと思います。

「私は日本で暮らしているから、円だけで生活しているんだけど…」

「外貨を手にするのは、海外旅行する時だけ」

などと、もう言ってはいられない時代になってきていますね。

「普通に日本で暮らす日本人も外貨を持つことが必要」ということを皆さんも思うようになっていらっしゃるのではないでしょうか?

外貨を持つべきだという理由は、円安のリスクが現実的になってきているからなのです。

円安とは、円の価値下がってドルの価値が上がることです。

そのため、今から円資産の価値が下がる状況の中で、自分の所有してる資産の目減りを防ぐ最も手っ取り早く確実な方法は、「外貨を保有する」ことです

外貨を保有することに抵抗を感じる方もいらっしゃるのかもしれません。

これまでずっと円だけの資産を持っている方だと、為替リスクのことが気がかりという理由で、つまり、円資産が減るのではないかということで、外貨の保有を恐れている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、円の価値が下がってきている傾向にある現在、円だけで資産を持っていることは大変危険なことなのです。

為替の現在の状況ではドルと円の金利差の表れによって、ドルが今後さらに上昇していく傾向にあります。

つまり、さらに今後、円安リスクが高くなっていきます

では、円安つまりドル高になるのが現実になってきている中、それに対してどう行動していけばいいのでしょうか?

今回は、「今やっておくべき外貨の保有」について、お伝えさせていただきます。

世界の金融の中心は「ドル」

お金は大切なので、どうすれば最も安全な形で保持できるのかを考えますね。

そういう観点で言えば、世界の基軸通貨である「ドルでの保有」をすることが一番です。

世界の金融の中心が「ドル」なので、「ドルでの保有」をしておくことはまず一番先にすべきことです。

この点が、私が今回最もお伝えしたい点です。

日本は近年、海外との関わりが増えてきていますので、これからの経済は海外との取引が中心になり、その決済通貨は「ドル」ですから、さらにこれからドルの重要性・必要性が高まっていきます。

私はマレーシアで生活していることもあり、マレーシアリンギットを多く保有し、高い金利の恩恵も受けています。

しかし、最近になって大手の金融系会社に勤務する方からうかがった、ある情報によって考え方が変わりました。

その情報とは、マレーシアの対外的な取引も全てドルで行われているということです。

マレーシアリンギットの対ドル為替の変動リスクを考慮し、ドルで決済をしているというのです。

資産を安全に保有するためにドルをもっと多く保有する必要がある

これを聞いて実際、これからも世界のビジネスの取引にはドルが決済通貨として使われますので、資産を安全に保有するためには、ドルをもっと多く保有する必要があると強く感じました。

その後、マレーシアに住んでいる個人資産家の方々も会ってお話しする機会を持ちました。

皆さんマレーシアに住んで3年以上になる方ばかりでマレーシアに今後も長く住むご予定だということ。

ですが、共通しているのは全てお金の計算については「ドル」で計算するようにしているということなのです。

そして、さらにマレーシアで長い間金融の勉強をされ、投資アドバイザーをされている方とお話しする機会があったため、この事をお話ししてみました。

すると、「資産を安全に保有する観点からいえば、ドルで保有しておくことが一番安全といえますね」という答えがやはり返ってきました。

ちなみに、その方に「円を保有しているか」について質問すると「ほとんど持っていません」とのことでした。

もちろん、お話をうかがったのがマレーシアに在住している方達ばかりのため、ふだん円にあまり縁がないということがあります。

しかし、ドルでお金を計算することが大切だということを教えていただいて考え方が変わりました。

私はお金を効率よく増やすことを優先してきたこともあり、さらにマレーシアで生活していることもあって、マレーシアリンギットでの資産の保有を最近メインにしています。

しかしこれは安全面からいうとベストではないと強く感じました。

投資や資産は分散すべき

投資や資産は分散すべきだといわれています。

分散投資の大切なポイントは、

「一つのかごに卵を入れるのでなく、分けて入れることが大切」

とよくいわれています。

分散投資するにあたって、中心となる通貨・資産をしっかり考えるべきだと思います。

外貨には他に比較的安全な、豪ドル、ポンドなどもあります。そして、現物資産として「金(ゴールド)」もおすすめと言われます

しかし、やはり資産の中心は、「ドル」で資産を持つことなのです。

ちなみに、私が資産の一部を「ドル」で保有している方法は、10年前から娘の学費に充てる保険をドル建ての保険で積み立てていることだけです。

私自身、ドルの保有は、まだこの程度であるため、今後は資産の割合をドルに何回かに分けて移行していこうと考えています。

そうすれば、今後円高になっていったとしても、資産の目減りは避けられると思っています。

円を保有するリスクを高くしているもの

日本の借金問題

大切なお金を円だけで持っていて大丈夫なのか、心配になる理由の大きな理由は、2015年3月末の時点で1,000兆円を超えた1,053兆3,572億円という膨大な日本の借金の問題です。

この額には、国内の国債による借り入れだけでなく、日本の借入金も含めています。

日本の毎年の国家予算は、歳入で歳出をまかない切れていないため、42兆円以上の国債を発行しています。

もしこの状態が続けば、あと6~7年で国の借金と金融純資産が逆転をしてしまうことになると言われています。

日本の医療制度が2025年に崩壊する恐れがあると言われていますが、その前に日本が完全な債務国になってしまうわけです。

「金融純資産」は、国民の持っている金融資産1,600兆円からローンを差し引いた、純資産のことで、約1,300兆円程度です。

日本は、毎年国債を追加で発行していることによって生きながらえているのですが、いつかは日本の銀行が保有している国債を売却することになります。

その際、日本の国債の利払いが増加することになるので、その分また通貨の国債を発行することになりますので、さらに借金が増えて、日本が持っているいる資産(金融純資産)ではカバーできなくなります

この日本の国債・借金の問題は、すでに大きな問題となっており、いずれはさらにいろいろな側面に現れてくると言われています。

さいごに

以上のようなことを踏まえて考えると、将来に備えるためにお金を円のまま持っていることは結構危ないことだと言えます。

今後の為替の動きは、現況から予想することができても、誰にも断定することはできないため、それならば「円安になる方に50%、円高になる方に50%」というように考え、半分の資産だけでも円 → ドルに換えておくといいのではないかと思います。

皆さん、円だけの資産を所有していることが不安になってきませんか?(執筆者:鈴木 美代子)

この記事を書いた人

鈴木 美代子 鈴木 美代子»筆者の記事一覧 (7)

1972年生まれ。3年前より家族で常夏のマレーシアに移住。フリーライターとして仕事しながら東南アジアでのビジネス展開を計画中。資産運用歴は5年。10年以上の営業経験と現地での生活を元に様々な記事を執筆。中国系、マレー系マレー人と楽しく海外生活を送っている。趣味は水泳、ラインダンス。特技は、英語とマレー語でたくさんの人とコミュニケーションをとること。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ