【今週の日経平均を考える】12月相場入り、目先の高値更新あるのか。»マネーの達人

【今週の日経平均を考える】12月相場入り、目先の高値更新あるのか。

12月の初日に上放れとなり、年末の動きとしては幸先良い動きとも思えますが…なんとも言えない状況です。

このまま、上放れし11月の高値にチャレンジし上抜くのか?
チャレンジだけで頭を押さえられて、BOXの雰囲気を出すのか?
高値切り下げしてダブルトップを作りに行くのか?

現段階では、判断が苦しいところです。

現状の与えられたチャートから見えることは、11月17日の高値を12月1日に上抜けたことで切り上げ型の三角保合い上放れが起きています。

したがって上を向いているという現実はあります。

しかし 寄り付き段階で窓空け上放れとしていたにも関わらず、窓埋めして下髭を作るという展開は、気持ちのいい上放れと言える状況にはなりませんでした。

火曜日に気持ち押したものの、それ以外は終値ベースの切り上げは起きています。



逆にチャートを視覚的に見ると、陰線優勢の陰線勝ちとなり、上値がなんだか重いのだろうと思わせるチャートに見受けられます。

見える材料としても、迷わせるものが多く、上下の方向感を思わせる確率高い条件はなく、ただただ迷わされるチャート形状と言えます。

もちろん常に言っていることですが、迷いなく 上だ 下だと言い切れるチャート形状のタイミングは、ほぼないという現実もあるのですが…

上放れに対してのファンダメンタル的な見解は、米国の法人減税への見通しがメインの材料であることと、今月実施予定の利上げからくる円安要因もあるかと考えます。

この要因だけで目先の高値更新があるか?

正直微妙なところですが、ないとは言えないので買い玉の割合もキープが必要と考えます。

例年の動きとして、「11月末から12月半ばまでは上がりやすい時期に入る」という展開を地で行くような動きをしています。

例年通りであれば、後2週間ほどの上げ下げしながら、上げ基調が望めます。

幅次第で高値更新もあり得る話ですが、私自身は高値更新の要素が今見えるものとしては足りないと考えます。

やはり当面揉みあいのBOXになるだろうというのが今、思うところです。上が11月の高値で下が11月16日の安値と想定します。

その想定であれば、売り玉を打診的に入れる(まだ上はある。)位置かと考えます。

結果は、未来にならないとわからない事ですが、根拠をもって動き 想定できない事が起きたら速やかに逃げるというのが私のスタイルですので、現状の揉みあい前提と考えると今の動きは想定内となります。


現状分析



5日線


一週間を通して上向きでほぼ上を推移し週末は上に乖離しています。

この動きからは短期的には完全に上向きと考えます。

25日線


変わらず上向き維持しており位置としても上の乖離を維持した一週間でした。

対25線との位置関係としては、グランビルの買いの3をイメージさせる動きですが、一気に25日線を割り込んで勢いつく可能性もあるので、上放れをしていくという断定は出来ない状況です。

75日線


変わらず上向きで上への乖離維持です。

トレンドライン


9月8日と11月16日の安値を結んだラインが機能してきましたが、週明けの寄り付きで押したところが、トレンドラインブレイクの可能性があるので、引けを見て多少気持ちを寄せる必要が出るかもという状況です。

ただBOXであれば切り上げ切り下げのトレンドラインは機能しないので、断定は厳しいかと考えます。

そして同じポイントに25日線もいるのでここも注目です。

さらに下には、直近安値11月28日安値とその下が11月16日でさらに下は、10月20日の窓の所が抵抗帯となると考えます。

上に関しては、切り下がりのラインは設定するたびにブレイクで、上は11月9日の高値の横軸がポイントになると考えます。

ここを上抜けたときは上への加速が期待されますが、どうなるでしょうか?


テクニカル指標


一目均衡表


上昇トレンドの形状で特に感じるものは見えないという認識ですが、一目理論の日柄で見ると天井つけてから金曜日が16営業日なので基本数値の17日の誤差一日で天井となるかもという考えと、この後26日営業日が12月15日金曜日ここまで上げるという発想とそこまで下げるという発想が出てきます。

さてさてどうでしょうか?

ボリンジャーバンド


収斂が継続する中 わずかですが+2σが向きを変えました。

この段階で向きを変えるとなると収斂中となるので、横ばい示唆と考えます。

まだ、情報としては不確定というか薄いと考えるので「かもしれない」レベルと考えます。

スローストキャスト


2本のラインが上げている最中のデットクロスとなり、トレンド崩すかと思わせてすぐゴールデンクロスとなって、逆に強さをイメージつけています。

次のデットクロスの位置がかなりポイントになると考えます。


総合判断


未だ上昇トレンド継続中でトレンドは明確には崩れていなく、この後の展開としては、まずはBOXに入っている可能性がすでにあり、その後の展開として下離れの時には下落入りとなるのですが、今のところ上昇か? BOXという展開と考えます。

ここから年末まで限られた時間となります。自身の決めた今年の目標を再度思い出し年末の大納会の日まで出来ることをしっかりやり切りましょう。

そして週明け、押したところでまずは5日線、トレンドライン維持するか、しっかり見極めたいと思います。(執筆者:城 晶子)

この記事を書いた人

城 晶子 城 晶子»筆者の記事一覧 http://www.traders-academy.jp

トレーダーズアカデミー インストラクター
お金のプロといわれるファイナンシャルプランナーの資格を活かし、ギャンブルではなく資産運用としての株式投資をしっかりと確立。「上げでも利益を取り、下げても利益を取り、更に株主優待も取る」をモットーに、女性目線でわかりやすく相場の現状と先行きを伝える現役のトレーダー。
<保有資格>:ファイナンシャルプランナー2級 AFP 終活ライフケアプランナー

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ