共働き家庭でもできる「放りっぱなし」資産運用の結果報告(6) 2018年2月編

ロボアドバイザー投資、好調です

昨年11月にも報告した「放りっぱなし」資産運用の経過です。

30代で共働き、子供が3人いる我が家。

資産運用をはじめたいけど、検討する時間がない!という日々から、「放りっぱなし」にできる資産運用先を見つけて投資するように。

3か月ごとに運用成績を報告させてもらっています。まずはロボアドバイザー投資のウェルスナビです。(記事執筆は2月6日の日経暴落前)

ロボアドバイザー投資のウェルスナビの運用成績


≪画像:ウェルスナビより≫

運用成績ですが、2017年5月は5,909円、2017年8月は8,732円、2017年11月は3万6,867円の利益が出ていました。

2018年2月は4万5,715円の利益。

利率になおすと+ 11.15%です。景気がよいだけあって、かなり順調です!

利率が10%超えるとか、銀行に預けていたら絶対にありませんよね。

順調なので、今月より毎月の積立投資額を5,000円増やし、1万5,000円に変更しました。

今、投資すべき! と分かっていても、日々やるべきことが多く、なかなか資産運用まで手がまわりません。

口座引き落としは本当に助かります積立額の変更も、WEBから30秒ほどでできました

目標資産運用期間は2037年。

ウェルスナビで設定しているリスク許容度5/5と、最も「攻め」のポートフォリオをくんでいることもあり、合計273万円の投資額が19年後には、24%の確率で678万円以上になるそうです

上がり下がりはあると思いますが、楽しみに待ちたいと思います。

クラウドバンクで運用期間が終了し、無事に全額償還されました

昨年、クラウドバンクで太陽光発電に投資をしました。

20万円の投資を2つのファンドに、合計40万円

途中で予想外の償還があったため、償還金を別の太陽光発電ファンドに10万円投資しました。

そして気が付けば、最初に投資した太陽光ファンドの運用期間が終了しており、無事に全額償還されていました

運用中が10万円、口座残高が31万491円となっています


≪画像:クラウドバンク 総資産推移≫

クラウドバンクで投資をはじめたのが2017年3月。最初に分配金を受け取ったのが2017年5月。

今のところ、40万円の投資で1年弱で1万491円の利益です

約1年投資したと考えると2.6%の利率になります。

償還に気が付いておらず、投資にまわせていない期間もありますので、しっかり管理できていればもう少し運用実績はよくなるかもしれません。

ただ日々何かとやることがあり、償還のメールがきてもログインして確認するまでできないので、これが限界かなという気もします。(ずぼらな性格ゆえですね…)

利率2.6%でも銀行預金に比べるとかなり良いですし、ちゃんと全額償還されたのは信頼度が増しました

さっそく、口座にある30万円を使って再投資します。

またの機会に…と思っていると、あっという間に時間がすぎてしまいますので、今すぐやります。

募集中のファンドを見ると、4か月で利率7.0%という太陽光ファンドがありました

個人的に投資期間が短いほうが安心感があっておすすめです。こちらに30万円投資したいと思います。

投資した30万円はいったん投資申請額に計上されます。


≪画像:クラウドバンクより≫

クラウドバンクで1年間投資をしてみて、実際に分配金も受けとり、投資した額も全額償還してもらうことができました。

WEBの画面も見やすく、操作性もよい、ということで、今年はあと10万追加で出資し、合計50万円でをクラウドバンクで運用したいと思います

世間を騒がせているビットコイン。さていくらになっているでしょうか?

最近世間を騒がせているビットコイン。値動きをみてみたいと思います。

最初5,800円ほどで購入し、その後、毎月2,000円積立投資をしています。

投資金額の合計が1万円弱で、現在1万555円です。


≪画像:Zaifより≫

一時期ほどのお得感はありませんが、ビットコイン(仮想通貨)の市場は相対的に値上がりしているので、長期で保有すれば資産価値としては上がるのではないかと思います。

ただ、値動きも激しいですし、余剰の余剰資金でするくらいのほうがやはりよいと思っています。(執筆者:村居 裕子)

この記事を書いた人

村居 裕子 村居 裕子»筆者の記事一覧 (18)

3人の子供を持つ主婦兼ライター。大学卒業後。新入社員当時から財形貯蓄をしたりと、貯金が好きな性格。貯金にこだわるあまり、気持ちよくお金を使えないというジレンマに気付き、しっかり貯金をしつつ、楽しくやりたいことはする!という生活をめざしている。子供を持つ主婦目線で、少し工夫で簡単に節約できるコツを書いていきます。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ