「バーゲン」という言葉は好きですか?

多くの女性が「YES」と、この質問に答えると思います。

では、バーゲンの「買い時」はいつだと思いますか?

多くのお店では、

プレセール → 本セール → 再値下げ → ファイナルセール

といった具合にセール期間でもいくつか段階があるようです。

お得に、確実に狙った服をゲットするにはどうすればいいのでしょうか

セール前に欲しい服を確認し、店員とも面識を持っておく

バーゲン前に目当てのお店を下見しましょう

欲しい服が残っているかということはもちろん、試着もしておき、バーゲンの時にすんなりと買えるように準備しておきます。

また、何回か通って店員と仲良くなっておけば、いつからプレセールをするかといった情報を手に入れられることも

さらにその店の常連であれば、通常価格商品をセール時までこっそり取りおいてくれることもあります

店長など、立場が上の人間と仲良くしておくのがポイントです。

絶対に欲しいものはプレセール・本セールで

よりお得になるのを待っていたい気持ちもわかりますが、良いものはやはり早く売れてしまいます。

「欲しかったのに売り切れてしまった…」ということを防ぐには、プレセール、遅くても本セールまでにゲットするのが良いでしょう。

商品にもよりますが、20~30%OFFの時が狙い目です

売り切れていた場合、他店に取り置きを頼むことができる場合も

欲しかったのに買い逃した! という場合、他店に在庫があれば取り置きをしてくれる場合もあります

自分で他店まで取りに行くか、近くのお店まで運んできてくれるかはブランドによってさまざま。

もちろんこのシステムがないブランドもあるので、どうしても欲しいものはセールが始まったら早めにゲットしてしまいましょう

「まとめ売り」、「値下げ × 値下げ」= 不用品になる可能性大

セール終盤になってくると「3つでいくら」といったまとめ売り商品が多くなってきます。

また「70%OFFのところからさらに30%OFF」なんていう紛らわしい値引きをされた商品も出てきます。

まるで100%OFF(無料)のように聞こえますが、実質は

1 × (1 – 0.7) × (1 – 0.3) = 0.21

元値の21%の値段(79%OFF)です。

こういった誘惑に負けて「なんとなく安いから」で商品を買ってしまうと、結局使わない = お金をドブに捨てたのと同じことに…。

安さだけに気を取られず、それを実際に使っているところを想像しながら購入するとうまくいきます。(執筆者:上坂 亮子)