玄関のカギが…

鍵がまわらない

私がこの前、子どもを園に送って家に帰り、玄関を開けようとしたときのことです。

なんと玄関の鍵が開きません。

鍵をさしても全く回りません。

思えば1か月くらい前から…

「なんだか調子が悪いなぁ」

「鍵を回すときに引っかかる感じがあるなぁ」

とは思っていたのですが、そのうち直るだろうと何となく放っておいた結果がこれです。

鍵の修理業者に電話

家に入れないとどうにもならないので、スマホを使って「30分以内に駆け付けます」とうたっている鍵の修理業者に電話しました。

焦っていたので検索して一番上に出てきたところに依頼をしました。

修理業者が来るのに1時間近くかかるというアクシデントもありましたが無事到着され、外からピッキングのようなもので開錠していただき、中に入ることができました。

鍵穴もチェック

業者はドアの内側から巧みに鍵穴を取り外しました。

「こんなに簡単に鍵穴ってとれるんだ」

「鍵穴がはまっているところは丸い穴が開いているんだな」

とのんびり見ていました。

診断は「鍵穴の中に細かなごみが入ってしまっているから開かなくなった」というものでした。

鍵自体が壊れたのではないんだな、と安心…

業者をよんで鍵を開けてもらう

安心したのもつかの間

「鍵穴・鍵本体ごと交換するなら5万円、鍵穴の掃除をして再び取り付けるなら2万2,000円です。

ただし、掃除だけした場合、またすぐに同じようなことが起こるかもしれませんよ」

と言われたのです。

ホームページには「鍵の修理:4,000円~」と書いていたのでびっくりして、言葉を失ってしまいました。

しかし、背に腹は代えられないと思い、修理の方でお願いしました。

業者の方はちょっと不機嫌に見えました。

安易に業者を選んだのがそもそもの間違い

後でわかったのですが、この業者はぼったくり業者みたいです。

Twitterでたくさん

「高すぎた」

「足元を見られた」

「後で他の業者に連絡してみたら、その半額でできる、と言われた」

といった類の口コミが出てきたのです。

冷静になれず大失敗

ぼったくり業者に遭う

「鍵が開かない」という焦る状況を巧みに利用され、悔しくてなりません。

悪質な業者に引っかからないためにも、

何かあったらまず落ち着く

これを徹底するべきですね。

そうすれば修理費用は半額で済んでいたかもしれません。

鍵穴のメンテナンス

中に入ったごみを定期的に掃除機で吸い出すと長持ちするそうです。

また、鍵にも細かなごみが付着する(ポケットに入れておくと服の繊維が付くなど)ので、鍵本体もこまめに拭くのが良いようです。

この体験をしてからは、こまめに行うようにしています。

こうすれば鍵が壊れにくくなり、飛んでいくお金が減るはずです。

鍵のメンテも、冷静な判断も、これからは気を付けたいと思います。(執筆者:上坂 亮子)