コストコは、アメリカ生まれの大型スーパーマーケット。

倉庫型の店舗で、巨大なカートを押しながら好きな商品をピックアップしていく大胆なスタイルに、冒険心がくすぐられます。

コストコでは、ここでしか買えないオリジナル商品がたくさんそろっています

今回はコストコならではのアイテムの中から、「絶対買って欲しい」筆者おすすめの商品を5つピックアップしてご紹介します。

1. ディナーロール

コストコで絶対買いたいディナーロール

≪画像元:コストコスト21

朝食にはもちろん、子どもたちのおやつにもぴったりなディナーロール。コストコベーカリーの大人気商品です。

驚くべきはそのお値段。36個入りで498円、つまり1個あたりわずか14円という安さです。

ほんのり甘い味付けで、たくさん入っているにも関わらず飽きることがありません。

そのまま食べてもおいしいですし、切れ目を入れてサンドイッチにするのもおすすめです。

筆者はバターをはさんで軽くトーストするのが大好きで、2~3個ぺろりと食べてしまいます。

消費期限内に食べ終われなくても大丈夫、フリーザーバッグにつめて冷凍しておけば、長期間保存できます。

食べたいときは、電子レンジで数十秒温めるか、凍ったままトースターで温め返せば、おいしくいただけますよ。

2. ノルウェー産 アトランティックサーモンフィレ

コストコで絶対買いたいサーモン

≪画像元:コストコスト21≫

ノルウェーから空輸されているサーモンフィレです。

一度も冷凍されていないため臭みがほとんどなく、初めてお刺身でいただいたときは感動しました

100gあたり370円ほどで販売されています。

1kg以上がパックになっているので、すぐに食べない分は冷凍しておきましょう。

骨や皮などを取り除いてあるので、食べたい大きさにカットして、ラップして保存するのも手間がかかりません

わが家では、最初はお刺身でいただき、冷凍したものは少しずつバター醤油焼きにしたり、酒蒸しにしたりしています。

自宅で冷凍・解凍したとしてもうまみが消えず、さまざまな料理に応用できるので、冷凍庫にストックしておくと安心です。

3. プルコギビーフ

コストコで絶対買いたいプルコギ

≪画像元:コストコスト21

甘めの味付けで、アレンジ自在のプルコギビーフ

これさえあれば、夕食のプラス一品も楽々です。100gあたり150円ほどで販売されています。

そのまま焼いても良いですし、野菜と炒めればボリューミーな一品になります。

茹でたじゃがいもと炒めればB級屋台グルメのような味が楽しめ、もんじゃ焼きに混ぜても絶品です。

わが家では、山口県の郷土料理「瓦そば」を作るときに、このプルコギをよく使います。

瓦そばは、熱した瓦の上に茶そばと具材をのせて、温かいめんつゆで食べる料理。

自宅ではホットプレートの上で作るのですが、具材としてこのプルコギを炒めたものをのせると、プルコギの甘辛さが茶そばにぴったりと合い、箸が止まらなくなります。

こちらも小分けにして冷凍ができるので、ストック食材としてもおすすめです。

4. SCOTT SHOP ORIGINAL カーショップ タオル

コストコで絶対買いたいカーショップタオル

≪画像元:コストコスト21≫

車の清掃用タオルとして売られているこの商品。

わが家では自宅の掃除用品としても大活躍しています。10本入りで2,300円ほどです。

一般的なキッチンペーパーと比べると、肉厚でサイズも一回り大きく、強度も十分あります

水で濡らして軽く絞れば台拭きや雑巾としても使え、使い捨てタオルにも関わらず、汚れを水洗いして再利用することも可能です。

1枚で広範囲を一気に拭きあげることができますし、毛羽立ってぼろぼろになることもありません。

水も油もよく吸い、使い終わったらそのまま捨てれば良いので、掃除がとてもはかどります

アウトドアを楽しまれる方も多いかと思いますが、こちらのタオルを一本持っていくと、バーベキュー用品の片付けやキャンプ用品の清掃時に大いに役立ちますよ。

5. オキシクリーン

コストコで絶対買いたいオキシクリーン

≪画像元:コストコスト21≫

オキシクリーンは、洗剤と漂白剤成分が一緒になった万能クリーナーです。約5kgが1,900円ほどで売られています。

洗剤が汚れを引きはがし、漂白剤が汚れを破壊するため、強力な洗浄効果があります

通常の洗濯、つけおき洗い、食器の茶渋取り、シンクや浴室の掃除など、多目的に使えるのがオキシクリーンの強みです。

筆者のおすすめは、オキシクリーンを使った縦型洗濯機の洗浄です。

お風呂の残り湯を使い、お湯10Lに対してコストコのオキシクリーンをスプーン1杯分入れます

「洗い」コースで一度お湯を攪拌し、そのまま一晩(約6時間)置き、再度「洗い」コースで中を混ぜます。

この時点で洗濯機の中のお湯は真っ黒になり、わかめのような汚れが大量に浮かんできます。

その汚れをすくって、最後に通常の「洗濯コース」で運転をすれば完了です。

オキシクリーンを使うと、洗浄後の洗濯機の清潔さを、洗った衣類から感じられるようになります。

匂いでごまかさないクリアな洗いあがりになって、とても気持ちが良いです。

他の洗剤にはないこの爽快感が、オキシクリーンが手放せない理由の1つです

コストコは宝探し! お気に入りの商品を見つけよう

コストコのカートは大きいです

コストコの会員になるには、年会費として4,400円(税抜)が必要です。

「スーパーマーケットの入店にお金がかかるなんて!」と思うかもしれませんが、コストコにはその年会費を支払ってでも購入したいお得な商品がたくさんあります。

そして、巨大な倉庫の中をお得な商品を探して歩き回るのは、アトラクションのような楽しさもあります。

外国の絵本や大型遊具の見本、業務用の巨大なお菓子セットなど、わが家の子どもたちもコストコへ買い物に行くのが大好きです。

年間4,400円と聞くとなかなかの高額ですが、ひと月あたりにするとその額は400円弱

コストコに月に1回しか行かないとしても、その1回の買い物で十分元は取れるでしょう。

コストコが通える場所にあるという方は、ぜひお気に入りの商品を探しに行ってみてくださいね。(執筆者:青海 光)