香港・台湾・中国へ旅行に行くなら 知っておくだけでお得になる「ディスカウントワード」»マネーの達人

香港・台湾・中国へ旅行に行くなら 知っておくだけでお得になる「ディスカウントワード」

日本人の多くが訪れる中華圏(香港・台湾・中国)ですが、旅行中でもお得に買い物したいですよね。

中華圏では懸賞より、今その場で割引になるセールが盛んです。

知っているだけで、その場で得できるのが大きなポイント。

日本ではあまり知られていない、香港や台湾、中国では当たり前の「中華圏のディスカウントワード」をご紹介します。

香港、台湾、中国のお得なディスカウントワード


一つ買うと、もう一つ無料「買一送一(买一送一)」

中華圏で広く受け入れられているお得な買い方は
買一送一

これは「一つ買うともう一つもらえる」という販売方法です。

おまけが付いてくるという感覚ですが、同じ商品を二個もらえるという点の違いが大きいです。

スーパーや百貨店、ショッピングモールなどいろいろな場所で見かます。

例えば、お菓子が二袋一緒にテープで巻かれていて「買一送一」と書かれていれば、一袋分の値段で二袋購入できます。

ファッションブランドでもワゴン内のものすべてや、店内の指定スニーカーやパンプスが「買一送一」だったりします。

買一送一
≪買一送一≫

「買三送一」は、三つ買うと一つおまけという意味です。

同じ商品ではなく、別の商品が一つもらえるだけということもあるので、ご注意を。

もし不安なら、店員さんに「これ一つ買うともう一つもらえるの?」と聞いてみましょう。

大きな文字で「买一送一(mai yi song yi マイ イー、ソン イーと読む)」と書かれていたら、ぜひ注目してください!

買二送一
≪買二送一≫



中国語特有の割引表示に注意 「〇折」

7折セール
≪7折セール≫

バーゲンやセールで見かける割引表示ですが、少し気を付けたい点があります。

「7折」という表示は、「30%オフ」という意味です。

「折」の意味は、「…掛けにする」なので、
7割がけ=30%オフ
になります。

眼鏡50%オフ
≪眼鏡50%オフ≫

割引の表示が日本と反対なので、「9折だから90%オフだ!」とレジに持っていき、10%オフだったとがっかりすることがないように、気を付けましょう。

逆に「1折」は90%オフなので、見逃せません。

店内全品70%オフ
≪店内全品70%オフ≫



二つ購入すると、二つ目は半額「第二件〇折」

よく見かけるのは、一つ目は正規の値段で、二つ目は半額(割引)になるという販売方法です。

マクドナルドやケンタッキーで、人気のデザートはよくこのキャンペーンをしています。

例えば、ソフトクリーム2つで1.5個分の値段(5元+2.5元で7.5元)や、コーヒー2杯目半額(13元+6.5元で19.5元)など少しお得に購入できます。

デザートだけでなく、さまざまなお店で同様のセールが行われています。

二つ目半額
≪二つ目半額≫



まとめ

いかがでしたか?

日本とはちょっと違ったディスカウントワードかもしれません。

でも、知っていないと絶対損をします。

中華圏のセールポイントを覚えて、ぜひ旅行中に役立ててみてください。(執筆者:桜井 まき)

この記事を書いた人

桜井 まき 桜井 まき»筆者の記事一覧 (20)

これまで美容関連、グルメ記事や旅行関連記事など多岐にわたる記事のライティングまた、中国語翻訳に携わる。夫の仕事の関係で中国と日本を行き来する生活をはじめ、年に数か月主に中国の南方で生活している。女性ならではの視点で、今の中国を紹介する。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
香港、台湾、中国のお得なディスカウントワード
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ