宅配クリーニングの無料「長期間保管サービス」でクローゼットをスッキリさせる。»マネーの達人

宅配クリーニングの無料「長期間保管サービス」でクローゼットをスッキリさせる。

最近、忙しい人たちに人気なのが宅配クリーニングです。

自宅から宅配で衣類を送り、業者がクリーニングした後、また自宅まで宅配してくれるので助かります。

スーツを何着も運ぶのはかなり重いし、冬物のダウンコートやロングコートはかさばって運びづらいものです。

そして、現在、宅配クリーニングをするだけではなくそれにプラス長期間保管をしてくれる「保管サービス」をする会社も増えています。

しかも、無料で長期間保管してくれる会社も多くおすすめです。

衣替えも面倒だし、クリーニングして戻ってきた衣料をクローゼットに保管するとパンパンになってしまうという悩みを抱えている人もいるはずです。

今回は、出した衣類を長期間保管してくれる宅配クリーニングサービスの賢い利用方法についてご紹介します。

宅配クリーニングサービス


宅配クリーニングサービスで、衣類を長期間保管してもらえるってホント?

宅配クリーニングサービスに出した衣服をそのまま長期間保管してもらえるとありがたいですよね。

そして、現在多くのお店がこれを無料でやってくれます。

かさばる衣類を宅配で送ることができ、必要な時期になったらクリーニングされてきれいになった状態で送り返してもらえます。

特に衣類の冬物は、ダウンコートやロングコートなどクローゼットの中を占領しがちなアイテムが多いです。

これらを着ない間、預かってくれると本当に助かります。

忙しい人や自宅のクローゼットにスペースがなくて困っている人にはおすすめのサービスです。


長期間保管サービスを依頼するには

では、クリーニングに出した衣類をクリーニング店で保管してもらうには、どのような手続きをすればいいのでしょうか?

たとえば、長期間保管サービスを行っている多くの宅配クリーニング店の場合、次のような手順で手配することができます。
1. ネットや電話などで申し込む

2. その後衣類を送るためのキット、あるいは段ボールが配達されてくる

3. 業者側が送ってきたキットを使って衣類を宅配便で送る(段ボール箱持参の宅配業者がやって来て、その場で詰めて持ち帰ってくれる会社もある)

4. 預けた衣類は、会社が設定した期間内なら利用者の希望時期に送り返してくれる
このような手順となっています。

気になる保管期間ですが、これは会社によりさまざまです。

ただ、ほぼ6か月~9か月の間保管してくれる会社がほとんどです。

つまり、春に送ったら秋に送り返してくれるというようなイメージになります。

クリーニングに出して必要になった時期に返却してもらえるというのは、利用者にとって本当にありがたいことですよね。

宅配クリーニングサービスのリナビス




料金体制には2タイプがある

保管サービスをしてくれる宅配クリーニングサービスの料金体系には2タイプがあります。

具体的には「パック料金タイプ」と「個別料金タイプ」があり、依頼する側のニーズに合わせて選べます。

「パック料金タイプ」とは


「パック料金タイプ」の場合は枚数が決まっていて料金は定額です。

たとえば、5枚パックでいくらと価格が枚数で決まります。

このタイプのメリットは、多くの場合、高級ブランドの衣服やダウンジャケット、ロングコートなど値の張るタイプのものも割増料金無しで1枚として数えられます。

しかも送料込みであることが多く、お得感があります

「個別料金タイプ」とは


「個別料金タイプ」の場合は送る枚数によってそれぞれ値段がつきます

メリットは送る枚数を気にしないでいいことと、ワイシャツなど安価でクリーニングしてくれる衣類はパック料金タイプより安くクリーニングしてもらえます。

ただ「個別料金タイプ」は保管サービスを利用するというよりは、日常の衣類向けに有利な料金体系と言えるでしょう。


希望に合わせたプランがある

また、宅配クリーニングの保管サービスにもさまざまなプランがあり、「普通のプラン」と「さらにグレードアップしたワンランク上の仕上がりを希望する人のためのプラン」があります。

「グレードアッププラン」になると少しコストはかかりますが、仕上がりにこだわりのある人にはおすすめです。


ちゃんと保存され、きれいな状態で返ってくる?

心配なのはちゃんときれいな状態で戻ってくるかどうかですが、多くの宅配クリーニングサービス店は、クリーニングをした後、独自のシステムでしっかり保管してくれています。

しかも、無料でシミ抜きをするサービスをしている会社も多いです。

保管する環境も除湿やカビ防止対策、遮光もしっかりなされた専用ルームなどで保管されているので安心しておまかせできます。

さらに、シワもなくきれいな状態で戻してほしい場合は、有料になりますがハンガーBOXに入れて返却してくれる会社もあります。

宅配クリーニングサービスのリアクアのハンガーBOXオプション




「お試しトライアル」を利用して格安で試してみる

多くの宅配クリーニングサービスの中には、格安で試してみることのできる「初回お試しトライアル」サービスを設定している会社も多いです。

不安な人はとりあえず、この「初回お試しトライアル」でどのような感じなのかをチェックしてみるのもいいでしょう。


注意点

長期保管サービスを利用する上で、注意点もいくつかあるのでそれらも覚えておきましょう。

1. 取り扱いをしている衣類かどうかを、しっかりチェックしてから送る


業者側が「クリーニング不可」と明示しているものを送った場合、返却品扱いとなり送り返されます。

またその時には、別途送料がかかります。

あるいはクリーニングしないまま保管し、クリーニングしたほかの衣類と一緒に返却するという会社もあります。

ですから、必ず送る前にその衣類や素材についてその業者が取り扱いをしているのかどうかをチェックしてから送りましょう。

2. 一度送ると最短でも1か月後にならないと戻ってこないので、急がないものだけを送る


宅配クリーニングサービスという性質上、送ってすぐにクリーニングして返却してもらうということはできません

その点を理解した上で送りましょう。

3. 送ってもらいたいときは早めに連絡する


設定された時期より早く送り返してほしい場合は、少なくとも2週間前には連絡しましょう。

依頼してから自宅に届くまでにそのくらいの期間は必要です。

保管してもらっている衣類が必要になる時期を早めに見越して連絡することが大切です。

また、送り返してもらう時には一度にすべて送り返してもらうことになり、その中から一枚単位などでの返却依頼はできません。

家事の宅配カジタクのクリーニングサービス



4. 依頼が殺到した場合は保管を中止することもある


どんな会社にも保管するスペースには限りがあり、それを超えてしまった場合「長期間保管サービス」を中止することがあります。

ですから、できるだけ早めに依頼することが大切です。

クローゼットに余裕がなくて困っている人や衣替えをラクに進めたい人は、これらの注意点に留意しながら、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

少しコストはかかりますが、衣替えがラクになり、しかも自宅のクローゼットがスッキリしていいこと尽くしと言えるでしょう。(執筆者:桜田 園子)

この記事を書いた人

桜田 園子 桜田 園子»筆者の記事一覧 (35)

通信添削の赤ペン先生を30年間続ける傍ら、フリーライターのお仕事もしている主婦です。どうやったら物を安く買えるか、また、間違った買い物をしないテクニックなどについて日々ひそかに研究中です。私が発見したさまざまな節約の知恵をご紹介できたらと思っています。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
宅配クリーニングの長期保管サービスが便利
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ