「家事with美容」「睡眠with美容」 お金をかけずに、隙間時間でキレイになる6つの美容法。

1日24時間ではキレイになる時間がない

主婦は時間がない

現代では昔と比べて家事がラクにはなっていますが、毎日やらなければいけないことがなんだかんだとあって時間も思いのほか取られます。

仕事をしていたり、子育てしていたり、はたまた仕事と子育てを両立している人だってたくさんいます。

なかなか自分に向き合う時間が取れない方も多いのではないでしょうか。

自分を磨きたくても、キレイになりたくても時間を作るのがとても難しいですよね。

1日24時間と決まっていて1日の時間の延長が絶対にできません。

どうやってキレイになる時間を作ればよいか

それは、隙間時間やながら時間を上手に利用してキレイになれることをすればいいのです。

あえての時間を頑張って作らなくても、キレイになれる作業ができるんです。

そのちょっとした時間を使うことで、効率の良さにも満足ができるので気持ち的にも潤うことができます。

今回は、ちょっとした隙間時間などに簡単にできて効果のある美容法をご紹介していきたいと思います。

家事は避けては通れません。その時にもできてしまう美容法があります。

家事with美容1:ダイエットスリッパ

ダイエットスリッパを履いて家事

「ダイエットスリッパを履きながらの家事」です。

ダイエットスリッパは100円ショップにも売っているので(ダイソーでは200円)、安く簡単に購入できます。

デザインを重視したい方は、しまむらやニトリでは500円前後でかわいらしいデザインの物を購入できます。

効果は抜群

筋トレ効果があってダイエットできるのはもちろんのこと、背筋が伸びるので姿勢まで良くなります。

またふくらはぎの運動量が増えることで、むくみが解消されたり足の冷えも改善される効果が期待できます。

ツボ押しが付いている物や、O脚矯正や骨盤矯正を一緒にしてくれるタイプの物もあるので、自分に合う物や効果を期待したい物を選んで使ってみてください。

家事with美容2:ハンドクリーム

手袋をして家事

「ハンドクリームをつけて使い捨てビニール手袋をつけながらの家事」です。

家事といえば水仕事が多くあります。素手で水を触ったり洗剤などを触ったりするのは、とても手の負担になります。

冬の乾燥の時期なんかには直接的な肌荒れの原因となってしまいます。

そんな時はゴム手袋と思い浮かぶ方も多いでしょうが、ゴムも肌に負担がかかります。

ですから、ビニール手袋をしてからゴム手袋をして水仕事を行うようにしましょう。

その保湿空間を利用して手にハンドクリームをつけておけば、手はしっとりとして乾燥からも守ることができます。

ビニール手袋もゴム手袋も100円ショップで売っています。ビニール手袋は100枚入りの物があり、使い捨てでも負担は少なく済みますよ。

家事with美容3:フェイスパック

フェイスパックをして家事

「フェイスパックをしながらの家事」です。

料理中が特に効果的で、フェイスパックをしてからさらにラップをしておけば顔のケアができてしまいます。

料理の熱を顔に受けることで、より美容液が肌に浸透しやすくなるんです。

フェイスパックも100円ショップで購入できます。

小さい子供がいたら特にお風呂上りでも化粧水などを適当につけがちですよね。

フェイスケアを簡単に済ませている方は家事をしながらプルプル肌を取り戻しましょう。

乾燥防止にラップ

フェイスパックをつけているとすぐに乾燥していくので、その上から目・鼻・口の部分に穴を開けたラップを覆うことで乾燥防止になりつつ浸透力も上がります。

睡眠with美容1:レッグウォーマー

レックウォーマーを履いて寝る

良い睡眠をとるだけでも良い美容法といえますが、ただ寝てるだけではもったいないのです。

より美に近づく良い睡眠をとれるようにしてみませんか。

冷え性の方は多くいますが、冷え性対策にもっとも優れているのが靴下よりもレッグウォーマーなんです。

ユニクロでは時期によってはヒートテックのレッグウォーマーが販売しているのでチェック必須でしょう。

足のむくみが気になる方は、むくみをとってくれるタイプの物を選んでみてください。

朝起きたら、足のむくみが軽減していて足も軽くなり気分も軽くなれますよ。

睡眠with美容2:ハンドクリーム

手袋をして寝る

「ハンドクリームをつけておやすみ手袋をつけながらの睡眠」です。

家事編とかぶってしまうのですが、こちらも寝ながら手の潤いを守る方法です。

年齢が出やすい手元はしっかりとケアをしておきたいですよね。

手袋をすることで布団の摩擦からも肌を守ってくれますし、手の冷えも防いでくれます

おやすみ手袋は100円ショップで購入できます。

今どきのおやすみ手袋はスマホを使うことができる物もあって非常に便利なんです。

いちいち手袋をはずしてスマホをいじるのは面倒くさいですよね。

ハンドクリームは自分が好きで癒やしの匂いがする物を使えば、匂いで気分もリラックスできていい眠りにつくことができますよ。

睡眠with美容3:リップクリーム

マスクをして寝る

「たっぷりのリップクリームを塗ってマスクをしながらの睡眠」です。

唇も乾燥をしやすい部分なので、寝る時間に潤いを与えてみてはいかがでしょうか。

マスクをすればリップクリームがより唇に浸透してくれますし、のどの乾燥対策にもなり風邪を引かずにすむこともできます

特にお金をかけることも時間も作ることなくキレイに近づけるので、ぜひ今日から試してみてください。(執筆者:小祝 可奈子)

この記事を書いた人

小祝 可奈子 小祝 可奈子»筆者の記事一覧 (73)

OLから転職して美容師へ。その後ヘアメイクアップアーティストとしてテレビやブライダルを中心に活動。結婚して2児の母になり、WEBライティング技能検定の資格を取りライターへ。子育てと両立して隙間時間にライティング。やりたいことは何でも挑戦!毎日ハッピーに過ごせるように全力投球。子供が生まれてからは、節約を心がけるように。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ