コストコの年会費は4,400円(税抜)。

行けばそれなりに楽しいものの、毎年4,400円払ってまでコストコへ行きたいかどうかは意見の分かれるところです。

我が家の場合、コスパを求めるならコストコよりも近くのスーパーのほうが断然いいと思っています

それでも私がコストコへ行くのは、コストコにしかないものがあるからです。

コストコの魅力

≪画像元:Costco Japan≫

イチオシは「たっぷり柚子ポン酢」

キッコーマンのユズポン酢

≪画像元:キッコーマン≫

コストコで販売されているキッコーマンの「たっぷり柚子ポン酢」を使いだしたら、もうほかのポン酢に戻れなくなってしまいました。

1ℓ入りで価格は738円。

店頭販売しているのはコストコだけですが、Amazonや楽天なら送料合わせて1,500円前後で手に入ります。

たっぷり柚子ポン酢で味付けした発芽大豆をコストコで試食したとき、あまりのおいしさに感動して大豆とポン酢のセットで即購入。

柚子の果汁がたっぷり入っているからなのか、ポン酢としては比較的マイルドな口あたりで、たっぷり柚子ポン酢に慣れると普通のポン酢の味が濃く感じられるほどです。

定番のサラダや鍋、焼き魚をはじめ、マヨポン、バタポン、味噌ポンの炒め物、鳥肉のポン酢煮やキュウリのポン酢漬けなど、1ℓなんてすぐ使いきってしまいます。

こんがり焼きたての「ロテサリーチキン」

コストコのロティサリーチキン

≪画像元:コストコ通さん

コストコのデリカコーナーでひときわ目をひくのがロテサリーチキンです。

混雑している日などは、焼きたてのロテサリーチキン待ちで行列するほどの人気定番商品

持てばずっしり重い焼きたてホカホカの鳥の丸焼きがたったの699円。

本当においしいのか思わず疑いたくなるような価格ですが、これが本当においしいんです。

冷めても容器ごとレンジで温めることができるので手間いらず

このチキンを食べてみてまず驚いたのは、中心部までしっかり塩味がついていたこと。

そのまま食べ続けているとちょっと飽きてきますが、グレービーソースをかけたりアレンジ料理を作ったり、最後は鶏ガラでダシをとったりと、段階的な楽しみ方ができるお得感満載の商品です

塩味がしっかりついているので、スープにするときは軽めの味付けだけでおいしくいただけますよ。

「ロテサリーチキン レシピ」で検索してみると、いろんなアレンジレシピが見つかるのでぜひチェックしてくださいね。

「トリプルチーズタルト」はスイーツの定番

コストコのトリプルチーズタルト

≪画像元:コストコ通さん

冷蔵庫と冷凍庫のスペースに余裕があるときしか買えませんが、コストコの「トリプルチーズタルト」はできれば毎回買いたいぐらい大好きです。

直径約25㎝と、コストコ以外では見たことないような大きさのタルトが1,280円という安さ

買った当日のトリプルチーズタルトは甘さばかりを強く感じるのでいったん冷蔵庫に保存し、食べるのは味が落ち着く翌日以降にしています

当然一回では食べきれないので、残りはカットしてひとつずつラップで包んで冷凍保存しています。

しっかり解凍してから食べるのもいいですが、半解凍で食べてもおいしいですよ。(執筆者:木山 由貴 )