10/22の最得決済

1位:JCB 2位:三井住友カード / 4コマ漫画(4回目)

ボーナスを投資で増やしたい! 20万、50万、100万円の金額別の投資先をご紹介します。

夏のボーナスが支給されたという方も多いでしょう。

ボーナスの支給金額は上昇傾向にあるなど、なかなか景気の良い話が聞こえてきます。

そこでボーナスを使ってさらに効率的に増やしたいという方のために、金額別の投資先を検討してみました。

20万円を投資するならばソーシャルレンディング投資

20万円を投資するならばソーシャルレンディング投資

ボーナスで20万円ほど手元に残ったが、それをどこに投資していいかわからない。

まだ若い方は、投資についてそれほど興味関心を持ったことがなく、まとまった元手がなければ、投資ができないと考えている人もいるかもしれません。

しかしソーシャルレンディング投資であれば、1万円という少額からの投資が可能です。

ソーシャルレンディングはクラウドファンディングのシステムを利用し、複数の投資家から少額ずつお金を集めます。

そして集まったお金を、事業資金を必要としている企業に融資して、金利収入を得ます。

投資家はまとまったお金を用意することもなく、1万円から投資できます。

そして毎月少しずつ、投資金に応じた分配金が、自分の口座に振り込まれるので、コツコツ資産を増やしていきたいという方に向いています

運用手数料などもかからないので、投資を始めるための敷居も非常に低いです。

50万円を投資するのであれば投資信託

50万円を投資するのであれば投資信託

50万円とある程度まとまった金額を投資に回せるのであれば、投資信託を検討してみましょう。

投資信託は運用手数料がかかるデメリットがありますが、国内外の為替や株式など様々な投資対象を選んでの投資が可能です。

投資で手堅く利益得るためには、分散投資が必須です。

投資信託は自分で運用する必要もなく、投資先を選ぶだけなので分散投資が非常にしやすいです。

利回りも確実に保障された数字ではありませんが、年利5%前後とかなり高い数字が期待できます。

毎月少額ずつの積立投資も可能なので、一気に投資したい人、複数の対象にコツコツ毎月積み上げ投資したい人、両方のニーズに対応しています。

100万円を投資するなら株式投資

100万円を投資するなら株式投資

100万円以上とまとまった投資に使えるお金がある人は、ぜひ株式投資を検討してみてはいかがでしょうか。

株式投資は上場企業やインフラ関係の企業など、経営状態が優良な会社の株を買えば、売買によるキャピタルゲイン

そして配当金によるインカムゲインの双方を期待できます。

配当や株主優待などのメリットが大きい優良企業の株は、どうしても株価も高いので、まとまった単位で購入しなければいけません。

しかし100万円あれば、色々な優良企業の株式を購入することも難しくはないです。

株式投資ならではの、二通りの収益源が確保できるというメリットを生かすため、是非とも100万円を使って株式投資を考えてみましょう。(執筆者:長嶋 茂)

この記事を書いた人

長嶋 茂 長嶋 茂(ながしま しげる)»筆者の記事一覧 (22)

今年脱サラしたばかりの不動産投資家兼ライター。ソーシャルレンディング投資にも邁進中。現在は賃貸併用住宅3室とワンルームマンション1室を所有し、月間20万の家賃収入を得ている。不労所得を増やして家族の生活を安定させることを目標としています。将来は店舗ビジネスへの進出を目標としている。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう