ダイソーで購入できる「粘土グッズ」 雨の日や天気の悪い日も格安粘土でお家遊びができます

激しい雨が降ったかと思えば、急に涼しい風が吹いたり、暑くなったり…と天気に振り回されてはいませんか?

今回は、ダイソーで購入できる粘土グッズを紹介します。

ダイソーで購入できる粘土グッズ

100円だけど、質は良いし種類も豊富です

早速、お家遊び用の武器として見ていきましょう!

粘土といっても種類が豊富で、もちろん全部100円です

一言で粘土といっても、ダイソーにはさまざまな種類と色があります。

なにを購入したら良いか迷ってしまいますが、ここでは、代表的なものを3つ、紹介します。

「お米のねんど」シリーズ

お米由来のねんどで、お子さんも安心して触れます。

安全性重視のパパ、ママにオススメの商品です。

触り心地はまさに本格的な粘土で、かため

素手では細かな造形が出来ないので、ヘラを併用すると良いでしょう。

「ふわっと軽いねんど」シリーズ

パステルカラーで数色の展開があるシリーズ。

特徴は、ふわふわな触り心地であること。

紙粘土で、乾燥には弱いので封を切って使いきれない場合は密封バッグに入れて空気と触れ合わないようにして保管をしましょう

造形しやすく、工作にももってこいの商品です。

「のび~るねんど」シリーズ

軽くもっちりした触り心地がたまらない紙粘土。

魅力はなんといっても「のびる」こと

子どもの力でも簡単にのびのびさせることができるので、素手でこねたり丸めたりねじるだけでも十分に楽しめます。

作品作りをする際には、柔軟性に長け、作品が壊れにくいというメリットもあります。

この3種類を実際に、伸ばしてみました。

粘土の伸び方

左がお米のねんど。みっちりした感じがよくわかります。

ねんど遊びとしてこねたり伸ばしたりするのに一番向いています。

真ん中がふわっと軽いねんど。ふんわりちぎれるような感じで、ちぎれた断面もふわっふわ。

型抜きする際は一気に力を加えるとちぎれてしまうので、徐々に力をかける必要があります

右がのび~るねんど。まさにびよーんと伸びていますね。

伸縮性に長けているので、型抜きにも素手でのこねにも向く粘土だといえます。

欲張りさんに最適な、多色入りの商品も!

ただ、先ほど紹介したシリーズは各1色ずつ入っていて税込108円になります。

ご家庭に食紅や絵の具があれば、白色のねんどを購入して色をつけてもOKなのですが、もっと手っ取り早くたくさんの色の粘土を手にいれたいという方にオススメの粘土がこちら。

バケツの形をした入れ物に、なんと12色の粘土が入っています

紙粘土ではなく、普通の粘土ですのでかためですが、バケツのふた部分が型になっているので押し付けるように遊ぶのも良いですね。

最安価格で多くの色が欲しい方は、この商品一択といえます。

ヘラや粘土板も100円で揃います

プリンやヨーグルトの空きカップを用意しておけば、粘土遊びはさらに盛り上がるのですが、ダイソーでもしっかりと粘土で遊ぶツールが販売されています。

基本的なツールといえる粘土板やヘラについても、100円で購入できるのはうれしいですよね。

この他にも、ワッフル型にできるものやところてんのようにギュギュッと押し出せる器具など粘土でお料理ごっこをするのに最適なツールも販売されていました。

おうち遊びを充実させたいな…と思ったら、ぜひダイソーの粘土を購入してみてくださいね

お友達親子が自宅に遊びにくる際などにも大活躍間違いなしです。(執筆者:三浦 希枝)

この記事を書いた人

三浦 希枝 三浦 希枝»筆者の記事一覧 (49)

前職は海上保安庁に所属し、船舶料理士とヘリコプタ―降下員として勤務。退職後、フリーライターになり4年目に開業。子連れ離婚そして再婚を経て、二児のママとして仕事との両立を図っている。Webライティング講師業もはじめ、活動の幅を広げている。趣味は時短、節約。特技は水泳(インターハイ出場経験有!)
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
ダイソーで購入できる粘土グッズ
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ