10/19の最得決済

1位:JCB 2位:三井住友カード / 今週末はスシロー仮装割ユニクロがオススメ / 4コマ漫画(3回目)

「子育て」世帯が助成金をもらえるの地域はどこ? 「出産子育てサポート」が充実している自治体4選【東京23区】

子育てはお金がかかる

子育てはお金がかかりますよね…。

子ども1人を育てあげるのに、1,000万円以上かかると言われています。

この数字を見ると、お金を工面していけるのか不安になる方も少なくないのではないでしょうか。

ですが、自治体によっては、子育て面の費用サポートが充実している自治体も少なくありません。

自治体によっては、年間で10万円以上補助してもらえるお金に差が生まれる場合もあるんです。

ここでは、東京23区内で出産子育てサポートが充実している自治体をご紹介しています。

引越しやマイホーム購入時も、行政サポートが重要

行政の補助金制度は、自治体によって異なります。

とくに都会は、市や区が隣り合わせになっていることが多いため、数百メートルの距離で、自治体が変わります。

住居のある土地によって、手厚いサポートを受けられるかどうかにも差が生じるため、行政サポートを調べたうえで住まいを決めるのはとても重要なんです。

家を決めるときは、家賃や駅からの距離を重要視する場合が多いかと思いますが、行政サービスも同じくらい重要と言えます。

東京都23区で、出産子育てサポートが充実している自治体4選

東京都23区

1. 江戸川区:子どもが1歳になるまで月1万円の「乳児養育手当」が貰える

江戸川区 子育て応援サイト

≪画像元:江戸川区≫

東京都内でも、江戸川区は「子育てにやさしい街」として知られています。

中学3年生までは基本医療費がタダですし、無料で誰でも使える子育てルームが区内に20か所もあります。

そして何より、児童手当のほか、江戸川区が同時で支給している「乳児養育手当(ゼロ歳児)」があるのが魅力的です。

子どもが1歳の誕生日を迎えるまで、月1万3,000円が支給されます。

国からもらえる児童手当とあわせると、月2万8,000円も補助金です。

その他、私立幼稚園へ入園する際の入園料が最大8万円援助がでるなどのメリットもあります。

2. 千代田区:高校生まで医療費が無料に

千代田区:高校生まで医療費が無料

≪画像元:千代田区

千代田区では、高校を卒業するまで医療費が助成されます。

子どもの医療費助成は、期間が長くても中学校卒業までという自治体が多い中、高校生まで補助が受けられるのは千代田区の強みです。

また、16~18歳の子ども1人につき月5,000円支給される「次世代育児手当」もあります。

低年齢に対しての助成金が多い中、高校生になってからの助成金は、お金がかかる時期なのでとても助かりますね。

3. 品川区:私立幼稚園入園料の補助金が最大10万円支給される

私立幼稚園入園料の補助金が最大10万円支給

≪画像元:品川区

品川区では、私立幼稚園へ通う際にかかる入園料を、最大10万円補助してもらえます。

東京都内には、私立幼稚園の入園料を補助してくれる自治体がいくつかありますが、10万円の補助はかなり高額です。

4. 渋谷区:第1子の出産から、1人あたり10万円が支給される

渋谷区

≪画像元:渋谷区

渋谷区では、子どもを1人出産すると、「ハッピーマザー出産助成金」という10万円の手当金が貰えます。

第3子の出産から助成がある自治体は全国的にも多数ありますが、第1子から補助がでるのは渋谷区の強みです。

また、私立幼稚園の入園料が最大4万円支給もあります。

さらに渋谷区の凄いところは、「ワーキングママに対しての補助金が太っ腹」という点です。

23区内では、NO.1と言えるほど手厚いサポートを受けることができます。

病児保育やベビーシッターを利用した際に、1時間あたり1,000円、年間上限10万円まで補助金を受け取ることができるんです。

子どもが急に熱を出しても仕事に行かなければならない働くママにとって、とてもありがたい制度ですよね。(執筆者:三木 千奈)

この記事を書いた人

三木 千奈 三木 千奈(みき ちな)»筆者の記事一覧 (223)

一般事務員として就職後、結婚を機に専業主婦となりました。現在は二人の子供の育児をしながら、フリーライターとして働いています。美容、車、税金、スポーツ関係など、幅広いジャンルで記事の執筆を行っています。子どものころから一番の趣味は貯金です。節約をすること、お金を貯めることは最も得意としています。無理なく楽しみながら貯金をする!をモットーに、日々奮闘しています。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう