中学受験の「受験ツアー」が過熱中! 大学受験並みの受験方法で費用は1校40万円~ 

過熱する中学受験

2020年の大学入試改革の影響で、中学受験への注目度があがり過熱しています。

中学受験を経験した家庭の中では、「中学受験の受験ツアーがある」、「前哨戦として早めに中学受験が行われる地域を受験した」という声が聞かれます。

個人で手配する「中学受験ツアー」は昔からあります。

最近では、塾側が旅行会社と組む「特定の学校への受験ツアー」もあります。

塾側は秘密にしている部分がありますが、ツアーの候補地(学校)や費用などを紹介します。

頑張れ小学6年生

関西と関東の受験集中日を利用しての受験

関西は、各府県の私学間で日程協定をしているので、毎年1月の第3土曜日を初日として、中学受験を実施します。

関東は、関西のような日程協定を結んでいないため、23区以外の学校では12月中か1月中に受験を行っている学校があります。

都内23区は、2月1日~3日に有名校の受験日が集中します。

この日にちのズレを利用する

関東に住む人は、試験が先に行われる関西の名門校を受験し手応えをつかみます。

関西の名門校に合格した子が、さらに関東の難関校を受験することもあります。

「前哨戦」として県外受験ができる学校を受けることもあります。

お金がかかっても、実力や試験の雰囲気を知るために、有名校を受験する人は多くいます

「灘中」、「ラサール(鹿児島)」、「開成中」が受験ツアー

男子の受験ツアーの候補として

・ 灘中

・ ラサール(鹿児島)

・ 開成中

の名前があがります。

難関校でも国立は、出願時に学校が定める校区内に家族と同居していなければ、出願を認めていません

筑駒出願資格

≪画像元:筑波大付属駒場中

女子にツアーは存在しない

女子は、学校の多くが自宅から通えることを条件としているため、受験ツアーは存在しない、もしくは親がさせないと考えられます。

関東の人気女子校となると、通学時間制限があるところがあり、受験時に遠方から受験する場合は、引越しなどの理由説明をし、学校側の了解が必要です。

桜蔭中学入試要項

≪画像元:桜蔭中学

日程面と塾側の実績アップ

名門校の受験日は1日しかチャンスがありません

大手有名塾側は、関西・関東問わず、どれだけの生徒を名門校に入れたかという実績が欲しいので、かなり優秀な生徒(塾内でもトップクラス)に、受験ツアーを勧めます。

もちろん、親の同意のもとで行いますが、「我が子が有名校に関西も関東も合格した」となれば、うれしいところでしょう。

1月第3土曜日… 関西の名門中学

1月下旬… 鹿児島の名門中学

2月初め… 都内の名門中学

このような、日程を組めば全国の名門校を受けることも可能です。

受験ツアーにかかる費用

塾によっては、成績優秀者のみ遠方への受験にかかる費用(親も含む)を出費してくれるところもあります。

この金額について、各塾は非公開、経験者の方に確認したのですが、一切口外できないとのことでした。

個人で全てを手配する場合、旅行会社や宿泊案内サイトでも、大学受験だけではなく、中学受験生向けの宿泊プランを用意しています

受験生向けプランは、

・ 朝食付き

・ 空気清浄機設置済み

などの配慮があり、価格も大人が出張で泊まる料金より割安に設定しているホテルもあります。

1月初め現在で、三宮駅近で宿泊予約可能なホテルでは、1泊6,000円~というホテルがありました。

じゃらん受験生の宿

≪画像元:じゃらんnet

ホテルは、合否発表などの都合で3日間は最低でも確保しておく必要があります

移動方法と交通費

受験日程を考えれば、本番日の前日には到着して、下見や体調を整えておきたいです。

夜行バスはさすがに疲れが出てしまうので、新幹線か飛行機の選択です。

現在(1月の関西中学受験前)は、大手航空会社、新幹線の空き席情報は、まだ余裕はありますが、ある航空会社の1名での片道分(東京・羽田~伊丹)だと、通常価格で普通席なら約2万5,000円、得割では1万1,500円でした。

新幹線について、同一条件で調べたところ、のぞみを利用する場合は、自由席で一人1万4,160円になり、往復では約2万8,000円かかります。

行きと帰りでの移動方法で、交通費を抑えることはできますが、組み合わせ方や購入方法次第で、片道のみで多めに見積もりをして親子で約5万円は必要と考えておいてよいでしょう。

1校40万円は必要

受験ツアーは、1番安いホテルの代金や食事代、交通費(移動費全て)、その他に出願料入学金などを考えれば、最低で40万円は必要となる可能性があります。

塾からの支援なしで実行すると、家計に大きな負担がかかることは確かです。

受験ツアーは「高いお金を出したチャレンジ受験」

中学受験の受験ツアーをして、住んでいる地域以外の学校に進学するのは若干名です。

受験ツアーは「高いお金を出したチャレンジ受験」という位置付けから、合格しても、入学手続きをせずに、地元で受験した私立中学へ進学するケースがほとんどです。

学校側からも注意書きが出ているのですが、

・ 親戚が近くに住んでいて身元保証になる方

・ 学校が寮を持っている、下宿先を紹介する学校で、「ぜひ勉強したい」

という人は、受験ツアーで合格した学校へ進学します。

ラサール中については、寮がありますが、中学生は7万3,000円(月額)、入寮代が10万円となっています

万が一、入寮希望者が多く抽選となった場合は、下宿先の紹介(月額7万円前後)を受けることができます。

ラサール学園寮

≪画像元:ラサール学園

まとめ

受験ツアーをしても、ほとんどの生徒さんが合格をしても入学しないというのは、一般の方からすると「ぜいたくだ」、「裕福だからできる」と意見される方も多いはずです。

しかし、小さい時から中学受験のために、お金をしっかりためてきた家庭にとっては、「もし可能であれば、やらせてみたい」という気持ちがあります。

中学受験の基本は「親子の意見が一致している」ことが最優先です。

受験ツアーは、「中学受験の一面」と考えてください。(執筆者:笹倉 奈緒美)

この記事を書いた人

笹倉 奈緒美 笹倉 奈緒美»筆者の記事一覧 (33)

妊娠・出産を機会に子供の教育費について考え、実際には中学受験にもチャレンジしました。合格後は主婦をしながらフリーランスライターをしております。大学卒業までにかかる教育費に対してどういう資産運用がよいか、そして子供へのお金のかけ方などの情報収拾と研究・実践をしており、教育費関連や子供とお金にまつわる情報を提供してまいります。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
頑張れ小学6年生
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ