【イケアのアームチェア】「ポエング」と「ペロ」のどっちがいい? 「ペロ」使用中の筆者が、正直な感想をお話しします。

イケアのアームチェアには、フレームのデザインがよく似ている

POÄNG(ポエング)PELLO(ペロ)

の2種類があります。

ポエングとペロ

≪画像元:イケア ポエングペロ

我が家はさんざん迷った末に価格の安い「ペロ」のほうを購入しました。

購入から数年が経過。

まだまだ使えそうですが、長く使うならポエングにしておけばよかったと後悔しています。

ポエングとペロの違い

まず、ポエングとペロを比較してみます。

価格はポエングが6,999円に対してペロは4,990円

大きさについては以下の通りペロのほうが若干小さめです。

実際に座り比べてみると、全体の大きさよりも高さの違いを感じます。

ポエングとペロのサイズの違い

ポエングのシートは洗濯も可能

ポエング

≪画像元:イケア ポエング

フレームの耐荷重は170キロで弾力性も抜群です。

しかも10年間の品質保証付きです。

別売のシートフットスツールもあります。

別売のシートやフットスツールも

一方のペロは、シートは付属のもののみで洗濯は不可です。

フレームは固めで、ポエングのような「しなる感じ」はあまりしません。

ではなぜペロを買ったのか

ペロを買った理由

≪画像元:イケア ペロ

ペロ購入の決め手となったのは、価格の安さと大きさです。

広いイケアの店内で商品を見るとそれほど大きくも見えないのに、持ち帰ってみると想像以上の大きさだったりします。

ポエングとペロを座り比べてみると、2,000円の価格差も思わず納得の座り心地ですが、我が家のインテリアとのバランスを考えると、ポエングより少し小さめのペロが合うかなと思いました。

実際にペロを数年間使ってみて

ポエングよりも小さめな作りとはいえ、自宅で組み立ててみるとやはりかなりの存在感だったので、大きさ的にはペロで正解でした。

ただ、ペロは座っているとすぐシートがずれてきますし、ひざ裏にフレームが当たるのが気になります。

クッションもペラペラなので別のクッションを乗せて使っていますが、あまり長く座らないからか数年経過した今でもあまり傷んでいません。

現在は、ほぼ猫専用チェアと化しています。

ペロを数年使ってきて今思うのは、

「アームチェアのある暮らしの雰囲気を味わいたいならペロで十分だけど、ちゃんとくつろぎたいなら2,000円多く出してでもポエングにしたほうがいい。」

ということです。

どちらを買うにしても気をつけたいのが、チェアを組み立てる場所です。

組み立ててから別の部屋へ持っていこうとすると、大きすぎてドアを通れない可能性があるので、どちらのチェアも必ず使用する部屋で組み立ててください。(執筆者:木山 由貴)

この記事を書いた人

木山 由貴 木山 由貴»筆者の記事一覧 (52)

音楽とネコ大好き40代主婦ときどきフリーライター。「気になることはとりあえずやってみる」の精神で毎日楽しく暮らしています。節約するところはビシッと節約、使うべきときは大胆に使うので生活満足度は高め。「みんながやってるから」より「自分はどうしたいか」を優先するマイウェイな性格。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
イケアのアームチェア勝負
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ