文房具大好き、筆記用具マニアの筆者

文具マニアの筆者

筆者は、文房具をいろいろと試し買いするのが大好きで、大手メーカーはもちろん「無印良品」のペンをたくさん購入しています。

無印良品の「詰め替えるペン」がリニューアルされました。

以前から販売されている商品ですが、

・ リニューアルされた点
・ 書き心地
・ 気になる点

などを検証してみたので、紹介します。

長年、替芯なしを使っていた筆者

替え芯のないペン

私は、替え芯なしタイプのゲルインキボールペンで0.5mmタイプを愛用していいます。

インクタイプは「ゲルインク」と「さらさら描けるゲルインキボールペン」の2パターンあり、太さは0.38mm・0.5mm・0.7mmの3種類あります。

使いやすいのは0.38mmと0.5mmで、色数も多く、0.7mmは色数が減ります。

替え芯なしタイプは、ケース本体が透明で、色と太さがふた上部に書かれているので、間違えにくいです。

しかし、インクがなくなってしまうと、本体ごと捨てるしかありません

替え芯タイプは、

・ ケースを選べる

・ 別の色や太さに替えられる

替え芯シリーズは、どのタイプでも本体30円、替え芯は太さ関係なしで一律60円です。

コスパ最高「無印良品」のゲルインクボールペン

ボールペンといっても、水性・油性に分かれるのですが、ゲルインクは書き心地は水性のようになめらかで、油性がもつ「耐水性」の要素もあるので、人気が高いです。

ゲルインクはインクの減りが早く、買い換える回数が多いので、安く手に入る「無印良品」の商品が重宝します。

まれに、使い込んでいると、本体と芯のがたつきは出るのですが、使用にはそれほど支障を感じたことはありません。

「さらさら描けるゲルインキボールペン」タイプも登場しています。


≪画像元:無印良品

紙とのひっかかる感覚は少ないのですが、個人の好みはあるので、店頭にあるサンプルで試してください。

「さらさら描けるゲルインキボールペン」はゼブラ社の「サラサ」、「ゲルインク」は三菱鉛筆の「シグノ」に書き心地が似ています。

大手メーカーより、若干安めに手に入り、色が豊富なので人気です。

ゲルインクの残念なところは、たまに書いたところに手が触れてしまうと、インクが手について、文字がこすれてしまうという点です。

無印のゲルインクボールペン

本体と替え芯を早速検証してみました!

本体はキャップタイプ3種類、替え芯は0.38mmと0.5mmで試しました。

あいにく0.7mmは店頭になく、「さらさら描けるゲルインキボールペン」と「ゲルタイプ」も両タイプで試しています。

ゲルインキボールペン キャップ式

本体が透明だと中身がみえる

キャップ式の本体は黒・白・透明の3種類で、透明タイプは中身が見えるので、色がわかります。

書き心地は、替え芯なしタイプと大きな違いはありません。

持ってみた太さは、替え芯なしを使い込んでいる筆者には、やや太めだと感じました。

さらさら描けるゲルインキボールペン ノック式

ボールペンノック式本体

≪画像元:無印良品

書きやすさで気になる点はありませんでした。

ノック部分は、大手文具メーカーよりバネの力が弱いと感じました。

バネの力が弱すぎて、筆箱やポケットを汚さないか心配です。

大きな欠点1:透明以外の本体は中身の色がわからない

どのタイプも本体が黒・白色は、芯を入れると中の色がわかりにくいです。

透明以外の本体は中身の色がわからない

入れた色を覚えておくか、しるしをつけないと色と芯のサイズが外見からは判断できません。

大きな欠点2:旧式タイプと適合性がない

いきなりのリニュアールで、本体を購入してから手持ちの替え芯を入れようとすると、「入らない」という声が出ています。

無印良品の店員さんにも確認をしたところ、本体部分で若干のサイズ変更が行われたため、旧タイプの替え芯との合わないということです。

色数の多さとコスパ面ではよいペン

予告なしの変更で、多数の苦言が出ているのですが、本体と替え芯価格を考えると、大手メーカーより若干安いということと、色数の多さ(0.7mmは少なめ)で、すんなりと買い換え方は多いとのお話でした。

イラスト関係の方で細さ(0.38mm)を愛用している方は多く、書きやすさとコスパ面から考えると、これからも愛用される方はいることでしょう。

インクがなくなり、本体ごと捨てるより30円で新しく使えるので節約になります

最近は、「マイクロプラスチック問題」もあって、なるべくプラスチックゴミが出ないようにする動きがあります。

プラスチック問題とあわせて考えると、替え芯シリーズは、ずっと続けて欲しい商品です。(執筆者:笹倉 奈緒美)