急な外食! 出費を最小限に抑える7つのルール

想定外の外食

急な外食をどう乗り切る

外出していて、帰宅後に食事をしようと考えていたのに、時間などの都合で外食が必要になることもあります。

今回は計画通りにいかず、急に家族で外食することになった時の節約対処法をお伝えします。

しっかりルールを決めて行けば、出費を最小限におさえられます。

ここでは、筆者が実際に行っている、節約中に外食をするときの7つのルールについてご紹介いたします。

1. 行くお店は、その時お得なところをチョイス

はじめから「このお店へ行く!」と決めるのではなく、まずはクーポンサイトをチェックしましょう。

その日お得なクーポンを利用することで、よりお得に外食費が収まります。

「今日はお肉が良い!」など、ある程度ジャンルだけ絞っておくと、より検索がしやすいです。

2. 子供が安いor無料のお店を選ぶ

子育て中の家庭にとっては、「外食の時に子供が何を選ぶのか」も気になるところです。

たまの外食ですから、好きなものを選ばせてあげたいのが親心、その反面、お子様ランチなどは案外値段が安くなく、お店によっては量も少なめですよ。

そんな時に助かるのが、幼児(小学生以下)無料のお店です!

食べ放題のお店などは、幼児無料としているところも少なくありません。

中には、無料にならなくても、小学生以上は半額など、子供料金を割安に設定している場合があります。

3. 外食費は予算の上限をつける

あらかじめ予算を決め、その範囲内で食べられるものに決めることが大切です。

節約中ということを忘れないようにしましょう。

我が家では、高くても1人1,000円までと予算にも制限を設けています。

4. デザートは我慢!

デザートは我慢する

ついデザートまでいただきたくなりますが、そこはぐっと我慢しましょう!

デザートまで頼んでしまうと、大幅に予算オーバーしてしまいます。

「食事だけ」が大前提です。

5. 飲みものは水

デザート同様、飲み物は基本的にお水です。

ジュースやコーヒーが欲しくなりますが、なくても困りません。

コーヒータイムは、帰宅後に楽しむようにしています。

6. 晩酌は帰宅後

晩御飯で外食に行くと、お酒も頼みたくなるかもしれません。

ですが、節約中なので、アルコールは控えましょう!

コーヒータイム同様に、帰宅してからお酒を楽しんでください。

7. 寄り道をしない

店でデザートを我慢したから…と、帰り道に「コンビニに寄ってアイスでも」と財布の紐が緩んでしまうことも少なくありません。

この、ついで買いこそが、一番のムダ遣いになってしまいます。

外食後はまっすぐ家まで帰宅し、ムダ遣いをしてしまうのを防ぎましょう。

急な外食でもルールを設ければ大丈夫

ルールを決めれば大丈夫

この7つのルールに沿って外食をすれば、出費を抑えられます。

急な外食の場合は、ちょっと厳しめなルールがあってもいいと思います。

量をたくさん食べたい、家族全員食べたいものが違うのなら、低価格のバイキングやファミレスがおすすめです。

急な外食のときは、このルールをチラッと思い出してください。(執筆者:三木 千奈)

この記事を書いた人

三木 千奈 三木 千奈»筆者の記事一覧 (145)

一般事務員として就職後、結婚を機に専業主婦となりました。現在は二人の子供の育児をしながら、フリーライターとして働いています。美容、車、税金、スポーツ関係など、幅広いジャンルで記事の執筆を行っています。子どものころから一番の趣味は貯金です。節約をすること、お金を貯めることは最も得意としています。無理なく楽しみながら貯金をする!をモットーに、日々奮闘しています。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
急な外食をどう乗り切る
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ