【ビデオテープ】大事な思い出、カビてませんか? 「アナログデータ」は、早めに「デジタル化」しておこう

どんなに保管状態に気をつけていても、ビデオテープに経年劣化はつきものです。

伸びたり破れたり、ときにはカビまで生えてしまいます。

結婚式、子供の成長記録、旅行、大事な思い出が台無しにならないうちに、アナログデータはデジタルデータに移行させておきましょう。

アナログデータはデジタルデータに移行

ビデオデッキがあるならラッキー

ビデオデッキがあるならラッキー

2016年7月、船井電機がVHS対応ビデオデッキの生産を終了しました。

これをもって、国内のVHS対応ビデオデッキの歴史に終止符が打たれました。

それ以来、ビデオデッキの価格は高騰し続けています

国内メーカーのVHS対応ビデオデッキは、最低でも1台3万円以上します。

ベータ対応になれば、中古のオークションで見つけるのすらむずかしいのが現状です。

こわれたデッキを買い替えたくても、昔のようにセール時期まで待てば特価になるということはありません。

自宅や実家に、今も現役のビデオデッキがあるならラッキー!

すみやかにDVDへデータ移行しておきましょう。

データ移行してくれる業者もあります

聞いたことのない海外メーカーや中古品のビデオデッキは、一種の賭けです。

とはいえ、新品は高いし、そもそも見つからないかもしれません。

今後も長く使うなら別ですが、データ移行だけが目的の場合、専門サービスの活用をおすすめします。

1. 安さが売りのネット業者
2. 少し高くても安心感のある大手企業を窓口にした業者
3. 大手企業の直接サービス

に分けられますが、アナログデータを郵送もしくは持参して、後日見積もりを出してもらうといった流れは同じです。

あくまでも相場ですが、120分録画したビデオテープ1本を、DVD1枚に記録したとして、ネット専門業者は400円から1,000円前後

大手企業経由や企業直営なら、1,500円以上にはなるでしょう。

本数が多いと割引になったり、郵送料金が無料になったりします。

また、カビ取りクリーニングなどのオプション料金が別途発生することもあります。

あまりにも経年劣化がひどいと、「再生不可能」として返却されます。

1. ネット業者

videoダビング.com

videoダビング.com

≪画像元:videoダビング.com

DVDダビングのPAM

DVDダビングのPAM

≪画像元:DVDダビングのPAM

2. 大手企業経由

何でもダビング(パレットプラザ・ヤマダ電機・ツクモ電機などが窓口)

何でもダビング

≪画像元:何でもダビング

日本ジャンボー(イオンの思い出サービス)

日本ジャンボー

≪画像元:日本ジャンボー

3. 企業直営

カメラのキタムラ(イオン店舗に多いがイオンのサービスではない)

カメラのキタムラ

≪画像元:カメラのキタムラ

富士フィルム(宅配のみ)

富士フィルム

≪画像元:富士フィルム

フラッシュメモリをおすすめしない理由

フラッシュメモリをおすすめしません

同じデジタルデータへの移行なら、

「DVDより場所をとらないUSBメモリやSDカードの方がいいな」

と思う人もいるかもしれません。

もちろんデータ移行は可能なのですが、USBメモリやSDカードといった「フラッシュメモリ」という記録メディアの寿命は、せいぜい持っても4年程度です。

したがって、今回は長期保存に向くDVDのみを対象としてお伝えしました。(執筆者:白戸 春)

この記事を書いた人

白戸 春 白戸 春»筆者の記事一覧 (40)

シングルマザーを経て再婚し、子どもは無事に独立。現在は夫と猫と北国で暮らす主婦兼フリーライターです。貧乏だったサバイバル経験を生かして、誰かの役に立つ記事を書いていきたいと思います。消費は現金よりクレジットカード派、投資は現物主義です。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう