映画館へ行こう! お得に観る方法と、多彩なサービスを紹介

自宅でも画質の良い映画が観られるようになりましたが、やはり映画館の迫力ある映像や音響にはかないません。

しかし「映画館は高い」というイメージも強く、観たい映画はたくさんあるのになかなか行くことができないという人も多いでしょう

さまざまな業界でお得感のあるサービスが展開される中、映画館もそれぞれに多彩なサービスを実施しています

今回はそんな映画ファンにうれしいお得な割引サービスをご紹介します。

映画をお得に観る方法

映画鑑賞にかかる料金

一般: 1,800円
大学生: 1,500円(学生証の提示が必須 専門学校生も含まれる)
高校生: 1,000円(学生証の提示が必須)
中学生・小人: 1,000円(中学生以下3歳以上という設定が多い)
シニア: 1,100円(60歳以上 年齢を証明できるものが必要)
障がい者手帳を持っている人: 1,000円(同伴者も同じ金額となる)

よくある割引サービス

映画の日: 12月1日は「映画の日」なので、全国ほとんどの映画館が割引を実施。

映画サービスデー: 毎月1日をサービスデーに設定している映画館が多い。

レディースデー: 水曜日などの平日に毎週設定されている。

夫婦50割引: 夫婦どちらかの年齢が50歳以上の場合に受けられるサービス(要証明書)。

レイトショー: だいたい20時過ぎに上映開始となる作品が対象となる割引サービス。

モーニングショー: 平日や特定曜日の初回上映に設定されているサービス

以上が一般的な料金やオーソドックスなサービスです。

特別に会員登録などを行わなくても受けられるサービスなので、利用した経験のある人も少なくないでしょう。

しかし本当にお得感のあるサービスはまだまだあります。

ここからはさらにお得に映画を楽しめるサービスをご紹介していきます。

ユナイテッド・シネマグループのメンバーズカード「CLUB-SPICE」

ユナイテッド・シネマグループのメンバーズカード

ユナイテッド・シネマグループの映画館でお得に映画鑑賞が楽しめるサービスです。

年齢制限などはなく、誰でも会員登録が可能です。

入会や更新に手数料が必要となりますが、映画好きであればしっかり元を取れる割引サービスが受けられます。

入会手数料: 500円
更新手数料: 500円
有効期間: 入会から1年(更新するとポイント繰り越し)
更新特典: 1,000円で鑑賞できるクーポン券1枚、または総額500円の売店クーポン

会員特典

会員デー: 毎週金曜日1,000円鑑賞
会員デー以外: 大人300円、大学生~幼児・シニアは100円割引
ポイント特典: 映画1本鑑賞ごとに1ポイント加算、6ポイントためると1本無料
メールアドレス登録者: 2ポイント交換で1,000円鑑賞、映画情報や試写会などお得な情報が配信される

松竹マルチプレックスシアターズ「SMT Members」

カード会員であれば発行手数料100円、WEB会員なら無料で申し込めるサービスです。

更新料は無料です。

ユナイテッド・シネマグループの「CLUB-SPICE」と同じく、6回観ると1回分の鑑賞が無料になります。

SMTメンバーズ会員特典

会員特典

ポイント特典: 有料鑑賞1回につき10ポイントが付与され、60ポイントたまると無料鑑賞クーポンに交換できる
リピーター割引: 有料鑑賞1回で次回使える割引クーポンがもらえる
お誕生日クーポン: 誕生日に1,000円鑑賞クーポンをプレゼント
コンセチャレンジ: フードやドリンク購入などコンセッション(売店)を利用することで、無料鑑賞クーポンが当たる抽選にチャレンジできる

このほかにもメンバー限定のサービスデーや最新映画の試写会や登壇イベントへの招待、一般発売前のチケット購入といったサービスが用意されています。

まだまだある 映画をお得に楽しむ方法

Yahoo!JAPANが提供する会員制割引優待サービス「デイリーPlus」

デイリーPLUS映画作品

≪画像元:デイリーPlus

月額540円で映画だけでなく飲食店やカラオケ、ジム、レンタカー、エステ、マッサージ、ホテル、旅行などがお得に利用できるサービスです。

ひとり分の会員登録で家族なら会員価格で、友人ならビジター料金での利用が可能となっています。

映画館によって割引額に違いがありますが、だいたい300~500円程度お得に観ることができます。

丸井グループが発行している「エポスカード」

エポスカード

≪画像元:エポスカード

ショッピングやグルメ、旅行など「VISA」マークのある店で使えるお得なカードです。

ユナイテッド・シネマ/シネプレックス、イオンシネマ、HUMAXなどでは通常1,800円が1,300円に割引されます

全国1万店以上の店舗や施設を割引・優待価格で利用できるほか、海外旅行保険が自動付帯されるなど非常に充実したサービス内容のカードとなっています。

ドコモユーザーなら知っておきたい「ドコモチューズデー」

イオンシネマ

≪画像元:イオンシネマ

毎週火曜日(祝日を含む)、イオンシネマの全劇場の鑑賞料金が1,800円 → 1,100円になるサービスです。

対象となるのはdポイントクラブのプラチナステージ(ドコモ回線継続利用期間15年以上またはdポイント獲得数が1万pt以上(6か月間累計))、もしくは4thステージ(ドコモ回線継続利用期間10年以上またはdポイント獲得数が3,000pt以上(6か月間累計))の方となっています。

ポップコーンセットも半額になる!「auマンディ」、「auシネマ割」

auマンディ

≪画像元:auマンディ

auスマートパス会員・auスマートパスプレミアム会員・ビデオパス会員(auユーザー以外でも利用可能)が対象のサービスです。

「auマンディ」はTOHOシネマズで毎週月曜日の鑑賞料金が1,800円 → 1,100円となり、会員と同伴者1名までが対象となっています

auスマートパスプレミアム会員の場合はポップコーンセットが680円 → 320円で購入できます。

「auシネマ割」はユナイテッド・シネマ/シネプレックスで土日祝日含む毎日が1,800円 → 1,400円に割引されます。

さらにauスマートパスプレミアム会員であればポップコーンセットシングル780円が半額の390円になります

子連れママが気軽に映画を楽しめるシステム

乳幼児がいるとなかなか行きにくい場所のひとつである映画館。

しかし最近では子連れでの映画鑑賞が気軽に楽しめるサービスが実施されています。

周りの目を気にしたり、子どもが泣いてしまわないかとハラハラドキドキしたりすることなく、心おきなくゆっくり映画を楽しめるうれしいシステムになっています

松竹マルチプレックスシアターズの「ほっとママシネマ」

ほっとママシネマ

ママ1人につき補助席1席付き

一般: 1,500円
SMT Members(会員): 1,200円(会員価格はインターネット購入限定)
3歳未満の子ども: 無料

・ 周りもみんな子ども連れなので、気兼ねなく映画を楽しめる

・ スクリーン前に子どもが遊べるプレイスポットを設置

・ 赤ちゃんが驚かないよう、音量は通常より控えめ

・ 赤ちゃんが怖がらないよう、照明は通常より明るめ

・ シアター内におむつ替えスペース、簡易授乳スペースを用意

・ 上映中は見守りスタッフが常駐

これと同じようなサービスはほかでも実施されており、TOHOシネマズは「ママズクラブシアター」、ユナイテッド・シネマには「抱っこdeシネマ」があります

小さい子どもがいるからと諦めていた映画鑑賞も、こういったサービスを利用すれば気軽に楽しむことができます。

自分に合ったお得なサービスを選んでください

「映画館は高い」というイメージを払拭できそうなさまざまなサービス

もっと頻繁に映画館で映画を楽しみたいという人や、誰もが利用しやすい映画館を目指し、そのサービスも進化を続けています。

幅広い世代はもちろん、小さな子ども連れでも気軽に行ける映画館が増えているのはうれしいことです。

これらのサービスをしっかり把握して、自分に合ったお得なサービスを選んでみてはいかがでしょうか。(執筆者:藤 なつき)

この記事を書いた人

藤 なつき 藤 なつき»筆者の記事一覧 (176)

保険・マネー・健康・医療・福祉・教育・伝統工芸・伝統行事等、幅広い分野の記事を執筆。
お仕事をさせて頂きながら、自分自身もたくさんの発見と新しい知識を身に付けさせてもらっていると感じる毎日。2013年FP2級取得。東京育ち、福岡在住。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう