世知辛い世の中、ストレスフルな社会の中で暮らす今、ペットに癒される人も昔に比べて多くなってきました。

今や健康保険証に「ペットの名前」を連ねたい人が多数いるそうです。

これは冗談で言っているお話ではないのです。

家族同様に大切なペットが病気やけがで苦しんでいる中、病院に連れて行かない人はほとんどいません。

ペットはもちろん健康保険はききませんから、1回の検査やレントゲンで10万円クラスのお金が羽をはやして飛んでいくことを経験した人も多いことでしょう

こんな時に保険があれば…そう思い入っていらっしゃる方も多いですが、ペット保険の保険料も案外お金がかかり、加入する機会を逃している人が多いのが現実です。

楽天ペット保険

楽天ペット保険の少額短期保険から新しい保険が出ました

楽天少短では、この春先、今までの「あんしんペット保険」に「eプラン」を追加して、取り扱いを開始しました。

自己負担額を抑えたプランを開発してくれたのをご存じでしょうか?

従来のあんしんペット保険は、ペット手術保険のSプラン、ペット医療保険のMプラン、Lプランがありました

MプランとLプランでは、手術・入院・通院を補償しており、補償割合が70%で、年間の支払限度額が決められ、それが70万円というバーがありました

その代わり支払限度の回数制限はありませんでした。

楽天ペット保険

≪画像元:楽天ペット保険

今回発売されたeプランでは、上記のMプラン、Lプランの補償内容はそのまま据え置き、自己負担額を1回あたり7,000円に抑え、1回の治療にかかる負担額を軽減してくれています。

初回に病院に行った際の「初診料」は意外と高いですし、検査やレントゲンなどいろいろ調べる項目が増える初診が7,000円の負担で済むというのは、本当にありがたいのではないでしょうか。

保険料は、猫が1歳の場合、月々1,230円、犬(小型犬・2歳の場合)で月々1,420円

検査の結果、長い治療が必要なケースでもこの保険があれば、安心ですね。

今までの保険料体系で考えると、Mプランの場合自己負担額が1万4,000円でした。

それが半減し、補償はそのままというのがとてもうれしいです。

人間だけではなく、ペットに対しての健康意識が高まる中、とても心強い保険の改定だと思います。

こちらのeプランは、インターネット限定の申し込みになります

保険料はクレジットカードでも払えますので、手続きもスピーディーであるとともに、クレジットカードのポイントもためられ、お得感が増します。

Mプラン保険料例

猫0歳:月々740円~、犬(小型犬2歳)月々840円~

Lプラン保険料例(自己負担・免責金額なし)

猫1歳:月々1,830円、犬(小型犬3歳)月々2,150円~

Sプランペット(手術保険)

入院保障あり、補償割合80%支払限度額50万円(最大100万円まで)支払限度回数2回まで、自己負担免責金額1万4,000円

猫0歳:月々460円、犬(小型犬・0歳)月々570円~

上記もともとの保険内容を確認し、大切なペットが苦しまないよう、特約対応を考えておくとまさかの時の出費に心が痛まず、心置きなく治療に専念できるのではないでしょうか。(執筆者:鮫島 ひかる)