お得すぎる「キャンペーン」その内容とは?

7月11日からセブンイレブンで、Pay払いで「最大20%戻ってくるキャンペーン」というお得すぎるキャンペーンが始まります

この企画は3社が合同で企画しており、キャンペーンのキャッシュバックを受け取るには3社それぞれ条件があります

セブンイレブン

期間は7月11日(木)午前0時~7月21日(日)午後11時59分まで

内容

「メルペイ」、「Line pay」、「PayPay」のどれかをバーコード決済で支払いをすると、それぞれの支払金額の20%が還元されます。

期間中、各社利用につき1,000円を上限としてキャッシュバックします

※決済サービスごとに1000円なので、3社で計3000円キャッシュバックとなります。

条件

メルペイ

メルペイ

≪画像元:メルペイ

支払金額の20%分をメルペイポイントとして、支払日の翌日に付与されます

バーコード決済の他、iDでの支払いもキャンペーン対象です。

キャンペーンの参加には、本人確認が必要なので注意しましょう。

Line pay

ラインペイ

支払金額のLine payボーナスをコード支払い後に付与されます。

PayPay

PayPay

≪画像元:PayPay

PayPay残高、Yahooマネーでの支払いは支払金額の20%分、Yahoo Japanカードでの支払いは支払金額の19%分のPayPayボーナスを決済日の翌月、20日頃に付与されます。

Yahoo Japan以外のカードはキャンペーン対象外です。

キャンペーンの対象外や還元率に注意しよう

「メルペイ」と「PayPay」は特に注意が必要です。

「メルペイ」に関しては本人確認が必要です。

キャンペーンが来る前に、本人確認を済ませておきましょう。

「PayPay」のキャンペーンについては、特に気を付けましょう。

「PayPay」は引き落とし元で還元率が変化します

さらに、「PayPay」でYahoo Japan以外のカードを普段登録している人は要注意です。

キャンペーン対象外で、キャッシュバッグがもらえません

どの支払い方法がおすすめなのか

キャッシュレス決済

「Line pay」の条件は少なく、最もシンプルです。

「Line pay」はリアルカードが発行できるため、ボーナスで得たポイントもカードが使えるところであれば利用できるという点が、「PayPay」、「メルペイ」より優れています。

「メルペイ」については、メルペイ対応店舗、電子マネーiDの使えるところであれば利用ができます。

しかし、リアルカードが発行できる「Line pay」ほどの利便性はありません

「PayPay」はYahooもしくはSoftbankユーザーであればその恩恵を簡単に受けられるのですが、それ以外のユーザーの場合、お得に使うには少し手順を踏まなければいけません。

「PayPay」は、PayPay残高にチャージして支払う方法、Yahooマネーにチャージして支払う方法、クレジットカードで支払う方法の3つがあります

このPayPay残高から支払うには銀行口座を登録する必要があるのですが、使えない主要な銀行が意外と多いのが難点です。

楽天銀行も例外でなく、使えません。

楽天ユーザーがPayPayをお得に使うには、楽天銀行口座をヤフーマネーに登録しチャージします

PayPayでヤフーマネーを支払いに充てるという形で解決できるのですが、手順がいくつかあり面倒です。

手間をしてお得をとるか、ラクをとるかは自らと相談して決めましょう。

キャッシュバックには条件があるのでしっかりと確認しましょう

7月11日からセブンイレブンで行われる予定の、Pay払いで「最大20%戻ってくるキャンペーン」についてまとめました。

どのPay払いも最大還元率は支配額の20%で、上限が1,000円ですがキャッシュバックには条件があるのでしっかりと確認しましょう

最も条件がシンプルなのは、現時点では「Line pay」です。

リアルカードを発行すれば、カード対応の店舗でも支払いができ、「メルペイ」、「PayPay」より利便性は上になります

2019年8月にはキャンペーン第2弾を開催する予定らしいので、これからも目が離せません。

これを機会にPay払いを始めて、お得に買い物をしましょう。(執筆者:蔵島 紅)