【ファミペイ】「ファミマTカード」はリボ払い専用カード 入会前に「クレジット機能の確認」を忘れずに。

ファミマTカードはお持ちですか。

ファミマTカードは、ファミリーマートで使えてTポイントが溜まるポイントカードになっていて、TSUTAYAカードがついていたり、ファミマ以外の飲食店の利用でTポイントがたまったりするカードです。

今回は、多くの人が持っているファミマTカードの、あまり知られていないクレジットカード機能についてお知らせしたと思います。

ファミマTカード

≪画像元:ファミマTカード

ファミマTカード(クレジットカード)はリボ払い専用です

ファミマTカード(クレジットカード)はリボ払い専用です

ファミリーマートで、支払いを行う時に聞かれる

「ポイントカードはお持ちですか?」

と聞かれる事があると思います。

ないと答えると

「お作りしましょうか?」

の誘導という流れは鉄板です。

その際におすすめされるファミマTカードのクレジット機能は、

初期設定で、登録開始1ヶ月間のみ手数料無料の「リボ払い」しか選べない、「リボ払い専用クレジットカード」

になっています。

自分のファミマTカードも確認してみてください。

ファミマTカードのキャッシングについて

≪画像元:ポケットカード株式

知らずに申し込みをしてしまう方がいますので、注意しましょう。

参考:ファミマTカードを一括払いで利用したのに、リボ払いで請求がきました。どうしてですか?

自由返済型リボ払い

ファミマTカード

≪画像元:ファミマTカード

リボ払いは、利息付きのキャッシュカードなので、考えて利用しなければ損をしてしまうので、ご注意ください。

参考:ファミマTカード お支払方法・手数料

ファミペイの還元率の高さに注意

ファミマTカードから、移行していくであろう新決済サービス「ファミペイ」が7月1日リリースされ、ファミマTカードを使う回数が減っていく事が予想されています。

そんな、ファミペイを利用するには、ファミペイのアプリに現金かクレジットでチャージをする必要があります。

現在(7/1~7/30まで)ファミペイが行なっているキャンペーンですが、チャージ金額に応じて、ポイント還元を行うというものがあります。

今回のキャンペーン詳細は、ファミマTカード(リボ払い付きクレジットカード)でチャージする事で、最大15%還元が付与されるという条件なので、これを機会に入会をされる方もいらっしゃると思います。

しかし、15%還元を受ける事ができたとしても、毎月の支払い手数料を考慮するとお得と言えません。

現状、多くのユーザーは、

ファミポート払いor口座全額払いの現金チャージで10%還元を受けた方がお得

です。

【登録後に「リボ払い」を解除する3ステップ】

今回の記事を見て、ファミマTカード(クレジットカード)に入会していた事に気がついたみなさんに朗報です!

初期設定必須の「リボ払い」は、登録後に解除できる抜け道がありました。

1. ファミマTカード(リボ払いクレジットカード)入会

ファミマTカード(クレジットカード)登録後の初期設定は、最初の1か月は手数料無料ではあるものの、翌月から手数料がかかる「リボ払い」になっています。

2. 「口座引き落としコース」を登録

まずは支払い設定を「口座引き落としコース」にします。

この時点では、まだ「リボ払い」のままですが、ファミマTカード会員サイト、または、電話(ファミマTカードサービスデスク)で「口座引き落としコース」から「ずっと全額支払いコース」に設定する事が可能です。

ファミマTカード会員サイト
https://wis.pocketcard.co.jp/ft/do/pc/top
ファミマTカードサービスデスク
0120-230-553
0570-064-230(携帯電話専用)
受付時間 9:00~21:00 年中無休

3. 「ずっと全額支払い」に設定

この設定になった時点で、「リボ払い」は解除になっています。

まとめ

ファミマTカードのクレジット機能を申し込む際には、初期設定が「リボ払い専用」だということをきちんと認識することを忘れずに。

自分にとってお得な条件を見つけて、「損せず」にお得を勝ち取りましょう。(執筆者:久貝 将太)

この記事を書いた人

久貝 将太 久貝 将太»筆者の記事一覧 (8)

1993年生まれ。ID決済や、コード支払い、キャッシュレス、金融の分野に特化した記事を書いています。LINEポイントを1ヶ月でP18,000(18,000円相当)稼ぐ事に成功し、「ポイントって稼げるんだ!」と実感。ここ半年のコンビニ支払いは、貯めたポイントで決済しています。ポイントを稼ぐノウハウやお得情報は常にアップデートしております!!
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう