【7/21まで】「リンガーハット・LINE Pay」コラボクーポンなら367円のチャーハンが67円で食べられる!

キャッシュレスアプリのクーポンは活用されていらっしゃいますか?

様々なクーポンがありますが、今話題のキャッシュレスアプリ「LINE Pay」限定で驚きのキャンペーンクーポンが多々登場しています。

キャッシュレスアプリのクーポンはよくある「1品50円引き」といったクーポンとは異なり、最終支払い額、決済時の金額に対する割引となります。

利用に際しての条件が少なく、利用方法によっては割引率が非常に高くなるのが特徴です。

今回は、長崎ちゃんぽんでおなじみのリンガーハットとLINE Payのコラボによる超お得な「300円割引クーポン」をご紹介します。

リンガーハットとラインペイがコラボ

≪画像元:リンガーハット

食事代「1円」なんていうことも! 驚異の「300円割引クーポン」

7月12日から21日まで、リンガーハットでの食事代301円以上の会計が300円引きになる驚きのクーポンです。

「支払い可能額との差」が「1円」しかありません。

メニュー・組み合わせ次第ではありますが、極端な例で言えば301円に近い食事の場合はほぼタダ同然で食べられてしまうわけです。

筆者が実際に利用してみましたので、クーポンの取得方法と使い方をご紹介します。

やってみよう クーポン取得と支払いの方法

1. LINE アプリを起動し、クーポンを取得します。

ラインクーポン取得の画面

2. LINE Pay限定の緑のボタンを押します。

LINE Pay限定の緑のボタンを押す

3. 右側にあるリンガーハットのクーポンを取得します。

 右側にあるリンガーハットのクーポンを取得

4. 選択後、下のボタン「コード支払いで利用」を押します。

コード支払いで利用の画面

5.クーポンのセット完了。支払いを行いましょう。

LINE Pay支払いの画面

6. 支払いが終わると、自動的に300円引きとなり決済が完了します。

LINE Pay支払いの画面

今回は810円の品を購入しましたので、そこから300円引きとなりました。

最終的に510円の支払いとなりましたので、37%引きという非常にオトクな割引クーポンとなりました。

さらにLINE Pay決済の場合はLINEポイントが貯まります

コード支払いで「3.5%~5%ポイント還元」されるマイカラープログラムも併用できますので、今回の場合は25ポイント貯まりました。

決済の詳細情報の画面

よって300円引きによる510円の支払いとは別に、25ポイントも追加でおトクになる計算となりました。

7月12日(金)~7月21日(日)期間限定で利用可能

このLINE Payクーポンのポイントは、冒頭でご説明した通り「301円以上で300円引き」となり支払い可能額との差が1円しかないという点。

例えば「チャーハン240g」の価格は「340円+税」となるため、「367円-300円分のクーポン」=67円となりますね。

この場合で言えば、81.7%引きでチャーハンを食べることができる非常におトクなクーポンとなりました。

支払い時には楽天ポイントの提示もお忘れなく

そしてさらにおトクになる方法がもう1つあります。

リンガーハットでは「楽天ポイント」も貯まります

利用料金100円(税抜)につき1ポイント付与されますので、LINE Pay決済と併用すれば、さらに割引・還元率がUPしますね。

このように「キャッシュレスアプリ」の活用による割引だけでなく「さらにポイントを獲得」する技も併用が可能です。

今回のこのクーポンキャンペーンは7月21日(日)までと期間が短いのですが、普段のお買い物・食事も上手に「クーポン・ポイント」を組み合わせて活用することでよりおトクになりますので、ぜひお試しください。(執筆者:清田 逸人)

この記事を書いた人

清田 逸人 清田 逸人(きよた はやと)»筆者の記事一覧 (16) https://point-mile-ippanjin.com/

アメリカ留学時、ホームステイ先のホストファミリーが「マイルを貯めて格安で旅行に行く」というテクニックがある事を教えてもらったのをきっかけに、国内でポイントやマイルを獲得する術を帰国後実践し今に至る。年間100万ポイント・100万マイルを超える大量獲得術を編み出し、クレジットカード、キャッシュレス、各種ポイントキャンペーンの最大攻略術を実現し公開。規約を読み込み、難しいキャンペーンも丁寧にまとめる事で好評を博す。見落としがちな「落とし穴」に陥らないように注意喚起をしつつ、大量ポイント獲得術を読者の方にわかりやすくお伝えする事を第一に考え、執筆活動中。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう