皆さん、今年の夏はどのようにお過ごしですか?

「海外旅行に行きたかったけど、予算が厳しくて無理…」

そのようなお声もあるかもしれません。

ところが、海外旅行はずいぶんと安くなりました。

LCC(格安航空会社)を使うと、往復1万円台で行ける国もあります。

これは東京ー大阪の新幹線往復より安い料金です。

そして長期の休みが取れない方にも朗報です。

最近は夜中に飛ぶフライトも増え、0泊2日の海外旅行も可能となりました。

今回は激安海外旅行を趣味とする筆者が、弾丸海外旅行をご紹介します。

コスパ最高弾丸海外旅行

1. 弾丸海外旅行とは?

週末利用など、最長でも2泊3日程度のお手軽海外旅行です。

以前からソウルや上海なら十分な日程でしたが、LCCの出現により世界は一変しました。

行ける国がぐっと増え、日程はもっと短く、航空券は国内旅行並みになりました。

LCCのピーチ(peach)は、ソウル・台北への「0泊弾丸スペシャル」というチケットを販売しています。

日帰り往復がなんと1万円以下です。

peach0泊弾丸スペシャル

≪画像元:peach≫

行き先を選べば、国内よりも海外旅行の方が安い時代です。

セールになれば、さらにお安くなります。

セールを見逃さないために、LCC各社のツイッターやメールマガジンに登録しておきましょう。

各社twitterなどをまめにチェックしてみてください。

ピーチ
ジェットスター
タイガーエア

2. どのような行き先があるの?

候補となるのは、次の2点を満たす都市です。

・日本出国便が夜にある
・フライト時間が6時間以内

金曜の夜に出発して、土曜早朝に着き、一泊して日曜帰国、という1泊3日のスケジュールが定番です。

先ほどの条件に

・深夜~早朝着の帰国便がある

が追加されたら、0泊2日が可能です。

やはり疲れるので、慣れないうちは一泊することをおすすめします。

筆者オススメ弾丸旅行先

海外旅行初心者の方にもオススメの旅行先をご紹介します。

(1) 台湾

台湾

なんといっても今一番おすすめなのが台湾です。

空港から台北市内もアクセス良く、おいしい食べ物にあふれています。

並ばなくてもタピオカミルクティーが飲めますよ!

夜遅くまで遊べるので0泊の弾丸にも向いています

(朝ごはんが美味しいので、筆者はぜひ1泊をおすすめします。)

慣れたら新幹線や高雄空港便を利用して、他の都市に行くのも楽しいです。

台湾

≪台北のパワースポット指南宮≫

(2) バンコク

バンコク

羽田から6時間半と少し遠いですが、深夜便があるので、寝ていたら着いてしまいます。

バンコクフライト

週末に飛んで、本物のトムヤムクンを食べに行きませんか?

また、超高級ホテルにお手頃価格で宿泊できるので、あこがれのホテルステイが叶います。

暑い日中は、優雅にプールでのんびり…。

考えるだけでワクワクしますね。

近場の国でリフレッシュ!

予算や時間が限られていても、海外旅行に行ける時代になりました。

Peach は自社の飛行機を「空飛ぶ電車」と呼んでいます。

そのくらい手軽になりました。

「働きながら世界一周」を合言葉に、サラリーマンながら世界中を旅しているリーマントラベラー、東松寛文(とうまつ ひろふみ)さんのような方もいらっしゃいます。

「弾丸無茶ひとり旅」を特技とされている会社員、ひとりっぷさんの本も「こんな日程で旅行ができるの?」と驚きの連続です。

まずは「行けそうだな」と思った、近場の国への旅行を計画してみませんか?

日常から離れて、異なる文化に触れてリフレッシュしましょう。(執筆者:安藤 鞠)