「Vプリカ」は、インターネット専用のプリペイドカードです。

聞いたことはあるけれど、どんなカードなのかよく知らないという人も多いのではないでしょうか。

クレジットカードを使い慣れていると、ちょっと不便にも感じることがあるプリペイドカードですが、この「Vプリカ」はセキュリティにもしっかり配慮されたシステムが整っています。

今回は、ネットでの買い物が多い人にオススメの手軽で安心な「Vプリカ」についてご紹介していきます。

Vプリカってどんなカード?

Vプリカの説明

「Vプリカ」とは、インターネット専用のVisaのプリペイドカードです。

ネット上のVisa加盟店であれば、世界中のどこでもクレジットカードと同じように利用できます。

バーチャルカードであるため、プラスチックカードの発行はありません

日本国内在住の18歳以上の人であれば審査は不要、簡単な登録のみですぐにアカウントが発行されて利用できるようになります。

有効期限は発行から1年後の月末です。

残高のあるVプリカは同時に10枚まで保有可能で、複数のVプリカを合算することで最高10万円の買い物にも利用できます。

Vプリカの購入方法

Vプリカは、店頭やインターネット上で買うことができます。

コンビニで買う

セブンイレブンのマルチコピー機、ファミリーマートのFamiポート、ローソンのLoppiなどのコンビニ端末で購入できます。

券種は2,000円(2,200円)、3,000円(3,200円)、5,000円(5,200円)、7,000円(7,280円)、1万円(1万390円)があります。

※()内は購入金額。
購入後は会員専用ページ(Myページ)でカード情報を発行します。

インターネットで買う

会員専用ページ(Myページ)から申し込みを行い、クレジットカードやコンビニなどで支払います。

券種は500円(700円)、1,000円(1,200円)、2,000円(2,200円)、3,000円(3,200円)、5,000円(5,200円)、1万円(1万200円)、2万円(2万200円)、3万円(3万200円)。

支払い完了後すぐにVプリカが発行されます。

※()内は購入金額です。
ライフカードで購入すると200円OFFになります。

プレゼントとしてもオススメ!Vプリカギフト

Vプリカギフトの説明

Vプリカギフトは、アカウントの開設が不要で、購入後すぐに使えるVisaプリペイドカードです。

券種は3,000円と5,000円の2種類で、コンビニやオンラインショップで買うことができます。

コンビニで購入した場合はVプリカカードの台紙を切り離し、カード裏側のスクラッチを削ります。

ブラウザの場合はカード裏側のQRコードかURLからカード情報確認画面へアクセス、アプリの場合はVプリカアプリを起動し「Vプリカアプリを見る」をタップします。

あとは認証番号とカード番号の下4桁を入力するだけ(アプリの場合はカード裏面の番号をスキャンする)。

ネット上のVisa加盟店でクレジットと同じように使うことができます

プレゼントとしてもオススメのプリペイドカードとなっています。

Vプリカとクレジットカードの違い

クレジットカードには本人確認、銀行口座登録、そして審査も必要になるため、発行までにある程度の時間を要します。

その点、Vプリカにはこうした手続きが一切不要で、すぐに利用できます。

利用可能額はVプリカ残高の範囲内なので、クレジットカードのように使い過ぎる心配がありません

また引き落としのタイミングも後日ではなく商品購入時となっているので、現金と同じ感覚で使えます。

利用明細については会員専用ページ(Myページ)やVプリカアプリで、リアルタイムに確認できるようになっています。

徹底したセキュリティで安心して使える

安心のイメージ

Vプリカは手軽に使いやすいプリペイドカードですが、セキュリティ面にも配慮されたカードであることが特徴です。

カードを使わないときは、セキュリティロックをしておくことで不正な取引を防止。

ロックも解除も会員専用ページ(Myページ)もしくはVプリカアプリで簡単に設定可能です。

また、Vプリカはプリペイドカードで初めてVISA認証サービス(3-Dセキュア)に対応

このサービスを利用した本人認証が必要なサイトでも、会員専用ページ(Myページ)またはVプリカアプリのログインIDとパスワードを入力することでVプリカを使用できます。

さらにVプリカの購入や利用するたびにメールで通知されるため、知らない間にカードを不正利用されるなどの状況もチェックできます。

細かい面にもしっかり配慮され、ユーザーの安心感を第一に考えたカードになっていると言っていいでしょう。

Vプリカを利用するときの注意点

Vプリカは「ネット専用・使い切り」という特性上、次のような支払いには利用できません。

・ Visaオンライン加盟店以外での利用

・ インターネット以外での加盟店での利用

・ キャッシュ(現金)取引

・ 月額、継続契約の利用料金の支払い(公共料金、プロバイダー利用料、保険料、定額サービス、各種月会費など)

・ 後日カードの提示が求められる可能性がある加盟店での利用(航空券、フェリー、コンサート、ホテルの事前予約など)

1度購入したVプリカは返品、払い戻しはできません

またVプリカの未利用期間が3か月を超えた場合、休眠カード維持費として毎月残高から125円が引き落としされます

クレジットカードを使い慣れている人にとっては不便なイメージがあるかも知れませんが、使い過ぎの防止やお金の管理に不安がある人にはオススメです。

使い方を把握して、Vプリカを日々の買い物に活用しましょう

Vプリカは、

・ カード利用が初めての人

・ 使い過ぎが心配な人

など幅広い世代やシーンによっても使い分けができます。

使い方さえ把握できれば、プレゼントとしてはもちろん、用途に合わせて買い物が楽しめるカードです。

何よりもセキュリティ面がしっかりしているので、安心して利用できる点は大きなメリットと言って間違いないでしょう。(執筆者:藤 なつき)