キャッシュレス不正利用対策 まずはスマホを他人が使わないようにする「端末ロック」から。

国を挙げてのキャッシュレス決済推進を背景に、スマホ決済が急速に普及しています。

すでにPayPayなどのスマホ決済を利用している人も多いでしょう。

しかし、利用にあたっては、先日起こったセブンペイの不正利用と同じトラブルに遭うリスクもあります。

そこで、スマホ決済でトラブルに遭わないための対処法や、万が一トラブルに遭ってしまった時すぐに行うべきことを知っておきましょう。

スマホの設定で不正防止に備える

スマホ決済のトラブルを防ぐためには、スマホの設定で不正防止への備えを行うことが大切です。

スマホ端末にロックをかける

スマホ端末にロックをかける

スマホ決済トラブルを防ぐ大前提として、端末にロックをかけます。

パスコードや生体認証などを設定し、本人以外の人が容易にスマホを使えないようにしましょう

それだけでも、不正利用の抑止効果がかなり期待できます。

「スマホを探す」をオンにしておく

万が一の紛失に備え、「スマホを探す」をオンにしておきましょう。

万が一スマホをなくした際に、パソコンから遠隔でスマホ端末の検索やロック、初期化などができます

金融機関と連携せずに使えるスマホ決済を選ぶ

スマホ決済アプリをクレジットカードや銀行口座と連携していた場合、セブンペイ不正利用のような被害が出るおそれがあります。

そのリスクを絶対に防ぎたい場合は、当面クレジットカード会社や銀行などの金融機関と連携せずに使えるスマホ決済を使うのが安全でしょう。

金融機関と連携せずに使える主なスマホ決済

・ LINE Pay… セブン銀行ATMやコンビニのレジ、発券機などで、現金やLINE Payカード(プリペイドカード)によるチャージ可

・ PayPay… セブン銀行ATMで現金チャージ可

・ FamiPay… ファミリーマートのレジで現金チャージ可

これらのスマホ決済を使っていれば、万が一不正利用されてもチャージ分のみの損害で済みます。

スマホ決済以外のキャッシュレス決済を使う

それでも心配な場合は、とりあえずスマホ決済を使わないのも1つの方法です。

スマホ決済のセキュリティがもっと強化されてから始めても遅くはありません。

その場合は、従来通りクレジットカードやデビットカード、プリペイドカードなどを利用することになります。

ただし、ネット通販はオンラインでの取引となるため、不正利用されるリスクは十分あります

その防止策として、カードやパスワードなどは厳密に管理しましょう。

カードやパスワードなどは厳密に管理

スマホ端末を落としてしまったら?

万が一スマホ端末を落としてしまった場合の対処法についても触れておきます。

スマホと金融機関との連携を解除する

スマホ端末を紛失した場合は、すぐにスマホ決済アプリと連携している金融機関(カード会社・銀行等)のホームページにアクセスし、連携を解除しましょう。

すぐに解除できない場合は、遠隔でスマホの初期化を行うことをおすすめします。

遠隔操作によるスマホの初期化は、「スマホを探す」の設定でできます。

不正利用された場合の補償について問い合わせる

クレジットカード会社の多くは、不正利用された場合の補償についての利用規定を定めています。

それについてはカード会社に直接問い合わせ、補償を受けられる場合は手続きを取りましょう。

【dカードの場合】

カードが不正利用されたときの補償

≪画像元:dカード

スマホ決済は不正利用のリスク対策も万全に

スマホ決済はキャッシュバックやポイント還元もあり、素早く支払いができる点で便利な決済方法です。

しかし、オンラインで行うスマホ決済には常に不正利用のリスクがあり、それに備えた対応策が必要です。

ぜひご自分のスマホの設定を確認し、トラブルに遭わないための対策を取りましょう。(執筆者:大岩 楓)

この記事を書いた人

大岩 楓 大岩 楓(おおいわ かえで)»筆者の記事一覧 (125)

元銀行員にしてベテラン主婦のフリーライターです。クレジットカードや節約記事などの執筆のほか、既成記事の校閲も行っています。50代になった現在、最大の関心事はずばり「老後のお金」今後のマネープランについて真剣に考え始めました。そこで自らの勉強も兼ね、銀行員時代に培った金融知識と25年以上の家計管理経験をベースにお金に関するさまざまな事柄について深堀りしていきます。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう