新しいパソコンを買ったあと、もう使わない古いパソコンが手元に残ってしまい

どうやって処分しよう

と悩むこと、あります。

先日、古いノートパソコンを中古として売りに出した筆者がおすすめの買取店と高く売るための方法をお伝えします。

じゃんぱらで古いパソコンが8,000円

筆者の手元にあったパソコンは、5年以上前に購入した古い海外メーカーのWindowsです。

起動に時間がかかるだけでなく、たまに起動しないこともありました

バッテリーの持ちも悪いし動きも遅いという代物でした

人気メーカーのPCではないし、古く、しかも使用感たっぷりだったので「売りたいけれど売れるだろうか」と不安を抱えつつ、買ってくれそうなところをネットで検索しました。

また、PC内に残っている情報もきちんと削除してリユース・リサイクルして欲しかったので、「名前を聞いたことがある大手ショップならきちんと対応してくれそう」と、大手に絞って売り先を探しました

そんな中見つけたのが、じゃんぱらです。

じゃんばら

≪画像元:じゃんぱら

利用したことはないけれど、名前を見かけることが多く、秋葉原の店舗の前を通ったこともあります。

公式サイトの「買取対象」に筆者が売りたいパソコンのメーカー、型番が記載されていたため、思い切って店舗を訪れてみました

持ち込んだのはパソコン本体と電源コンセント、そして付属のWindowsのCDと保証が切れた保証書です。

すぐに査定してくれ、基本価格は1,000円という見積もりが出ました

正直数十円くらいにしかならないと思っていたので「想像より高い」と喜んだところ、

「さらに内部を詳しく調べ、正確な見積もりを出しますので、1時間ほど後でまたご来店いただけますか」

とショップスタッフに言われました。

これで見積もり完了ではなかったのかと驚きつつ、1時間後に再来店したところ、私の古いパソコンにはなんと8,000円の値段がついていました。

内部のパーツにも値段が付き、金額が上乗せされたようで、自分ではもう絶対に使わない古いパソコンが1万円弱になりました

ネットから申し込み、郵送、買取より高かった

以前にも、国産有名メーカーのパソコンを売ったこともあります。

ネットで見かけた名前も聞いたことのないショップに郵送で送り買い取ってもらったのですが、その時についた値段は数百円。

輸送費がかかっているため持ち込みより安くなるのでしょうが、「古い中古パソコンなんてこのくらいの値段にしかならないのだ」と思い込んでいました

持ち込む場所を選べば、数倍どころか桁が違う額で買取してもらえる可能性があったのだと、初めて気づきました。

持ち込む場所を選ぼう

中古パソコンを高く売る方法

見積りの中でショップスタッフが教えてくれたのですが、タッチパッド周りに手垢が付いていると減点になるそう。

新しいパソコンを買ったら、汚さないようにキーボードカバーを付けて使うと良いそうです。

また、パソコンを購入したときの外箱があると、買取金額が10%上乗せされるとのことです。

私はすぐに捨ててしまったのですが、次から箱も取っておこうと思いました。

新しいパソコンを購入したら、いつか手放すことを念頭に置き

・ キーボードカバーを使う
・ 外箱と付属品を全て保管しておく

ことをおすすめします。(執筆者:草間 綾子)